新潟住まいのお金相談室  > 相談事例  > 注文住宅を検討中も資金計画で行き詰ってしまいました。

▼ 注文住宅を検討中も資金計画で行き詰ってしまいました。

新潟市東区30代Mさんのお悩み

近所でたまたま見学会をやっていた会社がそこそこ良く、夫も良いというのでそのまま話を進めていました。

しかしどうもお金のことに詳しい人がいないようで、住宅ローンなどは自分たちでやってくださいという感じでした。

そこで私たちで色々調べたものの住宅ローンのことが良く分からないまま。

結局このまま購入してもいいものなのかもの分からず、計画が止まってしまいました。

相談に来られた経緯

住宅ローンのことをネットで調べていくうちに、新潟住まいのお金相談室さんを知りました。

金利の違いくらいはなんとなく分かったのですが、数年後に金利が変わるローンは何年後にどうなるのかイマイチ分からず、わからないまま大きなお金を借りるのが心配でした。

プロに相談すれば、一旦止まりかけていた計画を動かせるかもしれないという思いで相談に行ってみようと思いました。

相談のポイント

現在、これからの収入と支出を一度分かる範囲で書き出してみて未来の家計をシミュレーションすることで、無理のない借入額を算出できるようになります。

その金額を知ったうえで、ベストな返し方は変動なのか、当初固定なのか、完全固定なのかまで分かるようになればご自身でローンを選べるようになりますし、住宅会社さんからのローンの提案も理解がしやすくなります。

相談結果

結論から言うと、心配しすぎでした。

Mさんが思っていた大体の予算は全く無理がないということをシミュレーションを作って確認することができました。

また実際にローンが終わるであろう年齢も予想がつき、そのイメージに合わせて最も有利な住宅ローンの選択を考えていくことができました。

コメント

心配しすぎることは悪いことどころか、家づくりで成功するための第一歩なのかもしれません。

結果的に、お金の心配が全くなくなった状態で、家づくりの打ち合わせに専念することができ、自分たちのニーズに合った注文住宅が完成しました。

>> 相談事例の一覧に戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。