新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > スターバックス値上げと住宅購入

スターバックス値上げと住宅購入

10月1日からいろいろなものが値上げとなります。

新潟にもお店があるものとなると、スターバックスのラテなどの主力商品が10円程度、餃子の王将もほぼすべてのメニューを5%~10%値上げになるようです。 有名どころでは、日清のカップヌードルも値上げみたいですね。

豚肉や鶏肉、乳製品などの原材料費の高騰と、光熱費の高騰が原因ということでした。 確かに最近スーパーへ行くと、以前より豚肉の切り落としが高いなあといった感じです。 以前は特売の時だと100g98円だったのですが、100円を切るということはほとんどなくなりましたよね。

バターなどでは1人1個までと購入制限を出しているスーパーもありました。

こういった原材料上昇の価格を吸収できずに、10月1日を境に値上げに踏み切るところが多いようです。

 

住宅関係も値上げ傾向。

 

家を建てるための材料費(建材費)は上昇の一途を辿っています。

これによって、住宅価格もジワリジワリと高騰。

同じ大きなの建物を建てるにも、以前よりも価格が上がってしまうなんてなんだか悔しい。

また、家を建てると新しい住宅が火事になった時に保障されるように「火災保険」に加入されるかたがほとんどですが、その火災保険料も値上げが始まりました。

この「火災保険」は今まで最長36年間加入できたのですが、今後からは最長10年までとなるようです。

つまり10年ごとの値上げです。

来年の4月までは36年まで契約できるですので、長期契約ができるいまのうちに住宅関係が間に合う方は契約をしてしまえば、トータルで家計をみたときに支出を大きくカットするなんていうこともできます。

こんな感じで住宅購入に関わるお金も値上げラッシュですが、うまくすれば戻ってくるお金だってあります。

 

忘れたら大損害。

家を建てたら行うべき3つの申請

 

家を建てると戻ってくるお金もあります。

これは消費税がアップして家計の負担増になる分の一部を、国が戻してあげますよーという制度です。

でも、自分で申請しないと戻ってきません。

知らない方もたまにいるようですのでこれはもったいない。

①住まい給付金

年収の目安として510万円以下のかたは、自らが住むために不動産を購入すると10~30万円のキャッシュバックがあります。

②住宅ローン減税

住宅ローンを借りる方は、10年間税金還付があります。

トータルで数百万円にもなるもっとも大きい制度です。

③不動産取得税の還付

土地から購入したかたは、税金がもどってくる制度があります。

 

このようにいろいろと値上げにもなっても、戻ってくるお金も多いです。

もれなくしっかり申告することでそれなりのお金がもらえます!

これ以外にも、住宅ローンの組み方や、生命保険の最適化、諸費用のカット、住宅会社や不動産会社との交渉術などコストカットできる要素はたくさんあります。新潟住まいのお金相談室の「無料メール講座」でもその考え方を書いてあります。

世間はたとえ値上げとなったとしても、家を建ててからもお金がたまる家計をしっかり作っていきましょう!

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。