新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由

2500万円の貯蓄があっても老後破綻する理由

こんな事例は初めてでした。

 

新潟住まいのお金相談室が行っている

”マイホーム予算診断サービス”。

 

これからの人生の収入と支出を予測して

未来の家計を予測を行っています。

 

現時点で分かっている情報を入れてみて将来的に

住宅ローンが支払えなくなるのを防ぐためです。

 

私もこれまでにいろいろな方の家計を

見させて頂いているのですが今回は意外な結果に。

 

お聞きした貯蓄が多かったので、全く問題ないだろう。

初回面談でいろいろと情報をお聞き取りしているときは、

このように思っていました。

 

しかしシミュレーションを作成してみると意外な結果に。

 

この先30年間の家計は黒字で推移するのですが、

なんと31年後からの家計が赤字になってしまっていたのです。

 

65歳以降にローンが残るときは要注意

 

これはつまりどういうことかと言うと定年退職後の

住宅ローンを支払っていけないという現実です。

 

「怖い」

 

私はこの結果を見て、まっ先にこう思いました。

 

なぜなら、この先30年間はまったく問題ないから

気づいた時には、、、、、という具合だからです。

 

教育費の支出にも耐え、定年まで一定の財産もある。

それがしかし、60歳を越えた時点から貯蓄がみるみる減っていき、

ついには70歳くらいから赤字になってしまいます。

 

シミュレーション上の赤字ということは”破綻”を意味します。

老後に過度な節約生活が待っているなんて最悪です。

しかも、収入を増やす手だてがあまり残されていないため

身動きが取れなくなります。

 

じわじわその手が迫ってくる。

 

だから「怖い」と思いました。

 

こんなの絶対、嫌!

あなたもそうですよね。

 

注意!住宅ローンを組む前に現金を動かしてはいけない。

 

どうしてこうなってしまうの?

それはいくつか問題点がありました。

 

ひとつめです。

 

貯蓄が多かったので、その精神的な余裕からか

ここ最近支出が多くなっていました。

収入や貯蓄が多くなってくると使いたくなる。

もっともよくあるパターンですね。

 

どんなに収入が多くても貯金が多くない人がたくさんいるように

基本的に入っているお金が多ければ出て行くお金を多い

家計がほとんどです。

 

使いたくなりますもんね。

 

ふたつめ。

 

貯蓄が多い方は土地を現金で購入するケースがほとんど。

 

これは当たり前ですよね。

無理してローンを組む必要なんてありません。

 

ただ、ここでちょっと注意!

 

住宅ローンでは土地の分がないので、

ローンが安く感じてしまいます。

 

そのため土地+建物で3500万円を超えるような

計画だとしても土地が1000万円の場合これを現金で出すと、

住宅ローンは2500万円になります。

 

「住宅ローン返済額も今の家賃と一緒くらいだから

土地代がローンにない分、建物はちょっと贅沢しようか。」

 

だってそうですよね?

家賃と一緒ならやっていけるに決まっている。

こう思われるのも頷けます。

 

もちろん、家計に問題がなければその考えは全く問題ありません。

しかし、家計に問題がある場合は危険極まりません。

 

みっつめ。

 

今の家計に余裕があるので、資産運用に多くのお金を回す。

資産運用とは、大きく増えるかもしれないし、

大きく減るかもしれないお金です。

 

このようなところにお金を入れることは、

もちろん悪いことではありません。

 

本当に余裕があるのではあれば積極的に行くべきです。

しかしシミュレーション上で破綻する可能性があるときには

どうでしょうか?

 

もし運用がうまくいけば一発逆転!家計は余裕!!

もしダメだったら家計は”破綻”。。。

その確率は1/2?

 

もちろん決めるのはあなたですが、

このような時は運用することは適していないと考えるのが

一般的ではないでしょうか。

 

 

住宅ローン借入額に無理がある。

 

 

今回のケースは一言で言うと、借りすぎです。

とても分かりやすい。

 

したがって、住宅取得計画を間違えなければ大丈夫です。

さらに支出についても見直せる余地がたくさんありました。

 

具体的にいうと、生命保険、資産運用です。

リスクを取れない家庭でリスクの高い組み合わせは危険です。

まずは解約して自分たちにあったものを選択することから

始めます。

 

この他にも、家を建てる時に余計な諸費用をカットしたり

利用できる補助金なども狙っていけばどんどん削減できます。

 

適切な住宅ローン借り入れ金額に変更して、

その他にもいろいろ対策を練っていくと

”家を建ててからもお金が貯まる家計”は

完成可能となります。

 

もう少し早く出会っていれば…

 

生命保険を解約したり、運用商品を解約したときの

損は確実に解消することができたでしょう。

 

しかし、このタイミングでも出会えたことによって

もっとも重要である”破綻”は防ぐことができました。

 

”家を建ててからもお金が貯まる家計”になるかどうかは、

住宅購入前にどういう選択をしたかで左右されるということが

改めて確認できて事例でした。

 

将来の家計が黒字になるか、赤字になるか。

本当にこれって紙一重なんです。

 

あなたがもし相談しようかどうかを迷っていたら

土地も建物も何にも決まっていない段階で

相談に来ていただいた方が削減効果は高まります。

 

何も決まってなくても気にせずにお越しください。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。