新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 月3,000円節約の衝撃

月3,000円節約の衝撃

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

ドラッグストアでおむつが特売で、

1袋1,000円!

 

なんかすごくトクした気がする。

 

紙おむつが1袋1,000円だと、

かなり安い方に入るんです。

 

我が家は新聞を取ってないので、

チラシは入らないため、

 

店頭に行っての出たとこ勝負ですが、

おむつに限らずいつも定期的に

 

買っている商品が割引になって

いるとなんか嬉しくなりますよね。

 

主な購入ショップは、

私はクスリのアオキか、

 

事務所の目の前のウエルシア

なのですが、

 

アオキは水・日曜日に購入すると

ポイントが一気に貯まりますし、

ウェルシアはTポイントが貯まります。

 

最近はガソリンを給油すると、

Tポイントが貯まる場所も増え、

 

私のメインスタンドは水曜日・

木曜日にTポイントが5倍に

なります。

 

それためTSUTAYAでCDを

借りるときに現金を出すことは、

ほとんどなくなりました。

 

こんなチマチマしたことと・・・

と思うか、

 

日常的な買い物を通勤ルートに

あるところで効率的にポイントを

貯めるか・・・

 

あなたはどちらの性格ですか?

 

 

塵も積もれば山となるお金

 

 

先ほどのようなポイント作戦は、

正直家計にたいしたインパクトを

与えません。

 

人によってはただ面倒なだけでしょう。

 

おすすめできるお得技かどうかも

微妙です。

 

本当にこういったものは、

塵に積もれば計なので、

 

やるならやる。

やらないなら、一切やらない。

 

くらいのメリハリがあったほうが

良さそうです。

 

私は職業病で、家計の定期コストを

よりお得にするための研究は

もはや趣味の域なので、

話のネタとしていろいろ

しています。

 

ドラッグストア→ポイント

ガソリン→Tポイント、クレカポイント

電気代→auウォレット

 

そんなに多く使っているわけでも

ないのですが、

 

年間数万ポイントくらいは

貯まります。

 

月1の外食費用や、

年1の温泉旅行くらいは、

割と簡単に捻出できます。

 

更に私はJR&“じゃらん”を、

よく使うので

 

JR&リクルートカードの

組み合わせだと、

 

ポイントがこれまた数万ポイント

貯まります。

 

もし事業をされている方であれば、

税金もクレジットカード経由で

払えるのでおすすめです。

 

 

 

住宅購入の時の細かい目

 

 

ポイントの話をすると

止まらなくなるのでやめます。

 

じゃあ、細かいポイントの

話をしたかというと、

 

住宅購入の見積もりが出た後は、

細かい作業の連続だからです。

 

不思議なことにほぼ100%、

当初設定していた予算より、

オーバーしてしまいます。

 

予算は2,000万円の場合、

最初の見積もりが1,900万円でした

というケースは見たことなくて、

 

10~20%オーバーになることが

多いような印象を受けます。

 

この時、じゃあその分の予算を

多く出しましょうというのは

少数派であり、

 

金額を下げるために、

見積もり調整する作業に入ります。

 

とはいえ素人が見積もりを見ても

さっぱりわからないので、

 

分かりやすいキッチン・お風呂・

トイレなどの住宅設備のカットを

しようとします。

 

さらに外壁の仕様を落としたり、

ウッドデッキやめたり、

カーポートやめたり

 

とこのように積み重ねて、

金額を落としていくわけです。

 

 

 切り下げはテンションが下がる

 

 

買い物をするときのポイントは、

積み上げていくものなので、

気持ちがいいですが、

(ただし無駄遣いには注意!)

 

家の見積もりは基本的には、

細かい作業の切り下げになります。

 

予算を守るために、

 

ああ、これもダメ。

ああ、あれもダメ。

全部、ダメ。

 

これだったら家いらないんだけど・・・

 

みたいな結果にもよくなりがちです。

 

住宅購入予算が2,000万円だと

何にもできないじゃん!

 

みたいになりハウジングブルーに

なったお客さんを住宅営業時代に

たくさん見てきました。

 

でも、ここで別な角度から

考えると光が見えます。

 

 

月々3,000円の節約が100万に匹敵

 

 

住宅ローンを100万円追加すると、

35年返済の場合月々の返済が

約3,000円増えます。

 

つまり反対から見ると、

月々3,000円節約できれば、

住宅ローンを100万円増やしても

家計的にはトントンなわけです。

 

家計を6,000円月々圧縮できれば、

住宅購入予算を2,200万円にしても

 

その後に家庭内のお金の動きは

全く変わらないのです。

 

家計の6,000円といったら、

塵も積もればレベルでなんとか

なるくらいで、

 

地味なポイント作戦も

有効になってくるのです。

 

ポイントは塵も詰もればの

極端な例えですが、

 

家を建てるときは家計全体を把握して

見ることが大事なんです。

 

更にベストな住宅ローンと、

保険を組むことができれば、

 

ストレスなく住宅購入予算を

500万円ほど上げることは、

簡単にできます。

 

住宅購入予算をそのままにすれば、

 家計にその分のさらなるゆとりだって

生むことができるのです。

 

 

PS

 

冒頭の1,000円のオムツですが、

間違ったメーカーのを買ってきて、

妻に注意されました。

 

安いものを安く買って

満足するのではなく、

自分たちに合うものを、

 

“お得”に買うのが、

住宅購入の成功の秘訣にも

通じるところがあります。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。