新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 老後貧困・老後破産の確率48.2%

老後貧困・老後破産の確率48.2%

以前に“老後破綻”の記事をアップしたところ

大反響がありました。

 

同時期に新聞やNHKで老後破産が

取り上げられたせいか関心が高まったのかも

しれません。

 

多くの方がこのまま老後を迎えると

 

「なんとなくやばいな・・・」

 

こうは自覚しているものの、

ちょっとしたら忘れてしまい・・・

 

たまにテレビのニュースを見ては思い出しても

またすぐに忘れてしまう。

 

こんな方がほとんどだと思います。

 

そこで実際のところどうなの?

 

ということで新潟住まいのお金相談室で

データを取ってみました。

 

今年面談した方のうち、

 

自分たちがなんとなく決めた金額で

住宅を取得し住宅ローンを組み、

 

生活レベルもこのままの状態を維持した時

どうなるのか?

 

 

生涯設計のシミュレーションを作ったところ、

 

なんと

 

48.6%の方がこのままいくと老後貧困を

迎えるという事実がありました。

 

日ごろからなんとなく感じていたのですが、

これは今後深刻な社会問題になりそうな予感です。

 

老後貧困なら節約をしながらなら

何とかやっていけるかもしれません。

 

しかし累積赤字が1,000万円を超えてしまうと

どうでしょうか。

 

これはもう節約とかそういったレベルでは

耐えしのぐことはできません。

 

つまり老後破産を意味します。

 

21.6%がこのままいくと老後破産

 

新潟住まいのお金相談室による調査によると

5人に1人がシミュレーション上は

こういった結末になっています。

 

あくまでもシミュレーション上なので、

実際は50代後半もしくは60代前半を

迎えたときにこのままいくとまずいということに

気付きます。

 

そこで生活の倹約したり、

定年後も働くといった策を講じなんとか

破産を回避する行動をとるはずです。

 

しかし65歳を迎えてもまだ住宅ローンの

借入が1,000万円以上残っていて、

 

体力的にそれほど多くの時間を

働けなくなったらどうでしょうか。

 

お察しの通り、その住宅ローンを

返済することはできません。

 

つまり老後破綻が現実になる。

これが最悪のシナリオです。

 

命運を分ける退職金

 

新潟県で500万円以上の退職金がある会社の割合。

 

これまでに多くの方と面談をしてきた

経験からすると50%くらいの感覚です。

 

言い換えれば半分以上の方が、

ほとんど退職金がないという現状です。

 

会社に退職金がなければどうしたらいいか。

 

答えは簡単です。

自分で退職金代わりとなる老後への

準備をしなければなりません。

 

月々5,000円でも10,000円でも良いので

確実に老後に向けて貯蓄していく

習慣を作ることが大事です。

 

会社に退職金制度がある方は、

会社がそれをしてくれますが、

ない方は自分でしなければ本当に

何もありません。

 

将来的に転職を考えている方は、

“退職金制度”の有無をしっかり調べ、

ない場合は自分で積み立てる覚悟が必要です。

 

同じ年収500万円でも差が開く事例

 

例えば、

1,000万円の退職金がある会社に勤めるAさんと、

全くない会社に勤めるBさん。

 

AさんもBさんも35歳。

子ども2人の4人家族。

 

AさんもBさんも世帯年収500万円。

なんとこれも全く一緒です。

 

なので日々の生活レベルだって全く一緒。

 

同じ分譲地で同じくらいの家を建てました。

 

土地と建物で2,800万円です。

 

月々のローン返済は79,000円。

楽ではありませんが無理でもない

一見適切な返済額です。

 

なので現役時代はどちらも生活レベルは

もちろん一緒。

 

ローンも順調に返していきます。

 

そして迎えた60歳の定年退職。

 

このとき住宅ローンの残りは約902万円となりました。

 

退職金の決定的な差

 

AさんもBさんも残りのローンが902万円。

 

Aさんには退職金が1,000万円あります。

Bさんには退職金がありません。

 

今まで人生を並走してきたAさんとBさん。

 

ここで決定的な差が開きます。

 

Aさんは退職金でローンを一括返済できるのに、

Bさんはまだまだローンが終わりません。

 

Aさんは65歳まで再雇用で働き、

住宅ローンが終わったため

貯蓄が毎年100万円できる一方、

 

Bさんは65歳まで再雇用で働いても

まだ住宅ローンが460万円も

残っています。

 

いままでほとんど一緒であった

AさんとBさんの家計がここで天と地の差となりました。

 

Bさんは65歳を過ぎても働かざるを得ず、

70歳を迎えた時点でようやくローンを完済。

 

でも貯金がありません。

 

破産はしませんが老後は正直苦しくなる。

これを老後貧困といいます。

 

この時70歳まで仕事があればまだ良いですが、

 

職を見つけられなかったり、

病気で働けなくなれば、

 

残念ながら家を売るしかない。

 

しかし、そのときに家の価値は0円。

土地の価値もどうなっているかわかりません。

 

ローンの額よりも高く売れなければ、

いよいよ破産するしかありません。

 

これは特に話を盛ったわけでもなんでもない

ひとつの真実なのです。

 

 

今から対策すれば大丈夫

 

恐れなくても大丈夫です。

いまのあなたができることは、

シミュレーションでも良いので

未来を一度真剣に考えてみること。

 

これだけです。

 

その上で最初の住宅購入の金額さえ

間違えなければあなたの人生が破綻する

可能性を一気に下げることが可能となるのです。

 

間違っても老後への貯蓄が10,000円もできないくらい

ギリギリなローンを組んではいけません。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。