新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅会社倒産のサイン

住宅会社倒産のサイン

OPP_0001rr00

 

J2で頑張るアルビレックス新潟。

 

夕方のニュースでアルビの負けを

知るとなんか残念な気持ちに

なる生粋の新潟人である私。

 

なかなか思う通りにはいきませんね。

 

私はプレステでウイイレを

していた程度なので

サッカーはよく分かりませんが、

 

アルビのフォーメーションは、

『4-4-2』か『3-4-2-1』

みたいですね。

 

『3―3―4』

『3―4―3』

 

とかチームによっていろんな

フォーメーションがあるのですが

 

このような数字の羅列は、

家づくりにも似たような

ルールがあります。

 

今日はこのことを書きます。

これはとっても大事なことなので

ぜひ覚えてください。

 

 

家のお金ってどう支払うの?

 

 

なぜフォーメーションの話を

したかというと、

 

家づくりのお金の払い方と

数字が一緒だと思ったからです。

 

あなたは家を建てる時、

建築会社にどのようにお金を

支払うか知っていますか?

 

お願いしたときに全部?

家が建ってから全部でしょうか?

 

いいえ、それは違います。

 

一般的には、

 

着工時30%

中間時30%~40%

完成時30%~40%

 

と分割払いをしていくことが

一般的なのです。

 

いわゆる、

 

3-3-4か

3-4-3が

 

普通であるとまずは覚えておいて

損はありません。

 

 

なぜ住宅会社へ分割払いするのか?

 

 

家づくりは長い時間をかけて

工事をしていきます。

 

なので地盤改良工事が終わったら

基礎工事が終わったら・・・

 

というように建築会社の下請けに

入っている各業者の人たちは、

 

当然家が完成するまで待つのではなく

工事が終わったらどんどん会社へ

請求書を出していきます。

 

こういった代金を支払うためには

お客さんからの支払いが必要なので

 

出来高に応じて私たちは、

建築会社へお金を支払っていきます。

 

現金があれば現金で支払いますが、

大抵はそこまでの自己資金は

 

ないのでローンを使ってその都度

手続きをして支払いをします。

 

基本的には出来高払いなので、

このようになるのですが、

 

これは建物を作っている途中に

会社が倒産したときにも、

 

出来たところまでしか作って

いないのなら最悪のときも、

ダメージは最小限に済むという

わけです。

 

(かなり痛いのは変わりませんが)

 

 

”この要求”をされたら要注意

 

 

着工時30%、中間時30~40%。

 

これが業界の基本ルールです。

 

ということはつまり、

これとは違う要求をされたときは、

あなたは身構えた方が良いです。

 

具体的にいうと、

 

着工時に60%以上お金が

欲しいと要求されるケースです。

 

まだ何も行っていないのに、

半分以上のお金を入れるのは

 

通常の支払いサイクルでは、

おかしなことです。

 

この手のケースでは、

 

会社の資金繰りが悪く

すぐにお金が入らないと

 

会社が危機的状況になるとも

考えられます。

 

通常ではない要求なので、

これは明らかに黄色信号だと

捉えるべきでしょう。

 

事実、過去に倒産した会社では

多くのケースで後にこのような

 

支払いをお客さんに要求されて

いたことが発覚しています。

 

 

ありえない値引きにもご用心

 

 

これも実例ですが、

 

同じプランのまま

3,000万円が2,400万円に

なっている見積もりを見て、

 

「!!!!?」

 

って私は驚きを隠せませんでした。

 

業界経験者なら、

それは絶対に無理だと分かるし、

 

「そもそも最初の値段は何!?」

 

って話にもなりますよね。

 

何としても受注が欲しいのは

明白であり、

 

その裏を勘ぐってしまいます。

 

正常ではない値引き提示なので、

お金が入らないと困るのか、

 

利益なしでも欲しい工事なのか

それは分かりません。

 

業界の本質として利益なしの

工事はあり得ず、

 

契約後に原価を削るなどして

巻き返しを図ると思われ、

 

そうなると家自体がいいものに

なるかは正直疑問です。

 

物には限度があります。

 

少しでも普通ではないと思った時は

白紙に戻す勇気を持ちましょう。

 

===================

 

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法

http://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

http://niigata-money.com/mail

 

===================

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。