新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンのバーゲンセール

住宅ローンのバーゲンセール

日曜日に妻と万代のビルボードプレイスに行ってきました。

この冬のアウター狙いで、ここ最近いろいろなお店を見て回っています。

「これはいい!」と思うコートがたくさんあるのですが、

値札を見るとそれなりのお値段でなかなか購入を決断できません。

 

これから一気に寒くなる時期で、コートが売れやすい時期なので

お店もほとんど値引きをしません。

どのお店も2つ買ったら10%引きくらいで、勢いで購入を

決断するほどの価格ではありませんでした。

 

これからボーナス商戦を迎え、いよいよ本格的に寒くなりだした

年末年始はきっとあのコート半額になるんだろうなという

お店との見えない駆け引き(笑)

 

こんな感じで相変わらず週末の万代は混んでいましたが、

どこのお店もレジには人はあまりいませんでした。

 

さてそんな中、バーゲンセールを開始した商品があります。

 

それはなにかというと、、、住宅ローンです。

 

長期固定金利、また過去最低更新

 

35年固定金利(フラット35)が、

1.56%(21年~35年返済)

1.29%(20年以下返済)

とまたまた過去最低を更新しました。

 

何年も金利をウオッチして見ていると、

これって本当に衝撃的なのです。

 

実際、3~4年前の半分くらいまで下がっているからです。

 

本当にこれからい家を建てる人がうらやましい。

 

地方銀行競争もさらに過熱

 

長い間金利を据え置いていた北越銀行がいよいよ金利を下げます。

三大疾病+すべての病気、けが保証付ローンも

12月より金利が0.1%引き下げとなり、

まさに住宅ローンが「ボーナス商戦状態」となりました。

 

病気保険付きローンは40歳以上だとメリットがでることも。

 

ガン保障とか、三大疾病保障とかついてるローンってどうなの?

よく聞かれますが、年齢によってメリットがでるどうかが変わります。

 

40歳以上だと民間の生命保険料が高いので、ローンで付けてしまった

ほうが割安になるかもしれないという考え方があるからです。

 

住宅ローンに付いてくる保険料は年齢に関わらず一緒。

 

ポイントはここです。

一般的な生命保険ですと、年齢がアップするにつれて保険料がアップします。

 

しかし、住宅ローンにセットされる保険は、年齢に関わらず

実質一律の保険料で加入することができます。

 

このメリットを活用して、ベストポイントを探っていくわけです。

金利をアップしてまで保障を厚くしたほうがいいのか、

民間の一般的な生命保険でカバーしたほうがいいのか、

このあたりを検討していきます。

 

病気保障付のローンは地方銀行3行ともに実質横並びとなり、

お客さんにとっては贅沢な選択ができるようになりました。

 

2~3年前に借り換えた人でもメリットがでることも。

 

私はセミナーで住宅ローン選びに失敗して1年目で借り換えました。

このお話をよくするのですが、さらに今借り換えるとメリットがでる

計算がたちました。

 

この3年で2回借り換えてもメリットがでる。

そんなくらい今は最低水準に到達しています。

 

しかし、残念ながら私はサラリーマンの身ではなく

自営業の身になってしまったので今度はローンが通りません。

住宅ローンは、ざっくりいうと安定した収入をどれだけ銀行さんに

アピールできるかで審査に通るかどうかが決まります。

 

なので私は黙ってみているしかないのですが、これから家を建てる人には

お得なローンをどんどんお伝えていきます!

 

とはいってもローンを選ぶ前も、まずはじめにやるべきことは

「無理のない住宅ローン借入金額を把握すること」です。

 

合言葉のように何度も言います。

 

家づくりを考え始めたら、

「無理のない住宅ローン借入金額を把握すること」

まずはこれからはじめてください。

 

「マイホーム予算診断サービス」を利用すれば、

その金額を知ることができます。

 

 

http://niigata-money.com/myhome

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。