新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 便利でラク!それだとお金は貯まらない

便利でラク!それだとお金は貯まらない

ネットでポチっと

 

欲しいものがあったら何でもインターネットで調べる時代。

 

どんなに些細なものでもネットで口コミや価格を調べるのは当たり前になりました。

 

私が次に狙っているのは掃除機。

 

春くらいには買おうと思っていますが、いまからその行動パターンが予測できます。

 

それは、ネットで調べまくる → 価格.comでポチっ。

 

以前だったらビックカメラに行って店員さんに価格交渉していたのですが、

最近なんだかそういうのが面倒になってしまいもっぱらネットになってしまいました。

 

しかも全力で値切ってもネットの方が安いとなれば自然とそうなっちゃいますよね。

 

土地の値引き交渉はやりがいがあって今でもお客さんのためにやっていますが、

家電の交渉はネットでポチで最安なんでモチベーションも上がりません。

 

ネットで良いもの悪いもの

 

家電のようにメーカーの保障がしっかりついているものなら、ネットで正直私はいいと思います。

 

一時期流行って、最近はちょっと下火になってきたネットで入れる生命保険はどうでしょうか。

 

ネット系が出てきた当初は安い保険料ということで個人的に注文していましが、

現在は大型ショッピングセンターなどに入っている保険ショップが身近な存在となり

安いだけで内容が分かりにくいネット系は下火になってきた印象をうけます。

 

正直、ネット系の商品もとても良いわけでもありません。

 

生命保険はオーダーメイドで組むものなので、知識のある人が自分に必要なものだけピックアップして加入する分には悪くないのかもしれません。

 

しかし、保険の知識がない人がネット系で入っても本当にニーズが満たされなったり、そもそも安くなかったりもします。

 

こういう場合は、ネットで特に軍配が上がりません。

 

ネットでも対面でもほとんど価格が一緒なら当然対面が良いですよね。

(ただし信用できる売り手に出会えるかが大前提ですが)

 

 

自動引き落としの危険性

 

これも最近子どもが産まれて思ったことなのですが、便利だからネット系のスーパーに申し込みました。

 

注文書しておけば自宅まで宅配してくれる優れもの。

 

本当に便利だと思うのですが、申し込み時に引き落とし口座の情報を書いている自分にハッとしました。

 

 

「あ、これ支出の垂れ流しになるかも。というか、なる。絶対。」

 

 

我が家は、食費の財布は別にして月の上限を決めてやりくりしてきました。

結婚してからずっとこうで、安定して貯蓄もできたし月末は財布が寂しい思いをしてきました。

 

これにより給料日に財布が回復する喜びを実感することもできました。

 

昔、父が給料日のときに魚屋さんから“さしみ”をとっていて、週末に“とんかつ政ちゃん”に連れていってくれたことを思い出します。

 

話がそれました。

 

今まで我が家の家計は定額制でうまくいってきました。

食費もおこづかいもずっと定額制です。

 

 

でも、ネットスーパーで引き落としにすると・・・

 

「いくら使ったかわからなくなるじゃん!!!」

 

これは一大事でした。

 

「いや、そこもきっちり計算して管理すればいいでしょ」という話なので、

しばらくはそれでやっていきたいと思いますが、

 

最終的に面倒になった場合に、なあなあになってしまうとズルズルと支出過多になってしまいそうな予感がします。。

 

面倒なことは大抵続けられないものですからね。

 

 

コントロール不可な家計

 

収入が多くおこづかいも普通なのに、なぜかお金が貯まらない家計。

 

これ理由なんだと思います?

 

答えは、クレジットカードの使いすぎです。

 

つまり実際のところのおこづかいは定額+不確定のクレカ使用額。

 

ほとんどの方は自分のクレカ使用歴なんて真面目にさかのぼらないと思いますが、月によっては10万円以上になっていることもあり、自分の想像以上の浪費にびっくりします。

 

夫や妻がカードで、おこづかいの範囲外でカードで何にいくら使ってるか分からないなんてときは、家計にお金が貯まるはずがありません。

 

子どもや将来のためにお金を貯めたいのであれば残念ながらこんな行動はNGです。

 

我が家は、家計の通帳から引き落としになるクレジットカードは光熱費以外使っていません。

 

それぞれが自分のカードでいくら使おうが関係なし。家計はノーダメージです(笑)

 

こういうふうに家計を管理しておくと、それぞれの好きなものは個人の自由に買えるし、家計にお金を少しづつ増やしていくことができます。

 

ストレスが貯まりすぎないように、おこづかいをちょっとだけ多めにしておくのもポイントです。

 

強者は、光熱費と生命保険の引き落としをすべて高還元率のクレカに集中させてる人もいます。

 

これだけで年間10,000円くらいに特になりますのでバカにできません。

 

 

なんだかちょっと息の詰まる話になってきたのでこの辺でやめましょう。

ここまで徹底する必要なんて全くないですから(笑)

 

PS

 

我が家の家計管理法に興味がある方は、相談に来られた時に詳しくお話するので聞いてくださいね^^

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。