新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 借金慣れに要注意!

借金慣れに要注意!

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

ちょうどいい車がほしい。

 

最近TVCMで頻繁に流れる

”フリード“がまさに今の私の

ドストライク。

 

友人に中古車屋さんがいるので、

いよいよ相談に行ってくるのですが、

 

今回のコンセプトをすごく迷っています。

 

それは今乗っている車を売った価格

プラスアルファで、

 

予算内に収まる中古車を買うのか。

 

それとも、欲しい車をまたローンを

組んで買うのかということです。

 

ディーラーに査定してもらうと、

今私が載っている車は、

がんばっても70万円。

 

ここに20-30万プラスして、

無借金100万円の予算に納めるか、

 

家族で乗れる大きめな車を

乗りだし300万円位出して

買うかです。

 

その場合は当然頭金が100万円で

残りがローンになります。

 

公式のディーラーにいけば、

認定中古車とかではなく、

 

当たり前ですが新車を

猛プッシュされます。

 

そこでの王道のトークは、

5年のってもまだ価値は

100万円位残ってますから、

 

そのときに持ち出しなしで、

また乗り換えができますよ。

 

ということ。

 

うん、確かにそれも魅力的だねと

なりますが、

 

結局のところ借金の繰り返し。

ちょっと考えてしまいます。

 

躊躇なく出せる車に現金が

ないのなら本来は買っては

いけないのでは?

 

と思ってきました。

 

 

借入の積み重ね

 

これ以外にもあります。

 

日本向けの仕様に変更された

iphone7を買うか迷っています。

 

今使っているiphone5に

別に不具合があるわけではないので

 

ただの贅沢な消費になります。

 

価格を見ると70,000円くらい。

 

これを分割で購入する形になり、

通信キャリアが値引きを入れて

くるので実質負担はそれほど

ではありません。

 

しかし冷静に考えると、

これもれっきとした借金です。

 

70,000円の現金を出してでも

買いたいか?を考えると

 

そこまでの気持ちにはならず、

だとすると買わなくてもいいや

という答えになりました。

 

このように現金で買えるのに、

あえてローンで買う場合や、

 

現金が足りないのに無理して

ローンで買う場合を積み重ねて

いくとあっという間に多重ローンです。

 

 

借金延滞は夢を遠ざける

 

 

このように自動車ローンや、

携帯の分割払い、クレジットカードの

分割払い・リボ払いなど

 

額が少額であれ、高額であれ、

あなたが借金をすると、

 

その情報は“個人信用情報機関”

というところに登録されます。

 

ここに返済情報が事細かに記録され、

あなたの毎月の返済状況や

 

遅延や延滞をした情報も

完璧に記録されます。

 

うっかりミス程度のものであれば、

今では大目に見てくれるところが

増えましたが、

 

常習的に遅延・延滞を繰り返すと

しっかりとその情報が記録されます。

 

もしあなたが誰かにお金を貸す時に、

遅延・延滞癖がある人と事前に

 

分かればぜったいにお金を

貸したくないですよね?

 

これと同じように金融機関も、

そういった人にはお断りします。

 

収入がしっかりあるのに、

住宅ローンの事前審査に落ちた

というのは大抵がこのケースです。

 

 

夫婦の場合は両方

 

 

例えば、夫婦で住宅ローンを組んだとします。

 

奥さんは過去に一度も延滞などが

なかったとしても、

 

夫に遅延・延滞があれば、

ローンは通りません。

 

その逆もしかりです。

 

昔それぞれに秘密のローンがあって、

そのときに延滞をしていた

なんて場合は、

 

住宅ローン審査のタイミングで

ばれる場合がありますので、

 

こういうお話は事前にしっかり

夫婦間で行っておくことが大事です。

 

事前に分かればどちらか一方で

ローンを申し込めば審査に

通ることがあるからです。

 

 

ローンを改めて考える

 

 

借入でなければ手に入れられない

または現金一括なら別に欲しくない

と思う買い物は基本的には避けるべきです。

 

しかし、住宅購入の場合は、

一般的には借入が前提となります。

 

なので一つ間違えると、

簡単に借入過多になりがちです。

 

だって自分の適切な借入金額なんて

せいぜい家賃目安に程度しか

考えられません。

 

私もこの仕事をする前に、

家を買った時は完全にこの考え方でした。

 

生活費・教育費・老後費用などを

総合的に考えていくと本来は

2,500万円の借入が適正なのに、

 

今現在全然大丈夫だからと、

3,500万円の借入をした場合は、

 

車に例えると、

600万円クラスの高級外車を

買ったのと同じような状況です。

 

車が好きな方なら別ですが、

普通の一般家計だったら

こんなことはしませんよね。

 

しかし家に置き換えると、

希望を妥協できなかったりして、

 

家計に見合わない高級外車を

買ったのと同じような

ことになってしまうことがあります。

 

一度遅延・延滞などを起こすと

住宅ローンの借入のハードルが

上がってしまったり、

 

借りられたとしても金利が高いものを

選択しなければならないことが

あります。

 

これは人生における大きな損失です。

 

********************

☆家計の健康診断!

 無理のない住宅ローン借入金額をズバッと判定します!

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】

詳しくは

  http://niigata-money.com/myhome

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人はこちらから登録できます!

http://niigata-money.com/mail

********************

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。