新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > デザインと性能の資金配分

デザインと性能の資金配分

OPP_0001rr00

 

デザイン★☆☆☆☆

    性能  ★☆☆☆☆

 

家族4人が普通に暮らせる

延べ床面積30坪程度の家の場合、

 

極限のローコストでいくと、

コミコミで1,200万円位から

家づくりを実現することができます。

 

そこにこだわりの★を追加していくと

 

例えば、

 

デザインはある程度捨てて、

性能は極限まで高めたい場合、

 

デザイン★☆☆☆☆

    性能  ★★★★★

 

なんて場合は、

 

★ひとつにつき250万円くらいの

イメージでいくと、

 

★が4つ追加されたから、

2,200万円ですることができる。

 

見た目にこだわらなくてもよければ

後の光熱費・維持費等も考えると、

最もコスパの良いモデル。

 

 

デザインも性能もバランスよく

となると

 

デザイン★★★☆☆

    性能  ★★★☆☆

 

なんて場合は、

 

同じく★4つ追加されたから

2,200万円くらいで可能。

 

デザインも性能も・・・

 

なんていくと、

 

デザイン★★★★★

    性能  ★★★★★

 

★が8つ追加されたから、

1,200万円×250万円×★8

3,200万円也。

 

暑苦しくて眠れない夜に、

分かりやすいイメージが

 

ないかと考えていたら、

こんなことを思い付きました。

 

なかなか的を得ているように

思います(笑)

 

 

デザインって何?

 

 

デザインとひとくくりで行っても、

イマイチ思いつきませんよね?

 

デザインとは、。

内装インテリアと外観のことです。

 

ここにお金をかければかけるほど、

素敵な家になり、

皆に自慢できるようになる。

 

我が家の美しいデザインを

堪能できるようになる。

 

といったところです。

 

外観の形状、外壁材、

造作家具、仕上げ材、

キッチンなどの設備グレード・・・

 

などなどこのあたりが

金額を左右する要素になり。

 

こだわればこだわるほど、

値段は上がっていきます。

 

いいものを見るとキリがなくなるので、

みなさん苦労するところです。

 

 

性能って何?

 

 

性能は主に住宅の断熱性、気密性、

暖房換気計画、耐震性などが入ります。

 

目に見えるものではなく、

いわば住宅のスペック部分です。

 

こちらのほうも当然、

こだわればキリがなくなり、

価格もどんどん上がっていくわけです。

 

高気密・高断熱住宅は、

Q値、C値、UA値など、

 

1棟1棟細かな数値を出力

することができます。

 

基本的には使ったお金に比例して、

光熱費が下がり快適性が上がります。

 

こういわれると

やはりお金をかけたいところです。

 

一方でこういった数値の出せない、

根拠のない自称高性能住宅には

注意が必要ということでもあります。

 

 

2,000万円以下で両立は難しい

 

 

というわけでハッキリいうと、

2,000万円以下(家だけで)の

予算ではデザインと性能の両立は

難しいというのが現実です。

 

お金が潤沢にあるのなら別ですが、

限られた予算の中で何を重視にするか、

優先順位がとっても大事です。

 

私が今もう一度家を建てるとなると、

 

デザイン★★★☆☆

    性能  ★★★★☆

 

を目指すような感じがします。

 

デザインはシンプルな材料で、

飽きが来ない感じに仕上げ、

 

性能は極限まではいいので、

その1歩手前くらいでしっかり

お金をかけたいですね。

 

★1つずつから、

5つ追加したのでこうなると、

 

1,200万円+(250万×★5)

2,450万円ですね。

 

うん、確かにいい線です。

 

結局そこそこのいいお値段に、

なっちゃいました(笑)

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。