新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 新潟市特有の地震リスク

新潟市特有の地震リスク

From:昆 知宏@新潟住まいのお金相談室

timthumb_reverse

 

地震に強い家を作りたいのは、

誰もが思うこと。

 

近年ではある程度の地震では

倒壊しない建物を建てることが

 

そもそも法律で義務付けられて

います。

 

しかし、

 

地震による倒壊は考えられないと

されていた建物の一部が、

熊本地震により倒壊しました。

 

最新の耐震基準であっても、

熊本地震には対応できなかった

という衝撃な事実です。

 

これはどういうことかと

調べていきますと、

 

一度目の震度7の地震は

耐えることができたのですが

 

2回目の本震には耐えることが

できなかった。

 

これが今回のポイントです。

 

現行の耐震基準では、

 

あくまで強い揺れに“1回”

見舞われた際に、

 

建物が倒壊しないことが基準となっています。

 

そのため、“2回”も強い揺れに

見舞われた際に、

 

最初の揺れで生じた部分的な損傷に

よって起こる倒壊までを防ぐことは

 

求めていない。

 

こういうことだそうです。

 

「え?そうだったの?」

 

正直これは私、初めて知りました。

 

きっと業界でも初めて知った人が

多いのでは?と思います。

 

だってみなさん新耐震基準を

満たせば地震による倒壊は

ありえないって口を揃えて言っていました。

 

ひとつの常識が崩壊した瞬間です。

 

 

これからどうすればいいのか?

 

 

地震による倒壊のリスクを限りなく

“ゼロ”に近づけたいのあれば、

 

耐震性能を徹底的に突き詰める。

 

これもひとつの方法です。

 

家の耐震性能は、

耐震等級1~3という数値によって

グレード化されています。

 

耐震等級1以上が現状の法律で

決められている範囲なのですが、

 

これを3という最高レベルまで

スペックアップすることが

 

倒壊の可能性を少しでも

低くする方法と言えます。

 

しかし、犠牲もあります。

 

耐震等級を最大の3にまで上げた場合、

 

大きい窓を取れなかったり、

非整形の家を作れなかったりと

いろいろの制限を受けます。

 

真四角でできるだけ窓が少ない

住宅の方が強度が強いからです。

 

耐震等級を突き詰めるがあまり、

デザインや快適性を犠牲にする。

 

こういうジレンマが発生します。

 

新潟市の場合はどうなのか?

 

今回の熊本地震は断層の直下型と

言われるもので、

 

震源地近くの住宅は最もダメージを

受けやすい条件が重なりました。

 

しかもそれが2連続という想定外です。

 

これと同じようなことが新潟市で

起こるかというと可能性そのものは

限りなく低いです。

 

これはなぜかというと、

新潟市の大部分には断層が

ありません。

 

つまり大きな地震があったとしても

熊本ほどのエネルギーになることは

考えづらく

 

耐震基準を満たした建物が

倒壊するリスクは少ないということを

意味します。

 

考えられる被害は?

 

新潟市の場合は一方で、

“液状化現象”のリスクが高まります。

 

液状化現象とはその名の通り、

地盤がぐにゃぐにゃになって

建物が傾くという現象です。

 

そのため建物そのものは

ノーダメージでも

 

地盤そのものがぐにゃぐにゃに

なってしまって傾いてしまうということです。

 

これは東日本大震災の時に、

千葉県の浦安市で多く見られた現象です。

 

そもそも1964年新潟地震の時に

この現象が発生したことから

社会に多く知れ渡るようになったのです。

 

 

どういう選択がいいのか?

 

 

これらを総合的に考えて

新潟市で家づくりをする場合は、

 

耐震等級は2以上がベストですが、

プランを重視する場合は1でも

ダメというわけではありません。

 

何が何でも最高等級の“3”に

こだわりすぎなくても良さそうです。

 

地震による倒壊の可能性は

低い一方新潟市では、

液状化現象のリスクが高まります。

 

これを回避するためには、

 

液状化現象を出来るだけ回避する

地盤改良の方法を取るか、

 

建物の傾きによって建物自体が

壊れていなくても全壊認定される

 

地震保険に加入するなどの方法が

あります。

 

新潟市で大地震が起こる確率は、

極めて低いとは言われていますが、

 

今回の熊本のように実際に事が

起こってからでは手遅れです。

 

家の性能や保険にどれだけの

お金をかけられるかを含めて

 

後悔のない選択をしてきましょう。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。