新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 投資が怖いなら変動ローンはやめよう

投資が怖いなら変動ローンはやめよう

顔写真 

 

蔦屋でベストセラーになっている、

「3,000円投資生活」という本。

 

こういう本が何でベストセラーに

なるのかを考えてみるときっと、

 

銀行に預けても増えない時代ですから

多くの人が少しでもお金を増やしたい

という思考があるのが見えます。

 

投資というとどうしてもダークな

イメージがあり、

 

悪い人に引っかかると確かに、

大損になってしまうのも事実です。

 

しかしこの本で言う投資とは、

FXや仮想通貨とか不動産とかへ

お金を入れるのではなく、

 

株などの基本的なものに、

分散しながら積立投資を

しましょうというものです。

 

株と言ってもその種類は、

いくつもあるわけですが、

 

例えば、

 

ニンテンドースイッチで話題の

 

“任天堂”は、

 

現在人気のある株ですが、

 

あなたのお金を任天堂に全部

入れてしまった場合、

 

任天堂の業績が良ければ、

スピーディーにお金が増えますが、

悪くなれば一気にお金が減ってします。

 

これではハラハラドキドキで

ギャンブルに近い感じになってしまいます。

 

これが多くの人が思っている、

運用とか投資のイメージですね。

 

そうではなくて、

 

任天堂のような会社を

何百、何千もをセットにした、

 

株式セットの組み合わせを、

 

“毎月3,000円ずつ”

 

積み立てていくこともできます。

 

ひとつの会社にお金を

全部入れるわけでないから、

大きくは減ったり増えたりする度合いも

いくらか軽減されますし、

大企業は成長したいと思って活動

しているのだから、

 

長い目で見れば少しずつ上がっていく

というのが積立長期投資の発想です。

 

たくさんの会社の業績の平均も取れるし、

 

毎月積み立てていけば株が高い時も

低い時も等しく毎月一定額購入することで

株価の平均も取れて、

 

リスクがかなり少なくなるという

考え方です。

 

余裕資金があればこういったものに

お金を入れるのがお勧めですよ

というのがこの本の主旨でしょう。

 

 

投資もローンのリスクは同じ

 

 

投資や運用に興味がないのであれば

もちろんリスクを冒してまで

手を出す必要は一切ないでしょう。

 

しかし、あなたがこの類のリスクを

毛嫌いしているのに、

 

住宅ローンを組む時には、

何の抵抗もないと思っていたら、

ちょっと注意が必要です。

 

なぜなら、

 

こういった株などの積立投資よりも

住宅ローンの方が何倍も、

 

あなたにとってリスクがあるからです。

 

投資や運用が嫌と言う人は、

当然ですが自分のお金が減るのが

絶対に嫌と言う方です。

 

増える可能性があっても、

減る可能性があるならいいや。

 

と、こういう感じです。

 

たぶんこのように思う人の方が

圧倒的に多いのが現実です。

 

しかし・・・

 

 

住宅ローンを変動で組む人がほとんど

 

 

こういったリスクに敏感な人が、

住宅ローンを変動で組むのには

全く抵抗がない場合があります。

 

これは良く考えてみると、

不思議な話です。

 

なぜなら住宅ローンを変動金利で組んだ場合、

 

“支払う利息の総額がいくらになるのか?”

 

ローン契約をした時点では、

まったく検討もつかないからです。

 

最終的にお金をいくら払うのは、

 

“分からない=不確定”

 

こういうことです。

 

それでも全然OKですよ、

という契約書に判を押すのですから、

 

考えようによっては、

運が悪いと大損する株の投資と

同じような損失の可能性があるわけです。

 

つまり家計の収支をきちんと

把握していない状態で、

 

変動金利の住宅ローンを組むことは

人生最大のギャンブルに他なりません。

 

 

 

変動=悪ではない

 

 

ここで勘違いしてほしくないのが、

変動=ダメではありません。

 

投資=ダメ

というわけではないように、

 

自分がお金を借りたり預けたり

するさきについては、

 

そこに生じている

損失の可能性を理解する必要が

あるということです。

 

結論を言うと、

 

・無理のない住宅ローン金額を

正しく把握

 

・変動か固定かどちらが自分に

向いているかを判断

 

・生活資金に余裕を残し、

少額でも積立投資をしていくことがベスト

 

こういうことです。

 

欲しい物件ありきで借入金額を決めて、

全額変動金利で借りる行為は、

 

あみだくじで投資する会社を決めて、

貯金のほとんどを使いその株を買う行為と

 

損失の可能性で言えば

似たような性質があるのです。

 

あなたならそんなことは、

絶対にしませんよね。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。