新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > ガソリン価格と住宅ローン金利

ガソリン価格と住宅ローン金利

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

timthumb

 

仕事中、

東区河渡のあたりを走っていると、

 

「99円」

 

という表示が目に入った。

 

ガソリンスタンドのレギュラー価格だ。

 

東区河渡界隈はガソリン価格激戦化。

 

一本道を外れると107円になるので、

確かに激戦だ。

 

そして最安店でついに、

ガソリンが100円を切った。

 

最近ガソリンを入れると、

3,000円くらいで満タンになる。

 

ちょっと前までは5,000円くらいかかって

いたので夢のような話だ。

 

私が大学生だった10数年前も

たしか今くらいのガソリン価格だった。

 

当時私は大学のある秋田と実家のある新潟を

バイクで移動していた。

 

その時、リッター40km走るバイクで

交通費700円で帰れた記憶がある。

 

灯油も18L:1,000円でおつりが来ていた。

 

一方で5年くらい前、

会社の営業車を乗り回して、

 

新潟県内をルートセールスしていたときは、

確かレギュラーが170円なんて時もあった。

 

同僚と「牛乳と変わらないじゃん」と言ったのを

覚えている。

 

実際過去5年間のガソリン価格は、

ぐるんぐるん動いている。

 

スクリーンショット (718)

 

※引用元:http://e-nenpi.com/gs/price_graph/6/1/0/

 

私が大学生のとき、

ガソリン価格が170円もいくなんて

これっぽっちも思ってなかった。

 

同時にガソリン価格が170円になったとき、

100円を切る時代など二度とこないだろうと思っていた。

 

 

常識は一瞬にして崩壊する

 

この10数年の間に、

ガソリン価格の常識は2度崩壊した。

 

現在の状況を予想した人は、

スーパー少数派であろう。

 

でも現実は多くの人が、

予想していない方に動いた。

 

私はガソリン代で約1万円使ってきた。

 

これからは月7,000‐8,000円になるかもしれない。

 

月々にして2,000円、年間24,000円。

 

確かに嬉しいが家計的に、

それほどインパクトのあることではない。

 

なので正直、ガソリン価格がどうなると

本質的なところをいうと家計には深刻な

事態となるまではいかない。

 

しかし・・・

 

もし住宅ローンの金利が上がったら?

 

現在多くの人が、

金利は上がらないだろうと踏んでいる。

 

銀行員などのプロに聞いても、

みんな同じような見解だ。

 

私自身も正直金利が上がるような材料は、

あまりないと思っている。

 

しかしこれをガソリン価格に置き換えると

どうだろうか。

 

ガソリン価格170円をつけていたときは、

誰もが99円になることは予想していなかった。

(プロでも)

 

バブル時代に住宅ローン金利が7%だったころ、

誰もがいまの0%台の金利を予想していなかった。

(プロでも)

 

そして今、

住宅ローン金利が再び大きく上昇することなど、

ほとんど人が思っていない。

(プロでも)

 

でも・・・

こういうふうに、

一瞬して現実が崩壊していくのを

まじまじと見ると、

 

金利が上がった時の対応を考えておいて

損はないと思うようになります。

 

理由や根拠も何にもないのですが、、

 

来る時が来ればいままでの常識なんて、

あっという間に崩壊するということを

なんとなく感じるからです。

 

多くの人が反対な行動を取る

 

住宅ローンの基本で言うと、

 

収入があまり多くなく貯金ができない家計は、

金利が上がると困るので固定金利がベストです。

 

でも、固定金利にすると毎月の返済額が高くなるので

毎月の返済額を少しでも抑えようと変動金利を選択。

 

単刀直入にいうと、金利が上がらないことに

人生を賭けたわけです。

 

金利が上がったら破産はしないにしても、

かなり節約生活を強いられることが予想されます。

 

こういう可能性が一応ある。

こういうことです。

 

本当にそれでいいの?

と思うくらい多くの方がこのような選択肢を取ります。

 

一方で、

 

収入も多く、貯蓄もたくさんある家計は、

金利が上がっても平気だし、

いざとなれば繰り上げ返済もできる。

 

つまり金利上昇しても対応策がたくさんあるので、

変動金利がお得になる可能性が高いです。

 

でも、変動金利で金利が上がったら嫌なので、

毎月の返済額が多少高くても固定金利を選択。

 

余裕がある人ほど、カタい選択をする。

 

こんな感じです。

 

本来は、

それぞれが反対の金利を選んだ方が

いいはずなのになぜか起こる逆転現象。

 

住宅ローンなんて本来は、

ただのローンのひとつであるはずなのに

 

それが原因で人生を苦しめられることなんて

嫌じゃないですか?

 

私ならローンで悩むなんてバカらしいので

その可能性を消してから家を建てます。

 

「ああ、返済どうしよう・・・」

 

ではなく、

 

「どうやって早くローンを“やつけてやろうか”!」

 

と、ストーリーを組み立てます。

 

あなたはどう考えますか?

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。