新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > さよなら、セーブオン。

さよなら、セーブオン。

OPP_0001rr00 

 

新潟から姿を消したコンビニ、セーブオン。

 

大手コンビニローソンとの

事実上の吸収合併で、

 

街のいたるところでローソンへの

改修工事が行われています。

 

採算の悪かった店舗は、

そのまま閉店となるみたいですね。

 

実は私、新卒で就活していた時に、

セーブオンに内定を頂いたと

いう過去があります。

 

データ分析をして商品の売上を

増やす仕事に興味があったのです。

 

コンビニ業界8位か9位の下の方ですが、

組織がコンパクトの方がいろいろ

 

できて楽しそうというのが

志望動機だったように思います。

 

セーブオンには結局行きませんでしたが、

 

もし行っていたら100%今の仕事は

していなかっただろうから、

人生って不思議なものですよね。

 

 

 

規模がないと戦えない時代

 

 

 

どうしてセーブオンはなくなるのか?

 

簡単な話、大手には勝てないからですよね。

 

最近どこもかしこも、

駐車場が巨大なセブンばかりで、

 

セーブオンは立地面でも

苦しくなっていました。

 

規模が多ければ物流でも、

人材の面でも企画の面でも

有利に戦えますが、

 

規模が小さければ大手と

まともに戦えば疲弊してしまいます。

 

39円アイス等、

独自の方針で頑張っていましたが、

思うようにいかなかったようですね。

 

大手は大手らしく、

大手メーカーとタイアップし、

 

とんでもない速さで企画展開

していきますから、

 

そういった意味でも、

苦しかったのかもしれません。

 

 

 

住宅業界も超二極化していく

 

 

住宅業界も似たようなところがあります。

 

特に新潟県では規模の大きい

地場のローコストメーカーが

圧倒的なシェアを築いている中、

 

最近は外様のローコストメーカーも

一気に攻勢をかけてきています。

 

このようなローコストメーカーは、

土地をセットで押さえてしまうのと、

土地と建物セットでも価格が安いため、

 

中小規模の注文住宅は

かなりの苦戦を強いられています。

 

中小規模の発想力や企画力こそ

業界のクリエイティブを促進すると

私は考えているのですが、

 

現在圧倒的にローコストメーカーに

新潟は支配されています。

 

もちろん

 

『売れる=ニーズがある』

 

ということがあるからですが、

私は家づくりと建築が好きな種類の

ほうの人間なので、

 

あまり偏ったことにはなってほしく

ないというのが本音です。

 

大手ばかりだとつまらなく

ありませんか?

 

 

安いには必ず理由がある

 

 

商品が安いことには必ず理由が存在します。

 

家の場合は特にそうで、

 

安くするためには、

 

・安価の材料を使う

・安価な人材を使う

 

これが大原則となります。

 

つまり、

 

・本当にいい地場の材料

・腕のいい大工さん職人さん

・素晴らしいプランを描く設計者

 

ローコストメーカーばかりになったら

これらみんななくなってしまいます。

 

長い目で見れば、

 

後の維持コストをしっかり見たり、

家を建てる時に家計を

しっかり見直しておけば、

 

家の値段は最初500万円違っても実際は

30年後には全然取り返せるのとなります。

 

正しく理解すれば私だったら

最初にある程度お金をかけるという

選択を間違いなくとります。

 

しかし多くの人が、

最初のコストを重視するように

なったらコンビニも、

 

セブン、ローソン、ファミマ

だけになると言われているように

選択肢がなくなってしまうのです。

 

商品を仕入れて売るコンビニと違い

家はじっくり考えて丁寧に作る

というものであってほしいため、

 

そうなることは大きな社会的損失

かと私は思っています。

 

目の前の価格だけで評価せずに、

様々な視点で家づくりに

目を向けてみてください。

 

家計を見直せば方法は

いくらでもあるのです。

 

===================

 

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法

http://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

http://niigata-money.com/mail

 

===================

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。