新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > いま話題の”健康住宅”って?

いま話題の”健康住宅”って?

チラシなどで最近見かける

“健康住宅”というキーワード。

 

“医師のお墨付き”等も書いてあったりして

「本当に?」と謎が深まります。

 

新潟住まいのお金相談室に相談に来られる方も

この“健康住宅”というキーワードを

出す方が増えてきました。

 

実際この健康住宅ってどういうものなのか?

 

調べてみました。

 

すると健康住宅に住むから健康になるというより、

不健康にならないための住宅という

解釈のほうがしっくりきます。

 

そして健康住宅を作るには、

2つのことが大切だということが分かりました。

 

しっかりとした温熱環境

 

そもそも咳が出たり、アトピーに悩まされたりといった

原因はなんでしょうか?

 

それは空気が汚いということが大きいですよね。

 

その空気が汚くなる原因ってなんでしょうか?

 

健康を害す原因で大きいのは、

どうやら“カビ”のようです。

 

そのためには、

結露しにくい室内を作ることが

大事になります。

 

結露しにくい家とは断熱環境が優れている家。

 

しっかりとして断熱計画と換気計画が

実施され、結露しにくい窓にする。

 

グレード的には当然性能の高い窓になりますが、

快適性には変えられないでしょう。

 

まずカビにくい家に住むということだけで

ぜんそくや頭痛などが改善されるという

データがあるようです。

 

確かにこれは納得できますよね。

 

そのためこういった症状に過敏な方は、

断熱計画がしっかりされていない家に

住んでしまうとどんでもないことになります。

 

カビだらけの家。

怖いですね。

 

 

VOC(発揮性接着化合物)は体に悪い?

 

接着剤や建築材料などの化学物質による

室内空気汚染。

 

シックハウス症候群というやつですね。

 

化学材料に敏感な人は、わずかな放散量でも

目のかゆみやくしゃみなどのアレルギーが

出る場合があります。

 

私が以前勤めていた会社では自然素材を

多用することが多かったのですが、

 

「おたくの会社はシックハウス症状が出ない」

 

と言われることがたまにありました。

 

その方は、

「俗にいうローコストメーカーだと、

シックハウス症状が出て私は住めない。

見学会に行くと家に入っただけで分かる。

あなたの会社の家は大丈夫そうだ。」

 

と言っていました。

 

アレルギー症状が過敏な方は、

いろんな家の見学会に行ってみると

体感で分かるケースもあるようです。

 

しかし、完全に家づくりから化学材料を

排除することは難しい。

 

化学材料が多用されている安価な材料に

過剰にアレルギー反応をされるということも

事実なようなので、

 

こういったことが気になる人は、

コストと相談しながら建材一つ一つを

選択できる会社で家を作ることも有効です。

 

結局は温熱環境と換気計画

 

どんなに無害な材料で家を作ったとしても

その空間がカビやすかったり、

汚い空気が循環していては意味がありません。

 

なので喘息、アレルギー、シックハウス

などが気になる場合は、

 

温熱環境にこだわることが最も

優先されることと考えられます。

 

そのため、自然素材や無添加素材を

使っているだけではなく、

 

「健康住宅」が健康住宅である理由を、

納得がいくまで調べたり

直接聞いてみることが大切です。

 

こういうふうに考えると、一生住む家のために

断熱材やサッシ(窓)にはお金をかける価値が

あると思いますが、あなたはどう思いますか?

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。