新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 知らなくて大損するところでした。

知らなくて大損するところでした。

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

50万円

70万円

80万円

81万円

 

これ何の金額でしょう。

 

一番安いものと高いものとでは

31万円の開きがあります。

 

31万円といったら、

 

1か月分の額面給与?

1ボーナス分の手取り?

1か月1万円貯金したら2年半分?

 

そこそこ大きな金額です。

 

海外旅行だって行けちゃうくらい

ですからね。

 

これ、何かというと

私の乗っている車の査定金額。

 

初めの金額があまりにも低くて

ショックで色々査定してもらったら、

こんなにも金額の開きがありました!

 

50万円と査定した人は、

 

「距離も結構いってるし、

こんなもんですよー」

 

みたいな感じ。

 

81万円と査定した人は、

 

「本当は67万円なんですが、

今日決断してくれれば81万円です!」

 

みたいな感じでした。

 

う~ん。

 

結局即決では決められず、

 

はじめに80万円で査定してくれた

ところで車を売ることにしました。

 

こんなように大きな物を売ったり、

買ったりするときは金額の大小が

大きく付きます。

 

 

もちろん住宅購入も

 

 

車を売るとき、買うときも

そうですが、

 

もちろん家を買うとき、

売るときもそうです。

 

この記事を読んでくれている方は、

主に“買うとき”の方が大事だと

思いますので、その話をします。

 

例えば、

住宅の広さは全く同じで

住宅の性能も全く同じ家が

あったとします。

 

A社は30坪で2,500万円(税込)

B社は30坪で2,450万円(税込)

C社は30坪で2,200万円(税込)

 

さて、あなたはどれを買いますか?

 

答えは簡単ですよね。

 

100%C社です。

 

実際にあった話で、

A社の見積もりを持って来られて

 

もうそこに決めようかなーという

感じだったYさんと言う方が

いるのですが、

 

細かく要望や好みを聞いていくと、

C社の方が良さそうでした。

 

同然、同じ大きさ同じ性能。

 

結果C社と打ち合わせを経て、

そのまま決定になりました。

 

当たり前ですよね。

 

300万円も違うのですから。

 

しかしなぜYさんは始めから

C社にしなかったのか?

 

答えは単純明快。

 

・・・知らなかったからです。

 

私の車の最低の話で言うと、

50万円のところにしか話を

聞かなかった場合のケースに似ています。

 

車なら30万円の損失。

家なら300万円の損失。

 

金額1桁変わる住宅購入は

威力も大きいですね。

 

 

ブラックボックスな住宅価格

 

 

先ほどの例でいくと、

大きさ30坪で性能が同じ、

なのに価格が300万円違う。

 

これってどういうこと?

 

答えからいうと、

住宅会社の販売経費の差になります。

 

何社か見積もりを取る人だと、

同じ仕様のキッチンの見積差で

 

その想定利益率を割り出す

強者もいます。

 

(すごいですよね)

 

しかもだいたい合っていて、

徹底的にコスパを求めて家を

建てる方もいます。

 

今の時代はネットである程度、

調べれば何でも分かりますので

別に専門業者でなくとも分かる話です。

 

試しに「住宅 利益率」でググって

みてください。

 

私も車の業界は全くの素人ですが、

それぞれの担当の人にぶっちゃけ

どうなんですか?

 

と質問しまくっていたら、

だいたい利益構造が分かりました。

 

(職業病なんです)

 

車の場合は結構シビアなんだな

とも思いました。

 

 

利益率開示の会社

 

 

こういうふうに住宅価格が、

ブラックボックスになっているので

 

一部の会社では会社の利益率を

開示しているところもあります。

 

「私たちの利益は○○万円ですよ」

 

と始めに言ってしまっているのです。

 

なるほどこれなら消費者としては、

とても判断がしやすいところです。

 

しかしそういった会社で建てても、

総額はあまり変わりません。

 

これも当たり前の話です。

 

利益率が”公開”か”非公開”

だけの違いの話で、

 

両者も利益率が同じなら

勿論金額も変わりません。

 

つまり判断がしやすいだけで、

安いというわけではないからです。

 

家づくりをインターネットで研究した

人がよく辿り着くルートに

 

「利益率開示の会社=良心的=安い」

 

という発想で終わってしまう。

こういうことがよくあります。

 

利益率開示はあくまでも会社の

スタンスであって、

 

いい悪いとは全く関係ないこと。

 

そのあたりも踏まえて、

特定の情報に流されずに、

 

総合的にできるだけ多くの

話を聞いてみてください。

 

知ろうとしないことが、

一番の損失です。

 

********************

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】

詳しくは、

http://niigata-money.com/myhome

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人はこちらから登録できます!

http://niigata-money.com/mail

********************

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。