新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > "ハウジングこまち"の人気コーナー

"ハウジングこまち"の人気コーナー

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

新潟で家を建てようと考える方なら、

一度は手に取ったことがあると

思われる“ハウジングこまち”

という雑誌。

 

先日この“ハウジングこまち”の

人気コーナーである、

 

“家づくりの失敗談”という

コーナーを監修されている先生と

東区プラザでセミナーを行いました!

 

先生は家づくりそのものの

パートを担当し、

 

私は”お金”を担当したのですが、

とっても興味深いことがありました。

 

今日は皆さんにもシェアをしたいと

思います!

 

 

間取り・設計の失敗

 

 

間取りは当たり前ですが、

一度決めたらその変更は

基本的にはできません。

 

なので家づくりの最重要課題と

言えるところになります。

 

ここでの失敗例の多くは、

今みたいに寒くなってくると

実感することが多いようです。

 

例えば、

 

・窓の作りすぎ

 

窓がたくさんあると明るく気持ちがいい!

 

しかし開口部分が多くなることで、

外に影響を受ける部分が大きくなり

夏暑く、冬寒くなる確率が高まります。

 

もちろん窓はあったほうが気持ちが良く、

性能を突き詰めれば窓がほとんど

ないシェルターのような家に

なってしまいます。

 

何事もバランスですね。

必要のない窓を作りすぎないように

するのがベターという感じです。

 

 

・1階LDKが寒い

 

これは吹き抜けやリビング階段を

作るとよく発生する現象です。

 

気を付けたほうがいいことです。

 

熱は基本的には上昇していくので、

LDKにエアコンをつけても、

床部分までに熱が下りてこず

上ばかりが暖かいという現象が

起こります。

 

吹き抜けやリビング階段はとても

素敵なのですが、

 

床暖房や全館暖房などの暖房計画を

しっかり考えていないと、

 

ただ冬寒い空間を作り出す原因にも

なってしまいます。

 

ここは要注意ですね。

 

・電気代4万!

 

家族が多かったり必要以上に

部屋数を多く、広すぎたり作ると、

光熱費がバカになりません。

 

それぞれの部屋をそれぞれの部屋の

エアコンで温める計画の設計ですと、

電気代4万円は普通に起こってしまいます。

 

さすがに4万円にもなると、

住宅ローンの半分か半分以上に

なってしまうケースがあり、

 

家計的にもこれは致命傷に

なることがあるので要注意です。

 

 

設備・内装の失敗

 

 

・広い浴槽

 

これは私も要望をお聞きする中で

たまに聞くことなのですが、

 

お風呂の浴槽を広くしたい!

という場合は大変注意が必要です。

 

というのも、光熱費とかいくらでも

いいというのであれば問題ありませんが

(そんな方、ほとんどいませんが)

 

浴槽が広いと水道・ガス代(または電気)

がとんでもないことになります。

 

実際に過去に浴槽を広くした方が、

光熱費にびっくりして後悔した

というのも聞いています。

 

しかもあとで替えれないので、

光熱費を節約するために広く浅い

水位になってしまいこれでは

体が温まりません。

 

お風呂を広くしたい方は、

浴槽ではなく“洗い場”をお勧めします。

 

いわゆる一戸建ての普通の浴槽でも

十分に広いのです。

 

・シックなインテリアすぎた

 

最近は前ほど人気は下がった感じですが、

私が住宅業界にいたときは

 

ブラックウォルナットという

濃い茶色の床材がとっても人気が

ありました。

 

とても素敵な色合いなのですが、

床も家具も壁紙もシックにと

やりすぎてしまうと、

 

シックというより〝暗い“になって

しまうことがあるようです。

 

この反対で床を大理石調に

オール白×白も明るすぎるトーンに

なってしまうことがあり、

 

いまだけの趣味ではなく

ずっと暮らすことをイメージして

組み立てて行った方が良さそうです。

 

こういった好みのテイストを

実現したいのであれば、

 

寝室や書斎などの限られた空間に

限定したほうが無難ではあります。

 

 

これらを回避するには!?

 

 

この他にも“ハウジングこまち”には

 

もう家を建てた身として、

 

「分かる―。これあるわー」

みたいな事例がたくさん載っていました。

 

これから家を建てようと考えるあなたは

誰かの失敗例を絶対に避けることが

成功に繋がることは間違いありません。

 

ただ、これらの間取り・設備の面で

失敗しないために大事なことは

 

建築会社選びですと先生は言って

ました。

 

私もそれは同感で、

 

いい建築会社・いい担当者と

家を作ればこれらは当然に

回避できることなのです。

 

そのため、間取りや設計に

時間を割くよりはいい建築会社に

 

出会うための情報収集に時間を

割いたほうがいい家を作るためには

重要なことと言えます。

 

PS

 

いい建築会社・担当者に出会うための

方法はこのブログの過去記事にも

ありますのでぜひ読んでみてください。

 

 

********************

家は欲しい!でも…お金が心配なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】

詳しくは、

http://niigata-money.com/myhome

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人はこちらから登録できます!

http://niigata-money.com/mail

********************

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。