新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンという人生最大の借金

住宅ローンという人生最大の借金

突然ですがあなたは「借金」の意味を

考えたことがありますか?

 

「お金を借りる」ということは、

 

これから先の長い間の将来に渡って、

借りたお金を返済していき、

完済までのはずっと利息を支払っていく、

 

”義務“を背負うということです

 

何だか、ずしーんと思いものを感じますね。

 

先週の土曜日お酒を飲みながら

NST夕方の情報番組「スマイルスタジアム」を

見ていたらMCの飛田アナウンサーが

 

「あなたの夢は何ですか?」と聞かれて、

 

「ローンの完済です」と言ってました。

 

それを見て、

 

「うんうん、そうだよね。

早く自由になりたい。。。」

 

なんて思ってしまった自分がいました。

 

夢がない話ですが、ローンから解放された時の

自由を見たくなる気持ち分かります(笑)

 

借金をして物を買うことのデメリット

 

 

借金をして物を買うと、返済という大きな義務を背負います。

 

この義務はまず免れることができないものです。

 

自分に見合わない額を借金してしまったりしても

友人の連帯保証人なんかになったりしても、

 

その義務からは逃げられないのです。

うう、辛い。

 

これはつまり未来の収入を「借金の返済」に

固定されてしまうとことを意味します。

 

自分の欲しいものを買ったのだから当然といえば

当然ですが、その買ったものにさらにずしーんと

おもりのように乗ってくるものがあります。

 

それは「利息の支払い」です。

 

家+900万円のお買い上げ

 

 

3,000万円の家を全額ローン、完全固定金利で

借りたとき35年返済で返したとすると

 

支払く利息は約900万円に達します。

 

つまりあなたが3,000万円の土地建物を

購入したとき、

 

3,000万円のお買い上げではなく、

3,900万円のお買い上げこういうことに

なります。

 

こうやって実際に数字にしてみると、

大きな額でびっくりします。

 

低金利の今でもこれですから、

金利がもし上がっていったら恐ろしいですね。

 

35年間の長い旅路

 

あなたの今現在の家計で毎月10万円を返済

していくのが余裕だったとしても、

 

あなたの家計は将来激変します。

 

収入が一時的に低下したり

子どもが県外の大学を希望したり

親の介護が必要になったり

大きな病気をしてしまったり

 

あげていけば、きりがありませんよね。

 

しかしあなたはどんな状況を迎えても

ローンは着実に返していかなければなりません。

”義務”ですから仕方ない。

 

そのため、あなたの家計にとって

 

『無理がないであろう返済額を把握しておくこと』

『将来の家計予測を立てること』

 

はどう考えてもしておいたほうが

間違いはないでしょう。

 

借金で買ったものは買い替えが難しい

 

特に家の場合は住宅ローンで買った場合、

借金を完済するまではあなたの持ち物ではなく

銀行の物となります。

 

なので勝手に賃貸に出したりすることもできませんし

リフォームするときも銀行の許可がいります。

 

「急に転勤になって家を処分したい」

「子どもが増えて家を住み替えたい」

 

などとなってもほとんどの場合、

残っているローンの額以上で売ることは

難しいのが現実です。

 

そのため家を建てるときは、

お金の計画はもちろんですが、

 

中長期的な目線で自分たちにあった家を作るためにも

 

『どの会社でどういう家を建てるのか』

 

についても時間を惜しまず真剣に考えましょう。

 

最近相談に来られた方が、

 

「家はなんとなく良さそうなので、

他は見ていないんです。

 

たまたま行った住宅屋さんだったのですが

担当者が良くしてくれたからので。」

 

という理由で建築会社と契約しようと

していました。

 

しかし要望を細かく聞いてみると、

 

そのイメージが実現できる可能性が低く、

建築費も割高でいうことがありました。

 

一つしか見ていないと、

 

その建築プランが本当にいいのか?

建築費用は高いのか、安いのか、普通なのか?

 

それを知る術がありません。

 

もしこの方がベストなところで

建てることができれば、

 

自分たちのイメージの建物が出来るのに加え、

建築費も300万円は安くなる。

 

それに伴ってローンの額も減るので

利息も約85万円減る。

 

家づくりはこんな感じで大きなお金が

あっという間に動きます。

 

安易に借金をしてしまわないように、

あなたもご注意を。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。