新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 大吉!2015年の家づくり。

大吉!2015年の家づくり。

あけましておめでとうございます。

新潟住まいのお金相談室の昆です。

 

年末年始は妻の実家に帰省し、たくさんご馳走をいただいちゃいました。

その中にはあの『大間のまぐろ』も!!

おいしいものは食べられて幸せな気分。

今年も良い1年になりそうです。

 

あなたはどんなご馳走をいただきましたか?

 

さてお正月休みはまだ続きますが、

年末年始に家づくりを考えるあなたへの

朗報がどんどん発表されています。

 

特にインパクトの大きくものをご紹介しましょう。

 

それは、、、

 

住宅ローンの金利が下げ止まらない!

 

2015年1月、新年早々に過去最低金利を

またまた更新してしまいました。

 

最初の10年間月々の返済額が固定される"10年固定”ローンの金利は、

ついに1%を割り込んで、0.9%を記録しました。

 

業界の中ではさすがに0%台には乗らないだろうと

見ていたのですが、ついにその禁断の扉を

『三井住友信託銀行』が開きました。

 

業界に与えたインパクトは相当なもので、

今後これに追随して他の銀行はどういう風にして

くるのかが興味深いところです。

 

新潟の地方銀行も下げてくるかが見所です。

その動向をウオッチしていきたいと思います。

 

 

35年固定(フラット35)も過去最低

 

 

月々の返済額が最初から最後まで変わらない住宅ローンの

金利も同じく過去最低を記録しました。

 

2014年12月 1.56%

2015年1月  1.47%(前月比‐0.09%)

 

※フラット35最低金利

 

最近では見られなかった大きな幅で下がりました。

 

更に最初の10年間を0.6%引き下げも

 

間もなく発表になるようですが省エネ住宅の基準を満たすと、

最初の10年間を0.6%引き下げる政策もあります。

 

つまりどういうことかというと、

 

1.47%から0.6%優遇されるので、

最初の10年間が0.87%となります。

 

禁断の扉を開けた先ほどの0.9%よりも、

単純に金利の比較だけでは安くなります。

 

しかも省エネ住宅の基準を満たすことは、

それほどハードルが高いものではありません。

 

もちろん完全固定なので、10年経過後は1.47%で

固定されるという夢のような住宅ローンが

今年存在することになります。

 

ただし、フラット35を利用する場合は

・金利は家ができたときの金利を適用

・万が一のときに住宅ローンが0円になる保険は別負担

という条件がつきます。

 

とはいえ生命保険は民間のものでも代用できますので

極端なデメリットにはなりません。

 

2015年にもっとも検討すべき住宅ローンの候補という

事実は変わらないでしょう。

 

ちなみに新潟住まいのお金相談室でも、

”最低金利のフラット35”が申し込みが可能です。

 

金融機関によって取扱い金利が異なりますが、

もちろんもっとも低い金利でご案内可能です。

 

普通に申し込むだけでなくて賢い返済の方法や、

生命保険にお得にかける方法など、フラット35のメリットを

余すことなく活用できる方法がアドバイスできることだって

できます!

 

家を建てるときにまずすべきこと

 

しかし、何よりも大切なことは、

住宅ローンをどれにするかよりも、

『あなたが無理なく返済できる住宅ローン金額を知ること』

これに尽きます。

 

 

http://niigata-money.com/myhome

 

新潟住まいのお金相談室の

マイホーム予算診断サービスに使用してもらえば

『あなたが無理なく返済できる住宅ローン金額を知ること』

が可能になります。

 

 

http://niigata-money.com/myhome

 

今年も家づくりをきっかけにして、

豊かな人生を送れる家計づくりのお手伝いを

していきたいと思います。

 

お金のことを真剣に考えれば人生は変わります。

びっくりするくらい変わります。

 

2015年の家づくりを”大吉”にしたいあなたへ。

お会いできることを 楽しみにしています^^

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。