新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 新潟の地方銀行過去最高益更新

新潟の地方銀行過去最高益更新

事務所の道路向かいにある、

中華料理屋さんで銀行マンと

ランチしてきました。

 

お互いに接客業?なのに、

昼間から巨大餃子、

題して”バナナ餃子セット”を

仲良くいただいてきました。

10712467_897244850296447_7439739677026267239_o

 

お店のホームページから写真を拝借。

一番右の餃子が3つセットの定食です。

 

普通の餃子を12個くらい食べたような

感じでした。

 

もちろん、接客業がゆえニンニクが

入っていないかはしっかり確認しましたよ!

 

事務所にお越しの際は、

名物バナナ餃子をぜひ食べてみてください(笑)

 

さて、肝心な話題はもちろん住宅ローンのこと。

 

インターネットにも載っていないし、

チラシにも分かりやすく書いてない。

 

そんな情報をしっかりゲットしあなたに

お届けするためのランチです。

 

最新情報をしっかりチェックしつつ、

 

話題の主題は、

 

『住宅ローンを借りなくても家を建てれる人が

あえて住宅ローンを借りたほうがお得になる方法!』

 

金融マンとじっくり考察をしてきました。

 

なかなかこんなケースはお目にかかれませんが、

 

「ローンなんて絶対に絶対に組みたいない!」

 

とアレルギー反応を起こす前に、

 

「知っていると知らないとでは100万円以上

変わってくるお金のこと」

 

という感じで、

 

実は現金でやろうと思っていた人でさえ、

ローンで組んだ方がお得ということが

起こります。

 

 

住宅ローンは本当に奥が深いものですね。

 

 

新潟の住宅ローンは大激戦の大激戦

 

現金で考えている人ですら住宅ローンを

組んだ方がお得というように、

 

こんなにも有利なラインナップが

揃っている新潟の住宅ローン。

 

あまりにも激戦すぎて、

そろそろリタイヤする金融機関が

出るんじゃないかと心配になるくらいです。

 

実際にちょっと前に住宅ローンから

リタイヤした金融機関が新潟県から

出たという話題も聞きました。

 

もう儲からないし、大手にも勝てないし無理です。

辞めますと言ったところですね、

 

先日東京でセミナーを行った時に、

全国のファイナンシャルプランナーのみなさんと

色々と情報交換をしてきました。

 

しかし・・・

 

新潟以上に魅力的な住宅ローンのことを

知っている方はいませんでした。

 

つまり・・・

 

新潟は住宅ローン先進国であり、

全国で勝負しても最上位に来るような

商品で溢れているということでもあります。

 

もしその中から、

 

あなたにベストな固定年数

あなたにベストな返済方法

 

の住宅ローンを選べたとしたら、

 

日本で一番有利というくらいの

住宅ローンが完成してしまう。

 

持ち家志向が強く、地方銀行が3つもある

新潟県ならではの恩恵です。

 

 

最近のトレンドは当初期間後の引き下げ

 

住宅ローンといえば、

 

10年固定ローンという商品が新潟では人気があります。

 

これは最初の10年の返済額は変わらないけど

そのあとは知らないですよーというものです。

 

最初の10年間がとても安いので人気がありますが、

よく考えると結構危険な商品でもあります。

 

だって、35年ローンを組んだ場合

残りの25年は知らないですよーという

感じなのですから。

 

しかし・・・

 

最近はこの25年も、

「割と面倒を見ますよー」タイプの

ローンがトレンドとなってきました。

 

従来の場合は、

 

10年間は金利が1.0%だとしたら、

11年目以降は金利が2.5%くらいになって

いたのですが、

(その仕組みをしらないで申し込んでいる人も

結構多いようですよ)

 

11年目以降も1.7%くらいまで下げますよー

といった具合です。

 

『最初安くて、”あと”高い』

 

こんな感じが10年固定ローンの常識でした。

 

銀行さんは10年我慢して、その後はやっと

利益がもらえるタイムに入っていっていたのです。

 

でも最近は、銀行さんがその利益を

削りに削って・・・

 

『最初安くて、”あと”もそこそこ安い』

 

がトレンドになっています。

 

11年目以降の”あと”でも金利勝負が

熾烈な争いとなっています。

 

本来利益としてお客さんからもらって

いたところもどんどんカットしています。

 

正直もう住宅ローンで銀行さんが

おいしいポイントってほとんどないんですね。

 

そこまでして家を建てるのにお金を

貸してくれる銀行さん。

 

「ありがとう。」

「本当にありがとう。」

 

という気持ちを我々も持たないと

いけませんね。

 

その感謝の気持ちが届けば

もっと安くなるかもしれません(笑)

 

とはいえ、そんな中でも、

 

第四銀行・北越銀行・大光銀行ともに

過去最高益を更新したというニュースが

ありました。

 

なぜそうなったかというと、

銀行が保有している株や債券などの

価格が軒並み上がり利益が出た。

 

こういうことらしいのです。

 

住宅ローンの利息などの利益は大幅に

減ったとも報じられていました。

 

ということは、

 

住宅ローン以外で利益が出ている今は、

住宅ローンで利益を取りに行ってないから

借りる側としては願ってもない機会ですね。

 

アベノミクスとは無縁だった人も、

銀行はアベノミクスで儲かったから

激安のローンが販売できるため

それにあやかれるとい考え方もできます。

 

他で利益が出ていることもあってか、

銀行の住宅ローン競争は大激戦というわけです。

 

 

ところが・・・

 

 熾烈な争いすぎて商品も複雑になり

ローンも意味が分からなくなってきています。

 

ここまでやってくれているのに、

 

やっぱり・・

 

残念ながら・・・

 

「分かりづらい!」

 

というのは変わりません。

 

結局あなたにとってベストなローンは

何なのか?

 

分かりづらいが故に私みたいな仕事も

成り立つわけです。

 

さらに・・・

 

住宅ローンはあなたの現在の収入と支出

あなたが現在加入している生命保険

あなたが希望している住宅

 

 このすべてと綿密に絡み合ってきます。

 

これをすべてを総合判断して、

あなたにあっていそうな住宅ローンを

2,3種類まで絞り、

 

最後はあなたの価値観に合ったものを

選択してもらう。

 

これでベストなローンが完成となります。

 

毎月毎月情報が更新されるので、

なかなかやっかいですが、

 

今後も楽しくランチをして最新情報を

いつでも揃えておきたいと思います^^

 

******************

これから家を購入する方向けに、

無料のメール講座を行っています!

 

 11124151_812345068834180_2018524615_n

 

いつでも解除できますので、

まずはお気軽にご受講ください。

********************

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。