新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンの”ミックス”とは?

住宅ローンの”ミックス”とは?

クリスマスも終わり一気に年の瀬ですね。

 

年末は一つの区切りになるというように、

 

・年末を区切りに不動産購入を決めた方

・年末年始で住宅ローンをじっくり検討される方

 

というお客さんが多数いらっしゃいます。

今年中に決断をした方も、来年早々に決断をする方も

来年は新生活が待っています。

 

楽しみな1年になりますね。

 

さて、このようにいざ不動産購入が現実的になると、

いよいよ住宅ローンを

『どの銀行でどの金利で申し込むか』

を決定しなければなりません。

 

今まではぼんやりと考えていましたが、

いざ現実的になると数千万円のローンを借りることに

急に不安になるという方が多いです。

 

そして住宅ローンを選択するときに、

多くの方が悩むことがあります。

 

悩めが悩むほど、結論が出なくなるもの、、、。

そのため私が客観的にアドバイスを

させていただくことも多々あります。

 

それは何かというと、、、

 

住宅ローンを”変動”にするか”固定”にするか

 

住宅ローンは大きく分けるとこの2つに分けることができます。

 

ざっくりいうと、

”変動金利”は、初めは返済額が少ないけれど

数年後はどうなるかは誰にも全く分からない。

 

このまま金利が上がらなければラッキーだし、

金利が上がってしまうと損をするという感じです。

 

一方で、固定金利はどうでしょうか。

 

固定金利は、最初から最後まで月々に支払っていく額が

変わらない分、はじめの返済額が高くなりがちです。

 

最後まで上がらないことが約束されますので

一度ローンを組んでしまえば余計な心配をしなくて済みます。

途中で金利が上がっても涼しい顔をしていられます。

 

毎月返していく額の違いをイメージ

 

例えば3,000万円を35年返済で借りたとします。

変動金利(0.725%)と固定金利(1.56%)で借りた時を比較すると、

 

変動金利は、月々の返済額は80,895円。

 固定金利は、月々の返済額は92,793円。

 

このようにその差は、12,000円なります。

 

”固定”にしてしまえば、この返済額が約束されますが

金利が上がらなければ”変動”と比べて損をしてしまう。

 

こういうふうに考える方が多いため、”変動”を選択する方のほうが

多いのが事実としてあります。

 

さて、どっちも決められないという方には、

こんな商品もあります。

 

 

住宅ローンは”ミックス”もできる

 

 

”ミックス”とは、変動と固定を混ぜることです。

 

例えば、3,000万円借りるのなら

 

半分の1,500万円を”変動”ローン。

残り半分の1,500万円を”固定”といった具合です。

 

途中で金利が上がってきたら”変動”の方を優先して繰り上げ返済。

あまり金利が上がってこないようでしたら”固定”のほうを優先して

繰り上げ返済。

 

こんなことも可能です。

 

住宅ローンの金利を見ていくことが苦にならない人は

悪くない選択肢とも言えます。

 

 

”ミックス”も結局のところ変動

 

 

一見、いい所どりをしているようですが、

住宅ローンのうち一部でも”変動”が入っていれば

それは結局”変動”のローンを組んだことと変わりありません。

 

 したがって一番大切なことは、損とか得とか以前に

『金利が上がった時に家計が問題なくやっていけるか』

これを確認することが重要になります。

 

新潟住まいのお金相談室の

『マイホーム予算診断サービス』では、

無理なく住宅ローンを返せるかを知ることが可能です。

http://niigata-money.com/myhome/

 

あなたが年末年始で「そろそろ家を買おう!」と

もし思ったらのならば、まずは資金計画のことから

考えてみてください。

 

家づくりで失敗することはきっとなくなります。

 

http://niigata-money.com/myhome/

 

 現在、1月に相談希望の方を3組募集しております。

 相談希望の方は、問い合わせフォームからお申込みください。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。