新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > お金の不安を払拭する方法

お金の不安を払拭する方法

OPP_0001rr00

電力自由化で貯めたポイントで、

お寿司をタダでいただき・・・

 

ふるさと納税でもらった、

鹿児島のうなぎをタダでいただき・・・

 

と、我が家のGWはこんな感じでした。

 

私も3日~5日の3日間を、

3連休をいただいたのですが、

 

特に遠出もせずにひたすら、

息子といろんな公園に行ってきました。

 

初日は、江南区のよこごし公園。

 

2日目は、聖籠町の東港の臨海公園。

 

3日目は、NSTの川祭りに行って、

午後からは北区の島見緑地にお散歩。

 

という感じで、

 

天気も良かったので公園巡りを

してきました。

 

滑り台ブームが来ている息子も

素晴らしい滑り台にたくさん

出会えてさぞ楽しかったことでしょう!

 

そして3日間の休みを終えて、

ふと思ったことがあります。

 

それは・・・

 

「お金、全く使わなかったな。」

 

ということです。

 

 

お金の不安をなくすには?

 

 

今日の記事はお金を使わずに

節約しましょうというものでは

ありません。

 

使うときにはしっかり使い、

家族の思い出を作ったりするのが

賢い使い方だと思います。

 

そこでちょうどGWも

終わったのでぜひあなたに

してほしいことがあります。

 

それは、

 

“GWにいくらお金を使ったのか”

正しく把握をすることです。

 

家計の収支は単純な話、

 

『収入-支出=貯蓄』

 

となります。

 

収入に関しては毎月振り込まれる

給与の額を見れば誰でも一目で

分かるものなのですが、

 

多くの方が自分でいくらお金を

使っているのかを把握していません。

 

そのため、

 

貯蓄ができるかどうかを

コントロールすることができないのです。

 

毎月の携帯電話や光熱費等は、

明細が出るからまだいいものの

 

それ以外の支出がブラックボックス化

するのです。

 

分からないことが多くなればなるほど、

人は不安な気持ちを抱きます。

 

 

 

管理が難しい特別支出

 

 

管理することが難しいのが、

GWなどの突発的な支出です。

 

旅行に行ったり外食をしたり、

帰省をしたり・・・

 

いろいろな支出の場面があります。

 

連休だからと財布の紐が緩んで

しまうこともあるでしょう。

 

それはそれで構わないのですが、

 

「いくらお金を使ったのか」

 

を正しく把握しておくと、

あなたにとてもいいことがおきます。

 

お金との付き合い方が全く

変わってくるようになるからです。

 

 

不安をなくすには管理が大事

 

 

思うがままにお金を使うことを

繰り返してしまうと当然ですが、

いつまで経ってもお金が貯まりません。

 

それどころか、

なんだかいつもお金がないし、

 

お金のことに振り回される

人生になってしまいがちです。

 

しかしお金を管理できるようになると、

 

年間20万円までは旅行に使っても

年間で50万円貯金できるんだと

分かるようになったり、

 

GWで思ったよりお金を使ったから、

お盆はお金をそんなに使わない

楽しみ方をしようと思ったり、

 

私みたいにGWにほとんどお金を

使わなかった場合は、

 

お盆はちょっと豪華にしよう!等、

一年を通して特別支出にメリハリを

付けられるようになります。

 

つまり管理ができるようになると、

限りあるお金をどう使って楽しむかを

考えられるようになるのです。

 

 

早速トライしてみよう!

 

 

というわけで練習として、

GWにいくらお金を使ったかを

ざっくりで計算してみてください。

 

アウトレットに行ったな~

遠くに出かけて外食したな~

 

とか、全部でお金をいくら使ったのか?です。

 

出ていくお金を管理できると

なんとなく漠然と感じていた

 

“お金の不安”からいつからか

解放されるようになります。

 

家を建ててからは、

住宅ローン返済や家の維持費に

追われることになるので、

 

日ごろのお金を管理ができれば

できるほど精神的にも余裕を

 

感じることができるように

なるでしょう。

 

よく分からない支出を正しく

把握したものが家計を制する。

 

「いくら使ったのか分からない?」

 

が繰り返されると不安な気持ちが

どんどん増えてしまいます。

 

そうならないために、

あなたもぜひトライしてみてください。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。