新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 【速報】マイナス金利と住宅ローン

【速報】マイナス金利と住宅ローン

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

timthumb

 

昨日新松崎にオープンした250円カレーを

テイクアウトしてきて、

ぼやっと食べながらTVを見ていたら

 

「日銀、マイナス金利導入を決定」

 

ニュース速報のテロップが流れました。

 

なに!これは大きな出来事だと

早速パソコンを立ち上げて

ブログを書き始めました。

 

いろいろ調べていくと、

マイナス金利の幅は、

0.1%となるとのことです。

 

これはどういうことかと言うと、

 

お金を預けると利息がつくどころか、

金利をとられるという状態です。

 

今回のケースでは、

金融機関が銀行の銀行である日本銀行にお金を預けた場合、

0.1%の手数料を徴収するということになり、

 

金融機関は余ったお金を、

「銀行の銀行」の預けるとお金を

取られるという事態です。

 

つまり、

お金を余らせちゃうと手数料がかかって大変。

 

こういうことです。

 

それにより、

 

今日の銀行の株価は下がり、

混乱した投資家が売買を繰り返し

平均株価もジェットコースターみたいに

なってしまいました。

 

そんなことはとりあえずどうでも良いとして、

我々のように普通に暮らしている市民は

どうなるのかというと、

 

 

朗報:住宅ローン金利、下がりそうです。

 

先ほどのニュースの影響を受けて、

住宅ローン金利と関連する指数が

過去最低まで下がりました。

 

変動金利や底の底と言われている

10年固定金利までも、

 

もしかしてもう一段落下がるかも?

という気配が見えてきました。

 

フラット35などの、

長い間金利が変わらない系のローンは、

 

ほぼ確実に過去最低圏を目指す勢いに

なりそうです。

 

現金を持つと損をする

 

マイナス金利とは、

銀行が、銀行の銀行(日本銀行)へ預金すると損をする。

 

こういう状態だと先ほど書きました。

 

なので銀行は少しでも預金なんかしないで

貸し出しを積極化しようとするのが

自然の流れです。

(それが政策の目的だからです)

 

ということは・・・

 

銀行が日本銀行に預金して手数料を

取られるくらいなら

 

金利が低くても誰かに貸したほうが

全然いいということで

 

住宅ローンの低金利競争が

起こる材料は揃ったというわけです。

 

一時期の牛丼値下げ競争がありました。

 

吉野家280円

松屋280円

すきや250円!!

 

みたいな。

 

もう安くするの無理でしょ?

から値引きは繰り返されました。

 

既に牛丼250円並みに、

限界の来ている住宅ローンの

低金利競争ですが、

 

もう一段さらに競争が激化するのか?

 

果たして新潟の銀行で先に仕掛けてくる

ところはあるのか?

 

(あるような気がする)

 

注意深く観察していきたいと思います。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。