新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 年収520万円なら家づくりを急ぐな

年収520万円なら家づくりを急ぐな

OPP_0001rr00

 

消費税増税前と増税後の差。

 

住宅購入を考えている方は、

単純に消費税の差額分だけ

損をする・・・

 

実はそういうわけではありません!

 

というのも、

 

家を建てるとお金をくれるという

給付金制度を絶賛開催中の日本。

 

もちろんその恩恵は

あなたにだってあるわけです。

 

大手ハウスメーカーで建てる人は

まず営業さんが教えてくれますが

 

小さな建築会社だと、

そもそもこの給付金を知らない

人もいるみたいで、

 

お客さんが最後まで知らずに

申請漏れということもあるようです。

 

「え?そんな制度あったんですか?」

 

とはならないようにしましょう。

 

 

現行制度をおさらいしましょう

 

 

この給付金の名称は、

『すまい給付金』と言います。

 

この給付金は、

消費税が8%時と10%時で

大きくルールが変わります。

 

ルール改定にはひずみもあり、

特定の年収ゾーンに該当すると、

増税後の負担はほとんど発生

しないという現状も起きるのです。

 

まずは現在のルールを

おさらいしてみましょう。

 

と、その前にあなたの

源泉徴収票の年収を思い出して

から見てみてくださいね。

 

『消費税8%時』

 

・年収425万円以下

→給付額30万円

 

・年収425~475万円

→給付額20万円

 

・年収475~510万円

→給付額10万円

 

・年収510万円以上

→給付額なし

 

『消費税10%時』

 

 

・年収450万円以下

→給付額50万円

 

・年収450~525万円

→給付額40万円

 

・年収525~600万円

→給付額30万円

 

・年収600~675万円

→給付額20万円

 

・年収675~775万円

→給付額10万円

 

・年収775万円以上

→なし

 

税抜2,000万円の家を買った場合

 

 

消費税8%だと、160万円の消費税

消費税10%だと、200万円の消費税。

(どちらも凄い金額ですね)

 

その差は、40万円です。

 

勘のいい方はお気づきでしょう。

 

さきほどの年収と給付金の関係を

見てみると、

 

あるスイートゾーンが発生しています。

 

 

それは、年収510~525万円ですね。

 

消費税8%の時は、給付金0円。

しかし消費税10%の時は、給付金40万円。

 

2,000万円の家を購入した場合、

あら不思議。

 

どちらも変わらなくなりました。

 

もし仮に年収が600万円であれば、

消費税8%の時は、0円。

消費税10%の時は、30万円ですから

 

2,000万円税抜きの家を買った場合は、

8%のときが10万円だけ得だった。

 

こういう具合なわけです。

 

 

多くのケースで実はあまり変わらない

 

 

一般的な年収で、

平均的な価格の家を買った場合、

 

見て頂いた通りそこまで

トータル支出の変化はありません。

 

なので過剰なまでに急ぐ必要は

ありません。

 

むしろ消費税がアップしたあとは、

業界がヒマになるはずなので、

 

その差額程度の値引きや、

コストダウンは余裕で圏内でしょう。

 

保育園や小学校の関係や、

完済年齢までの期間が短いという方

 

であれば早期にするメリットは

また別に発生してくるので

話は異なりますが、

 

元から買うつもりがあまりなく

なんとなく増税に乗っかって

 

買おうというのは、

賢い買い方ではありません。

 

これからの時期にうっかり展示場に

行ってしまうと消費税トークで

恰好の餌食にされますよ(笑)

 

欲しい時に、

無理のない範囲内で

購入していきましょう。

 

自分のペースでいいのです。

 

PS

 

住まい給付金の細かい試算は

国土交通省のWEBから可能です。

 

===================

 

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法

http://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

http://niigata-money.com/mail

 

===================

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。