新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 新人住宅営業マンはダメなのか?

新人住宅営業マンはダメなのか?

OPP_0001rr00

 

「みんなー、元気―?!」

 

「はーい!!」

 

ZIPが終わった後に我が家の

チャンネルはEテレにチェンジ。

 

私の一日の始まりは、

“おかあさんといっしょ”の

お兄さんのこの掛け声から

始まります。

 

8時からのテンションが下がる

ワイドショーではなく、

 

1年ほど前からこのさわやかな

この繰り返しは間違いなく、

日々の暮らしに元気を与えてくれています。

 

こんな朝の始まりなのですが、

4月3日から歌のお兄さんが

変わりました。

 

だいすけお兄さんから、

ゆういちろうお兄さんになったのです。

 

お子さんがいる方ならみんな

私と同じようなローテーションだと

思います。

 

3月までのだいすけお兄さんは、

私と一緒1983年生まれ。

 

お兄さんと名乗る限界の年齢でも

ありキャラによってはおじさんと

呼ばれていました。

 

今まで当たり前のように、

番組を見ていたのですが、

 

ゆういちろうお兄さんは、

初めてで緊張しているのが

分かりました。

 

これを見て今までの

だいすけお兄さんの安定感って

半端なかったことに気づきました。

 

完璧に段取りし安定的な進行、

いつもテンションもノリノリ、

いつも笑顔でさわやか。

 

33歳のプロフェッショナル。

勉強になります。。。

 

 

新人営業マンの季節です

 

 

これからの時期は、

新社会人がデビューをしてきます。

 

私は新卒の時は最初の

2か月は研修で3か月目からは、

最前線に立ち営業をしていました。

 

「失敗してもいいから、

どんどん挑戦しなさい!」

 

新社会人は、何がいいのか

悪いのかもまだ良く分からないので、

とにかく最前線に行くのみです。

 

その中でいろいろな経験をし、

努力を続けられ、センスの高い人が生き残る。

 

こんな構造になっているわけです。

 

これはもちろん住宅業界もそうです。

 

もう少しすると、

最初の契約を是が非でも取りたい、

新人営業マンがどんどん登場して

くるでしょう。

 

そのため、しばらくは、

営業をかけられやすい時期が

続くのかもしれません。

 

 

どちらから家を買うか

 

 

23歳の新人と33歳の10年選手。

 

この時当然のことながら、

総合的な経験値で33歳の10年選手の

方に分があるのは間違いありません。

 

基本的なセオリーとしては、

家づくりの場合は新人の方とは、

 

距離を置いたほうが成功する

確率は高まります。

 

建築業界では多くのケースで、

若い時は存分に力を発揮できません。

 

なぜなら経験値が最大の強みになるからです。

 

その厳しさを乗り越えられずリタイヤ

する人が大半という厳しい世界でもあります。

 

 

新人は絶対ダメなのか?

 

 

ということは、

新人は絶対ダメなのか?

というと必ずしもそうではありません。

 

基本的には能力の高い担当者と

組むことが住宅購入の成功の

条件となりますが、

 

以下の場合は例外です。

 

上司が優秀であるということが

条件ですが、しっかりフォロー

してくれている場合です。

 

この場合は、例えば新人でも、

経験豊かな先輩が失敗を回避して

くれますから大丈夫です。

 

あなたが上司と新人の人柄を

しっかりと見抜く必要がありますが、

 

あなたのフィルターでよさそうと

思えれば新人のメリットもあります。

 

新人の最大のメリットとは、

あなたのことを考えてくれる時間が

徹底的に多いということです。

 

あなたの家のことを代わりに

一生懸命考えてくれる存在。

 

もちろんベストなのは経験豊かな人に

それをしてもらえることですが、

 

人気者の彼らはなかなか1組1組、

丁寧に時間を割くことができません。

 

それでも安定的に仕事ができるから

プロフェッショナルなのですが、

新人は時間だけは豊富に持っています。

 

なので一生懸命な新人を探し、

上司がしっかりフォローに入ってくれれば

 

あなたの満足度として高いところで

着地できることもあります。

 

 

一番失敗しやすいケース

 

 

住宅購入で一番失敗しがちなのは、

手慣れてきて数をこなせるように

 

なった中途半端なベテラン選手に

家づくりを任せることです。

 

ストレートにいうと、

仕事を回せるようになって、

それで慣れて満足してしまい、

 

その後の勉強などの自己投資を

やめてしまった人です。

 

変に自信をもっていたり、

上から目線でくるタイプの人とは、

家づくりは避けたほうが無難でしょう。

 

こう考えると、

日々努力ができ、日々勉強ができる

人間が最後には勝つわけです。

 

新年度です。

私も身を引き締めたいと思います。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。