新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 家の値引きを無理にせず諸費用削減し、そのお金を運用せよ。

家の値引きを無理にせず諸費用削減し、そのお金を運用せよ。

OPP_0001rr00

 

『YESであればお金持ちになれる3つの質問』

 

週刊誌の見出しみたいなタイトル

ですがこれからする質問にあなたが

YESと答えられれば、

 

あなたが将来的にお金が貯まる

ようになるというものです。

 

早速いきますね。

 

質問①

「あなたはあなたの家庭が毎年

衣食住にいくらお金を使っているか

ご存知ですか?」

 

質問②

「あなたは貯蓄や資産運用計画に

時間をかけますか?」

 

質問③

「あなたは倹約家ですか?」

 

さて、いかがでしたでしょうか?

 

全部YESだった人は既にお金が

貯まっているか、

 

これからお金が貯まる道筋が

既に見えていることでしょう。

 

しかし多くの方はせいぜい③に

YESと言えるくらいだと思います。

 

倹約にも手段と方法があり、

いわゆる食費・日用品なども

 

倹約ばかりすると息が詰まって

しまいますよね。

 

 

 

浪費は最大の敵

 

 

あなたがもしお金を貯めたかったら

当然ながら浪費は最大の敵です。

 

浪費傾向にある方は、

 

質問①

「あなたはあなたの家庭が毎年

衣食住にいくらお金を使っているか

ご存知ですか?」

 

の答えが不明確であるという

パターンが多くなります。

 

そして質問②

「あなたは貯蓄や資産運用計画に

時間をかけますか?」

 

もすることができず、

 

質問③

「あなたは倹約家ですか?」

 

とは正反対になります。

 

これが最もお金が貯まらない

パターンとなります。

 

価値観は千差万別であり、

人生がそれで楽しいなら、

 

見合う収入があるのであれば

それでも別に良いでしょう。

 

しかしあなたがそれを望まない場合、

お金を貯めたいと思った場合、

 

質問①~③のステップを

踏むだけで誰でもお金は

貯まるようになります。

 

質問②で聞かれている、

 

「資産運用って何??」

 

と思った方は書店に山のようにある

関連書籍を読み最低限の知識を

取り入れた方が良いでしょう。

 

これからはそういう時代になります。

 

 

ワンステージ上の倹約をしよう

 

 

と、ここで多くの方がとる行動が

光熱費や食費を節約したり

お小遣いをカットすることですが、

 

これをやってしまうと、

幸福度が劇的に下がってしまいます。

 

心の栄養が少なくなるからです。

 

たまの贅沢はOKという余裕は

残しておくべきでしょう。

 

こういう細かいところよりも、

もっと倹約して欲しい箇所が

あります。

 

それは住宅購入時の・・・

 

・住宅購入そのもの

・住宅ローン

・生命保険

 

についてです。

 

旦那の小遣いを10,000円カット

するよりも大きなお金の動きで

無駄を取り除きましょう。

 

 

具体的には?

 

 

住宅購入費は安ければ安いに

こしたことはありませんが、

 

住宅コストは性能と住み心地に

100%比例しますので、

安い家は安いなりです。

 

安く買えば光熱費もかかり、

そもそもあまり暖かくなく、

 

メンテナンスコストも後で

大きく発生してしまいます。

 

せっかく家を買うのであれば

最新の性能と住み心地を

得てほしいと私は思っています。

 

そうなると、

 

家族4人で済むいわゆる普通の

家を建てる場合は、

 

2,300万円程度見ておいた方が

いいというのが個人的な持論です。

 

肝心なのはその先です。

 

 

 

家を値切るな、関連コストを賢く削れ

 

 

 

2,300万円を現金で買う場合は

別ですが、

 

ローンで組む場合は、

 

最終支払金額は利息を含めて

3,000万円をこえてきます。

 

家を買って子どももいれば

保険に入る必要もあり、

 

その保険料の支払いも、

累計で1,000万円にも達する家計は

とても多いのです。

 

 

ということはつまり、

 

住宅ローンを適切に選択し、

生命保険も適切に選択すれば、

 

数百~1千万超の削減を実現

することができます。

 

結果、住宅取得と保険コストを

倹約したことになります。

 

またこれらの削減したお金を

資産運用しておけば、

 

そこでもまた数百~1千万円超の

お金を作ることも現実的と

なるのです。

 

わずかな努力で誰でもお金持ちに

なることは可能なのですが、

 

すべてのスタートは、

 

質問①

「あなたはあなたの家庭が毎年

衣食住にいくらお金を使っているか

ご存知ですか?」

 

に行き着くのです。

 

なので私はただひたすらに、

 

家計を把握することイコール

無理のない借入を把握するために

 

資金シミュレーションを作り

続けています。

 

 

※アメリカでベストセラーに

なっている著書

 

『となりの億万長者』

トマス・J・スタンリー:2013

 

より質問事項を引用しております。

 

===================

 

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法

https://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

https://niigata-money.com/mail

 

===================

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。