新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 第一希望の住宅ローンに通るには?

第一希望の住宅ローンに通るには?

あなたは誰かにお金を貸したことはありますか?

 

例えばそれが数万円であったらあなたはお金を貸すときに

どんなことを考えるでしょうか。

 

「ちゃんと返してくれるかな?」

 

まずこれを一番に考えると思います。

それを考えたうえで、いまいち信用できなかったりすると

間違いなくお金を貸しませんよね。

 

それって住宅ローンを借りるときに銀行が

考えていることと一緒なんです。

 

あなたが住宅ローンを問題なく借りるために、

見られていることは大きく分けてこの2つだと思ってください。

 

この人はきちんと返せる人なのか?

 

 

貸したお金は返してもらう。

当たり前ですよね。

 

それをチェックするためにあなたが銀行から

見られることは、、、

 

Q:収入がきちんとあるか

A:これだけの収入があればこの金額は貸しても大丈夫だな。

 

Q:収入の安定性はあるか

A:最近たまたま年収が高かっただけでなくて、安定した

収入があるな。勤続年数もあってまじめな人だな。

 

Q:過去の借金を延滞したことはないか

 A:過去に延滞をしているのであれば、本当に貸しても

大丈夫かどうかじっくりチェックが必要だな。

 

こんなところです。

 

あなたも以前に借金をしていて延滞したことがある人には

お金を貸したくないですよね。

 

銀行も同じようにここを厳しくチェックします。

 

 

借金を返せなくなった時に代わりの財産があるか

 

 

 もっとざっくり言うと、没収できる財産を持っているかということです。

 

住宅ローンを借りる場合は、それと同時に新しい住宅と土地を

銀行の”担保”に入れます。

 

”担保”とは、住宅ローンを返済できなくなった時に無条件で

没収するものということです。

 

銀行は土地と建物を”担保”に入れて価値があるものなのかを

チェックしていきます。

 

以上を持って、

「きちんと返せる人なのか?」

「万が一のときに、没収できる価値のある財産はあるか?」

 

を判定して問題がなければ住宅ローンの内定となります。

 

 

第一希望を落ちても取り乱してはいけない

 

 

希望する第一希望ローンに落ちることもあります。

第一希望のローンに落ちて、相談に来られる方も

いらっしゃいます。

 

 そのときに多くの人がやってしまいがちな間違いがあります。

『もうローンさえ通ればどこでもいい』

 

一度ローンに落ちてしまうと、急に不安になり

とにかくローンの内定を取りたくなります。

支払の期限が迫っていれば、なおさらです。

 

こんなときこそ冷静を2番手、3番手のローンの

申し込みを冷静に行ってください。

 

銀行員の腕によって通るローンも通らない

 

もし、あなたがアポなしで近所にある銀行の支店に行って

窓口で住宅ローンを申し込もうとしていたら

いますぐそれはやめてください。

 

銀行員も、完璧ではありません。

びっくりされるかもしれませんが、

住宅ローンをほとんど知らない人だっています。

 

例えば、お客さんの情報をきちんとヒアリングできて

いなかったために特に問題にならなかった方のローンが

あっさり落ちる。

 

例えば、銀行の”担保”に入れる土地と建物の

評価をきちんとできていなかったので、

その人には何の問題がなくてもローンに通らない。

 

こんなことが意外と高い確率で起こっています。

 

事前にしっかり準備をしていれば、第一希望のローンに

通っていたのに 残念ながら落ちてしまい

”もったいない”という方もよくいます。

 

デキる担当者と組む

 

 

これがシンプルかつ明朗な答えです。

あなたがたまたま仲の良い銀行マンがいても

その人が住宅ローンを詳しいとは限りません。

 

住宅ローンに詳しく有利な商品を持っている

デキる営業マンと付き合うべきです。

 

しかしご自身では、デキる営業マンを探すことが

とても難しいのが現実です。

 

なので新潟住まいのお金相談室では、

各金融機関のデキる担当者と一緒に仕事をして

あなたとの橋渡しをしています。

 

『住宅ローンの申し込みは初めのことですので分からない』

そのため、落ちてから初めて気づくことが多いです。

 

そうならないように第一希望にできるだけ落ちない状態を

準備して挑むことはとても大切です。

 

それによって支払う利息の差が、『数百万円』なんて

いうこともすぐに起きてしまいます

 

じっくり検討し、お金を大切にしてください。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。