新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 土地建物を契約する前に

土地建物を契約する前に

妻が携帯電話とタブレットのキャリアを

変えることにしました。

 

更新月が間もなく来るので、

その月を狙って着々と調査。

 

そしていざベストのキャリアに乗り換え。

 

これで無駄なお金を支払わずに来月から

安くなると思いきや、

 

悲劇が起きました・・・

 

「携帯電話は確かに更新月ですが、

タブレットは先月が更新月ですね。

 

なので違約金がかかりますよ。」

 

と、3大キャリアのお姉さん。

 

「えーそんなー一緒に買ったのになんで?

店員のお兄さんは買った時に

この月で解約すれば大丈夫ですよって

言ってましたよー。

 

手帳にもメモしてますもん。」

 

「え、そうなんですか?

それは違いますね。

それが決まりなんで!」

 

こんな感じで平行線。

結局泣き寝入りするしかないんですね。

 

とどめの一発は、

「解約月はすべての割引がカットされます。」

 

なので基本使用料とかめちゃ高になるんですね。

私もこれは知りませんでした。

 

特に携帯電話のほうは10年以上も

長らく付き合ったきたキャリア。

 

そんなお客さんに最後にありがとうを

言うどころか多額の請求書を提示されるなんて

なんだか悲しいなあと思いました。

 

さすがにこれはないだろーと

個人的には思いましたけれども、

家づくりも気を付けないと

こうなってしまいます。

 

よく分からないことに契約してはいけない

 

まずは支払方法ですね。

 

携帯電話も頭金の金額は分割方法に

よって支払い方が結構いろいろあります。

 

住宅購入も頭金をいくらにするか、

どうやってローンを組むか。

 

基本は一緒ですね。

 

住宅ローンは携帯電話の比にならない

人生を左右するような借入額なのに、

 

実際のところ店員さん(銀行員や住宅会社)も

よく分かっていない人が多いのが事実です。

 

つまり、説明してもらってもその説明が

本当に合っているかどうかも微妙で

今回の携帯電話解約金事件のような

ことは現実的に全然起こりえます。

 

 

違約金に気を付けて!

 

土地、住宅購入の場面ではとりあえず

契約とはいうことはありえません。

 

あなたが不動産会社や住宅会社と

契約を結ぶときに、

字がいっぱい書いてある”約款”を

渡されます。

 

そのときに契約に関することが

たくさん書いてあって

 

例えば、

「契約した土地やっぱりやーめた」

ということをする場合は数百万円の

ペナルティが発生します。

 

契約の時に解約前提の話は、

あまりしませんがこういったことが

しっかり書いてある契約書に

あなたは印鑑を押しているということです。

 

契約前の口頭約束はあてにならない

 

あるハウスメーカーで打ち合わせを

進めているAさんからお話を聞きました。

 

事情があってハウスメーカーとの

契約を急いでいました。

 

細かい金額修正はとりあえずあとに

しようということで2,800万円で

建物を契約。

 

今後の打ち合わせで金額を下げていく

ことが基本になると思いきや・・・

 

次に打ち合わせではあなたが希望することを

すると金額アップになりますよという

項目だらけ。

 

全然下げしろがない!

 

契約する前は、

「そこから下げれる」って

言っていたのに・・・

 

その先何を言っても、

「上司に相談します。」

「私じゃ決められません」

こんなんじゃラチが空きませんよね。

 

既にハウスメーカーと契約をしているので

実際もう後には戻れません。

 

しかも不信感が募り打ち合わせも

険悪なムードに。

 

Aさんは、

「値下げ交渉ばかりになって疲れた」

「お金の話ばかりしているから工事現場の

手も抜かれるんじゃないか」

 

このような心配が尽きません。

 

せっかくの家づくり。

こういった思いはしたくないですよね。

 

 

トラブルを避けるために

 

このようなトラブルにならないために

 

『とりあえず契約しない』

 

『計画を急ぎすぎない』

 

この2つは絶対に守ることを

お勧めします。

 

特に本当はそうでもないのに、

ひとつの区切りとして

『年内に住みたい』

と期限を決めすぎると失敗する

可能性が高くなります。

 

決しておどかすつもりで今日の

記事を書いているわけでないのですが、

 

契約を慎重にすることで、

家づくりがよりハッピーになる。

 

避けられるトラブルは事前に

回避してほしいという想いです。

 

携帯電話の解約金は

「くやしいー!やられたー!」で

済みますが家となるとこうもいきませんよ。

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。