新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > ”みんなと同じ”は危険!

”みんなと同じ”は危険!

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

『ピンポーン!

通過できません。』

 

新宿駅の改札で

引っかかった私。

 

都会の人はせっかちだから、

あれやっちゃうとめっちゃ

睨まれるんです。。。

 

先日久しぶりに東京の新宿へ

行ってきたのですが、

 

新潟県民には圧迫感を感じずに

はいられない、

 

人、人、人。

 

小田急線という電車に乗って

妻から頼まれていたお土産を

買いに行こうと駅を出る予定でした。

 

そのままの人の流れに付いていって、

当たり前のように駅を出ようと

したら、

 

『ピンポーン!』

です。

 

あれ、ほんと嫌ですよね。

 

どうも私は乗り換えの改札を

通過してしまったらしく、

 

追加料金を払わないと

出れないシステムのようでした。

 

駅員さんは

 

「ごめんなさいねえ。

この改札だと追加料金

もらわないとなんですよ。」

 

結果160円の運賃で済むところを

追加で130円払うって、

 

都会って恐ろしい。。。

ホント、罠にかかったみたい。。。

 

しかもちょうどスイカの残高が

なくなっちゃって、

 

慌ててチャージ。

 

田舎者全開のとなってしまいました。

 

 

大多数は当たり前ではない

 

 

今回の一番の敗因は

(おおげさですが)

 

何も考えずにみんなと同じ行動を

してしまったことに尽きます。

 

駅を降りてほとんど人が、

その方向に進んでいったから、

 

それが正解だと思ったのです。

 

というかそれ以外の答えが

あるなんて

 

これっぽっちも考えていませんでした。

 

これってあなたの周りにも

ありませんか?

 

例えば教育費を貯めようと思った時

の学資保険なんかもそうです。

 

子どもが生まれたら当たり前に

みんなが加入を考えますが、

 

途中で払えなくなって

大損する人もいれば、

 

学資保険とセットで提案された

保険に入ったばっかりに、

 

結果全然お金が貯まらなくて、

散々な結果になってしまう人もいます。

 

教育費の貯蓄方法は多岐に渡り、

 

そもそも学資保険で安心して

終わりでは全く意味がないのです。

 

今まで家計がどんぶり勘定であれば

ますはそこをきちんと見直して

 

貯蓄に回したほうがよっぽど

お金は貯まります。

 

子どもが生まれたときに、

すべきことは明らかに

こっちの方が優先なんです。

 

こんなこと言われてみれば

その通りなのですが、

 

なぜか大多数と同じ行動を

取ると考えもしないことが

よくあります。

 

これって怖くないですか?

 

 

GO!GO!モデルハウス

 

 

家を建てるときはどうでしょうか?

 

やはり住宅展示場に行くことが

最も多いのではないでしょうか。

 

そのまま土地も決めて、

建物も決めて総額4,000万円也。

 

ここで伝家の宝刀、

 

「お客様の世帯年収でしたら、

みんなこれくらいの金額に

なってますよ。

 

住宅ローンもOKってことは

銀行からもお墨付きですよ。

 

夢のマイホームいよいよ実現ですね!」

 

なんて言われれば、

 

「ですよね~。

より頑張って働いて返すぞ!」

 

なんてなってしまいがちです。

 

勘のいい人ならお分かり

かと思いますが、

 

収入が一緒でも、

 

外食の頻度とか、

夫婦のお小遣いとか

子どもの人数とか、

 

全然違うのです。

 

だから、みんなと一緒ですよ

という理由でなんとなく

納得してしまうのは、

 

最も危険なことだったりします。

 

 

銀行は細かくチェックしない

 

 

実際銀行も住宅ローンを貸す時に、

あなたの支出の内訳なんて

聞いてきません。

 

外食にはよく行きますか?

ご主人のお小遣いはいくらですか?

 

なんて余計なお世話の話、

絶対聞けるわけがありません。

 

つまり支出の内訳は審査とは

全く関係ないのです。

 

住宅ローンを無理なく返済して

いけるかどうかは、

 

むしろここの支出分析が

一番大事なのですが、

 

住宅ローンはざっくり言うと、

今の年収と今の借金しか

見られないと思ってください。

 

なのであなたが会社の未来に

不安を感じていて、

 

お給料が下がり始めていても、

基本的には今の給料ベースで

計算します。

 

あなたの会社が10年持たないと

あなたは分かっていても、

 

そんな情報はよっぽどでない限り、

住宅ローンを借りるときには

関係ありません。

 

今現在の

 

“残業手当部分”

“住宅手当部分”

“特別手当部分”

 

が多くて今後大きくその手当てが

減る可能性がある方は、

 

一気に家計がピンチになる注意報です。

 

しかし銀行はそこまでチェック

しようがありません。

 

人は人は。

あなたは、あなた。

 

みんなこうしてますよ!

っていうのは極めて危険なんです。

 

何度も言いますが、

銀行は細かい支出や

収入の変化まで気にしません。

 

改めて、これって怖くないですか?

 

 

********************

☆不安なく住宅ローン返済していきたいあなたへ☆

 

無理のない住宅ローン借入金額をズバッと判定します!

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】

詳しくは、

http://niigata-money.com/myhome

 

【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】

まだ登録していない人はこちらから登録できます!

http://niigata-money.com/mail

********************

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。