新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 貯金できない・・・理由は明確。

貯金できない・・・理由は明確。

お金ってあなたが思う以上にスーパーシンプル。

 

なぜかって、

あなたの貯金は何をどうやっても

この式以外ではつくることはできないからです。

 

『 収入 ‐ 支出 = 貯金 』

 

収入よりも支出が少なければ貯金ができます。

はい、以上。

それだけなんです。

 

あなたの家計に余裕がないのであれば、

収入と支出がほぼ一緒くらいということになります。

 

それでも生活をやりくりすることはできますが、

しかしそのままでは子どもの教育費を貯めたり、

家を購入するなんてことはとうてい夢の話になってしまいます。

 

では、貯金できるようになるにはどうしたらいいか?

解決策は2通りあります。

 

1つ目は、収入を上げる。

2つ目は、支出を下げる。

 

この2つです。

 

収入を上げる手段

 

収入を上げるにはどうしたらいいか?

これもいくつか手段があります。

 

その1:転職する

今よりお給料の良い会社に転職できれば、

収入はあっさり上がります。

 

私も20代のときは転職を繰り返し、

年収が100万円単位で変わるなんて

ことが良くありました。

 

その2:勤務時間を増やす

例えば現在奥さんが働いていなかったり、

パートタイマーだったりする場合は、

勤務時間を増やすことで収入はあっさり上がります。

 

その3:副業する

メインの収入減以外の仕事を何か持つことができれば

同じく収入を上げることができます。

 

さて、1~3を見て頂きました。

 

あなたは正直こんなふうに思いませんでしたか?

 

「どれも簡単なことじゃないよ!」

 

そうなると、どうでしょう。

まだ選択肢が1つありましたね。

 

こっちのほうがずっと簡単にできることなんです。

 

支出を減らす

 

支出を下げるにはどうしたらいいか?

これも数えればきりがないくらいの手段があります。

 

ストレスなくできるものから見ていきます。

 

その1:携帯電話の料金プランを見直す

これは意外に侮れません。

いまはキャリアも豊富になりほとんどの確率で

今より通信費は抑えられるでしょう。

 

その2:生命保険を見直す

あなたがもし生命保険に月何万円も支払っているので

あればほとんどの確率で今より抑えられます。

 

その3:生活費を見直す

食費、生活雑貨、外食費・・・

このあたりを毎月なんとなく使っているというあなたは

お金が貯まらないという正体はここにあるのかもしれません。

 

まだまだ支出を抑えらえるようなことって

思い当たることはたくさんあるはずです。

 

上限を決めるとお金が貯まる

 

私は結婚してある方法を用いてから

お金が貯まるようになりました。

 

それは・・・

 

「毎月の上限法」です。

 

食費・生活雑貨は毎月33,000円まで。

毎月この分を別な財布に入れて、

スーパーやドラッグストアでの買い物は

この財布から行います。

 

33,000円を超えないように気を付けながら

買い物をして行きます。

 

月末に思ったよりお金が余ればパッーーと使ってもいいし、

反対に月末に厳しくなれば節約をするしかありません。

 

 

おこづかいは40,000円ずつ

 

これを見て多いな?と思ったあなた。

この中には、通勤のガソリン代や、

外食費・携帯電話代・飲み代も含みます。

 

なので外食に行った時は我が家は、

いまだに割り勘スタイル。

 

携帯電話のお金使いすぎたってそれは自分の

財布を痛めるだけになります。

 

だから我が家は携帯電話の料金プランには

スーパーシビアです。

 

共通の家計という他人事でなく、自分のおこづかいという

自分自身の毎月の豊かさに直結するからです(笑)

 

ですので、家計への影響は一切ありません。

 

余った額をなんとなく貯金するのではなく、

貯金の額が確定していて、余った額でやりくりをするからです。

 

そのかわり年に数回旅行に行ったりするときや、

 

記念日などでちょっと贅沢なごはんを食べに行くなどの

特別なイベントは家計で貯めたお金を使います。

 

この額の上限ももちろん決めていますが、

ボーナスで貯金するなりしてここはちょっと

多めにしています。

 

毎月確実に貯金を続け、ボーナスも確実に

貯金をしていけば誰だって確実にお金を

貯めることができます。

 

だって、収入より支出が少ない状態を

維持しているのだから当然です。

 

※このやり方を強制するということではありません。

あくまでも一例です。

 

住宅ローンはすべてをひっくり返す

 

ただし、住宅ローンの額を間違るとどんなに節約しても

家計が成り立たないことが起きてしまう可能性があります。

 

『 収入 - 支出 = 貯金 』

 

住宅ローンの額を借りすぎてしまうと、

支出がどうやっても多くなってしまう状態になってしまいます。

 

これは明らかに赤信号。

 

特に毎月赤字でボーナスでその赤字を補てんするような場合は、

黄色信号。赤に変わる直前です。

 

家を買ってから「しまった!」とならないように、

 

まずは今現在の収入と支出に一度しっかり向き合って

まだ見えない家を買ってからの未来を予測する。

 

貯蓄できる目標額が分かれば、

貯めすぎの状態も把握することができます。

 

つまり将来のことだけでなく

”今”をもっと楽しめる状態だって作り出すことができます。

 

お金を味方につけて、

あなたも貯蓄できる強い家計を作りませんか。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。