新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 太陽光発電補助金、募集再開か

太陽光発電補助金、募集再開か

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

家を建てるときに100万円規模の

補助があったらどんなに嬉しいか。

 

5年前に家を建てた私も、

当時国からの補助金100万円を

受けてとても助かりました。

 

このブログでも何回かお伝えして

いましたが、

 

ネットゼロエネルギー補助金の、

※略してZEHといいます。

 

第2弾がまた募集再開となる

見込みです。

 

これはビックニュースです。

 

このZEH補助金は、

スーパーざっくりいうと

太陽光発電の補助金のようなものです。

 

太陽光発電システム等を設置し

住宅のエネルギー効率を最大化

するのであれば、

 

その分の費用の一部として

100万円をお返しします。

※正式には125万円

 

こういう具合です。

 

自己資金をアップしたり、

住宅ローンの借入金額を上げてまで

 

太陽光発電を導入するのは、

躊躇してしまいますが、

 

補助金が出るなら話は別です。

搭載したほうが家計的には絶対に

得だからです。

 

 

太陽光発電は得なのか?

 

 

「10年で元が取れます。」

 

太陽光発電で良く聞く話。

 

最初にかけた機材費等の、

初期費用は

 

太陽光搭載前と搭載後の

差額の光熱費で、

 

10年くらいで回収できると

言われています。

 

現在、10年間は余剰電力を

売電することができますので

 

光熱費が時期によっては、

プラスになります。

 

東北電力などからお金が貰える

といった公算です。

 

これは事実であり家計に与える

影響はもちろん美味しすぎます。

 

10年経過後は売電できるかは

ハッキリ決まっていないのですが、

 

“蓄電池”という装置を

自宅に導入することによって、

 

昼間貯めた電力を夜に使用

することが可能になります。

 

日照時間が多い季節は、

光熱費が0円になるということです。

 

家をオール電化で作れば、

支払うお金は水道代だけという

ことになります。

 

結論からいうというまでもなく、

補助金が出るなら得が確定です。

 

反則なくらい、

家計のシミュレーションが

良くなってしまいます。

 

 

補助金はどうやって取るのか?

 

 

ここまで書くと良いことずくめの

補助金なのですが、

 

補助金取得のためのハードルが

それなりに高いのも事実です。

 

いくつか条件があります。

 

・着工時期の指定

 

既に建築中や図面や仕様確定

している方は、

 

この補助金を取りに行くことは

難しいです。

 

これから詳細の図面を作り、

エネルギー計画を練っていく

必要があります。

 

そして国の定める基準クリアし、

年末~年初の決まった期間に

着工させる必要があります。

 

9月中に打ち合わせをスタート

できれば間に合うタイムライン

といえるでしょう。

 

 

・国の指針に賛同する住宅会社

 

そもそもなんで補助金が出るのかを

紐解いていくと、

 

国がハイスペックな住宅作りと、

エネルギー消費量の少ない家を

推進しているからです。

 

エネルギー負担の少ないいわゆる

エコ住宅を

 

「作っていくよー!」

 

と意思表明した住宅会社でないと

この補助金は使うことができません。

 

したがって、

使用できる住宅会社は限られており、

ますので対応外の会社も実際は

多いのです。

 

 

資産価値の高い家

 

 

このようにそこそこハードルは、

あるものの性能の高いエコ住宅は

メリットがたくさんあります。

 

光熱費が劇的に安くなることは

もちろんですが、

 

住宅の性能が格段に高いことの

お墨付きを国から受けられるので、

 

家を価値、つまり売却価格が

落ちにくいというメリットが

あります。

 

例えば、

 

転勤族の方で将来的にどうなるか

分からないけど結局ずっとその家を

住むかもしれない・・・

 

という場合は、

売ることになった場合も

高く売ることができ

 

ライフプランの自在性が高まります。

 

例えば、

 

将来的に病気になって働けなくなり

ローン返済が苦しくなって

 

家を手放さなくてはならない・・・

 

となったときでも

 

売却価格が高まることにより、

家計に致命的なダメージを

与えない可能性が高まります。

 

保険に入りまくるよりも、

よっぽど住宅ローン返済の

リスク(ピンチ)対策と言えます。

 

さらに、

 

選択した住宅ローンによっては、

住宅ローンが返せなくなった時に、

 

まっさきに

差し押さえられるのではなく、

 

あなたの名義のままで誰かに

賃貸に出しそれを返済にあて、

 

再起したらその家の賃貸を解除し、

またあなたが住み続ける。

 

なんていうことも可能です。

 

こういうふうに知っていると

知らないとでは、

 

購入するときも購入後も

決定的に差が付くことは

たくさんあります。

 

ZEH補助金について、

興味がある方は、

 

ぜひご気軽にご相談ください。

 

しかしいう間でもなく、

何よりも大切なのは

 

そもそも返済に無理がないかを

始めに知ることです。

 

********************
☆家計の健康診断でスッキリ!☆
無理のない住宅ローン借入金額をズバッと判定します!
【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で5,000円】
詳しくは

http://niigata-money.com/myhome


【”失敗しない住宅購入”無料メルマガ】
まだ登録していない人はこちらから登録できます!

http://niigata-money.com/mail

********************

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。