新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 電気料金の自由化

電気料金の自由化

生活を重ねていくと、どんどん増える固定支出。

 

光熱費、携帯、生命保険、自動車保険、インターネット、NHK。

住宅ローンをスタートすれば、住宅ローンだってそうですね。

 

収入が増えたとしても、支出もどんどん上がってしまって

なかなかお金が貯まらないというのが残念ながら現実。

 

そんな中こないだ朝のワイドショー“モーニングバード”を見ていたら羽鳥さんが、

 

「来年から電気料金が下がる可能性があります!」

 

と言ってました。

 

それも見て「まじか!」と思った私のように、

コメンテーターの方々も素で「まじか!」という表情で

羽鳥さんの説明を熱心にメモまで取って聞いていました。

 

それだけみんな関心があるテーマなのですね。

 

電気料金といえばここのところ値上げの一方で、

最近は新築を建てるときにエネルギー源をオール電化にする人が少なくなってきました。

 

新潟だと電気は基本的に東北電力しか買うしかないので依存しないように、

ガスも導入して電気代値上げのリスクを分散するという選択です。

 

確かにオール電化にしたら東北電力の一存で家計が左右されてしまいます。

 

しかしそんな中オール電化がまた勢いを取り戻しそうなニュースが・・・。

 

 

電力会社の自由化

 

 

これは何かというと今までは東北電力(新潟の場合)から買っていた電気を

他の会社と料金を比較して購入することができるようになるとのことです。

 

販売会社は既に20社くらい手を挙げているようで、

有名どころだとソフトバンク、au、ENEOS、昭和シェル。

 

例えばソフトバンクやauから電気を買えば

携帯電話もソフトバンクならセット割引適用。

 

ENEOSや昭和シェルから電気を買えば、

ガソリン代を値引きするなどといった具合です。

 

現在いろいろと細かいルールなどを決めている最中とのことですが、

2016年4月からとりあえずスタートになるとのことです。

 

 

イギリスでは既に実施済み

 

「高いからそろそろ見直そうか・・・」

「そうね。比較サイトで一番安いところを検索してみるね。」

 

こんな感じでイギリスでは、

主に大手6社、ベンチャー6社の12社がメインになり

常にネットで電気料金が比較できるようです。

 

そのため電力会社の乗り換えが頻繁に行われており、

年間20%以上も電気代が安くなるケースがあるようです。

 

「我が家はとにかく安いところに毎年乗り換えているよ」

「私は環境に配慮している電力会社を支援するわ」

 

といったように自らが電力会社を決定し、

毎年10%の世帯で電力会社の入れ替えがあるようです。

 

ストレスにならない固定支出の見直し

 

例えば月10,000円の固定支出の見直しができた場合、

年間12万円、50年間で600万円にもなります。

 

その他の固定支出の見直しも含めれば月20,000円の削減も夢ではありません。

そうなると年間24万円、50年間で1,200万円にもなります。

 

こういった家計の見直しでの代表例は、

 

携帯電話の料金

生命保険の料金

自動車保険の料金

インターネットの料金

 

でしたが、これからは、

電気料金が追加されるかもしれません。

 

例えば私は今auユーザーですが、

DoCoMoにした場合、今より月々1,000円安くなるみたいです。

1年間で12,000円、2年間で24,000円の削減がストレスなくできることになります。

 

今話題のシムフリーのすればびっくりするくらい料金は落ちます。

 

生命保険についてはあなたが今月に10,000円以上支払っているのであれば、

これも保障を維持したまま月々数千円抑えるのはほぼ100%できます。

 

実際はもっと削減できるでしょう。

 

自動車保険についてもネット系の保険へと切り替えることによって

これまた月1,000円以上削減できるでしょう。

 

インターネットだってわざわざ光回線を繋がなくても、

ワイモバイルやワイマックスにするだけで月々数千円落とせます。

 

あっという間にもう月10,000円

 

このように塵も積もれば山になります。

 

“節約”ではなくて“倹約”で家計の負担を抑えるために、

このような固定支出に目を向けてみると思わぬ家計のゆとりを生むことがあります。

 

それによって無理のない住宅ローン借入額も上昇します。

 

あなたの希望の住宅を無理なく手に入れることに一歩どころか

二歩も三歩も近づくわけです。

 

さあ、あなたもいますぐ家計改善し住宅ローンが重荷にならない家計を作りましょう!

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。