新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 借り換えは、ごく普通のこと。

借り換えは、ごく普通のこと。

From:昆知宏@新潟住まいのお金相談室

OPP_0001rr00

 

スイート10。

 

結婚後10周年の記念行事です。

 

レストランを予約して、

ダイヤモンド指輪を準備して・・・

 

妻に10年間の感謝を示す。

 

先日とある仲良しの住宅会社の

デキる営業の方が、

 

今年迎えるそのスイート10の

準備をしているだという話を

していました。

 

その計画の聞かせてもらうと

やっぱりデキる人って、

プライベートも凄いんだなー

 

今から準備ってすごいなあー

 

と感心しました。

 

私はもう少し先の話ですが、

このデキる営業さんの演出?を

参考にさせていただきながら、

 

ぼんやりと準備を始めようと思います。

(特にお金の・・・)

 

あ、

 

この記事を読んでいただいている

あなたもスイート10を行いたいなら

 

ライフプラン表にこっそりと

忍ばせておきますから、

 

奥さんに内緒でこっそり教えてくださいね。

(大歓迎ですよ)

 

実は“マイホーム予算診断書”を

作った時にこっそり昆さんと

計画してたんだ!

 

なんて近い将来奥さんに

サプライズしてみませんか?(笑)

 

ところでスイート10って

10年目なの?

10年経過後なの?

 

どっちなの?

 

と疑問なのですが

 

結論から言うと

どっちでもいいそうです(笑)

 

 

ビター10!10年固定住宅ローン

 

 

そんな甘い話はそこそこに

しておいて今度は苦い話。

 

あなたが住宅ローンを、

10年固定金利で組んだ時に、

 

10年固定が終わると金利が上がります。

つまり返済額が上がります。

 

最初の10年だけが金利が安い

住宅ローンなのである意味当たり前です。

 

 

この場合の“10年”とは、

10年経過度のことを言いますので、

 

正式には11年目から返済額が上がります。

 

10年固定を選ぶ方は、

 

「変動だと怖い。」

「固定だと金利が高すぎるし。」

 

「子どもが小さくて育休期間とか

あるうちは、

返済額が変わると困るから。」

 

なんて理由で選択される方が、

多いです。

 

10年固定金利の一番の魅力は、

最初の10年間の金利がめちゃ安で

 

その期間の返済は余裕があります。

まさに甘い返済のスイート10。

 

しかし11年目以降は、

基本的には返済額が上昇するために

そのときにまた住宅ローンを

どうするかを考えなくてはなりません。

 

 

10年経過後の選択肢

 

 

ではこの時にどうすればいいのか?

 

次のような選択肢があります。

 

その1:放置する

 

この時自動的に住宅ローンは、

変動金利に切り替わり、

 

最初の10年のサービス金利も

終わりますから返済額も上がります。

 

 

その2:また10年固定する

 

次の10年もまた10年固定を

選べばサービス金利は終了してますが

 

少し上がった金利でまた10年間

住宅ローン返済ができます。

 

最初に10年固定を選んだ方は、

なんだかんだいってこの選択肢に

なることが多いかもしれません。

 

その3:住宅ローンを借り換える

 

携帯電話の新規割と同じように、

住宅ローンも新規割があります。

 

つまり、

 

最初の10年間のサービス期間が

終わったら、

 

別な銀行に借り換えてまた10年間の

サービス金利の適用を受けるというわけです。

 

基本的には最初に10年固定を選んだ場合は、

その3が最もお得になるパターンが

多いような印象を受けます。

 

 

借り換え手数料は?

 

 

借り換え手数料はざっくりいうと、

残りのローンの額の2%+20万円

 

こんな感じの計算式になります。

 

ローンが残り2,000万円なら、

その2%の40万円と20万円で

合計60万円という具合です。

 

この時最初に選んだ銀行に

よっては最初の諸費用の一部(保証料)

が戻ってくるケースもあり

 

大きな出費にならないケースが

あります。

 

ということは、

借り換えをするメリットが

かなり大きいということになります。

 

住宅ローンは一生のお付き合いと

思いきや、

 

途中で1回や2回借り換えた方が

総合的に支払う利息が減る可能性が

高いのです。

 

このように住宅ローンとうまく

付き合っていくことで、

 

人生で支払う利息というのは

数百万円単位で簡単に

変わってしまいます。

 

そのため住宅ローンを組む時は、

今だけではなく

 

長期に渡ってどういう計画で

いくかの作戦を立てておくと

 

人生で支払う余計なお金は

大きく減っていきます。

 

一度決めた銀行と最後まで

付き合わないといけない!

 

なんて重く考える必要は、

ないわけです。

 

PS

 

私自身も住宅ローンを、

一度借り換えたことにより

 

支払利息を約300万円削減

することができました。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。