新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 2世帯住宅で失敗しないために

2世帯住宅で失敗しないために

OPP_0001rr00

 

2世帯住宅が大ブームだそうです。

 

新潟住まいのお金相談室に、

来られる方も半分くらいが

 

なんと2世帯住宅を計画して

いらっしゃいます。

 

確かに2世帯住宅は、

住宅ローン金額を削減できる

という最大のメリットがあります。

 

土地や建物をシェアすることで、

両方ゼロから購入するよりも、

 

数千万円単位で削減ができるので

魅力的ですよね。

 

最も多いケースが、

実家を建て替えて2世帯住宅を

建てるというケースですが、

 

この場合は、

土地代が0円で、

 

建物に2,500~3,000万円という

感じになることが多いです。

 

新潟市内でしたら、

土地代の約1,000~1,500万円が

削減できますし、

 

建物についても親世帯の援助が

あることもあり、

 

自分たちだけで建てれば、

本来3,500万円の住宅ローンを

組む必要があった一戸建て計画が、

2,000万円程度で済んでしまいます。

 

月々のローンにすれば、

 

月々100,000円

月々55,000円!!

 

こうなるのですから

当然家計はラクになりますよね。

 

 

 

大事なルール決め

 

 

このようにメリットが大きい、

2世帯住宅ですが、

 

一筋縄ではいかないケースも

目立ちます。

 

一つの家に暮らす人数が多くなると

それぞれの想いがあり、

 

いざ計画が具体化しだすと、

揉めることも多々見受けられます。

 

多くの場合はお互いに遠慮しすぎて、

意見があまり言えず、

 

計画がかなり具体的になってから、

 

「実は・・・こうしたい」

 

と切り出すケースです。

 

しかし、

これはまだいいケースで、

家が出来るまで本当の意見を

 

切り出せない場合は、

取り返しのつかないことになります。

 

 

プライベートゾーンは大事

 

 

よくありがちなのは、

 

金銭面で出来るだけトクしたい

という想いから、

 

共有スペースばかりになり、

プライベートゾーンが欠落

することです。

 

図面と金額とにらめっこしていると、

どうしても効率的な建物に

なってしまうのですが、

 

そのように進めていくいくと、

それぞれの世帯の居場所が

寝室くらいしかなかったり、

 

廊下などで動線がとにかく

重なったりと、

 

窮屈なプランになってしまう

こともよくあります。

 

確かに金額を抑えたいのは

分かるのですが、

 

どんなに仲の良い家族でも、

 

・ミニキッチン程度でも、

キッチンは2個あったほうがいい

 

・狭くても寝室とは別に

セカンドリビングがあったほうがいい

 

と個人的には思っています。

 

気の利いた建築会社さんでは、

 

2世帯住宅の場合は、

 

親世帯と子世帯の打ち合わせを

完全に別々にして、

 

それぞれが自由に意見をしながら、

間に立ってプランを現実的に

描いてくれるところもあります。

 

子世帯主導で進めてしまい、

後から親世帯からクレームが

入るケースがよくありますが、

 

そうならないためにも、

素晴らしい進め方だと思います。

 

あなたももし2世帯住宅を

考えていたら、

 

このように打ち合わせを進めてくれる

ところもありますので、

検討してみたらいかがでしょうか。

 

 

金銭負担のルール化

 

 

あとは金銭面のルール決めです。

 

多くのパターンでは、

 

親名義の土地に子世帯名義で

家を建てることが多いので、

 

火災保険料は子負担。

 

固定資産税の土地部分は親負担。

建物部分は子負担となることが

多いような感じです。

 

それ以外の生活を共にする部分である

 

・光熱費

・食費

 

このあたりについても、

事前にいくらお金を入れるのかを

ルール決めしておくと良いです。

 

食事も共にする場合は、

 

子世帯が親世帯に

食費光熱費で6~7万円を

入れるというケースが

一番多いようです。

 

食事を共にしない場合は、

光熱費は分かりやすく

折半というも分かりやすいですね。

 

いずれにしても、

なあなあにしないで、

 

ルールを決めておくと、

スッキリするでしょう。

 

2世帯住宅はいいところを

取れば本当にお得な住み方ですが

 

その反面、

デメリットもあるため、

 

いかに事前にデメリットを消せるか

どうかが成功のカギとなります。

 

ポイントとしては、

 

・意見が言いやすいように

それぞれの世帯で、

住宅会社と打ち合わせの場をつくる

 

・住んだ後にかかるお金の

ルールはしっかり決めておく

 

これだけをしておくだけでも

2世帯住宅の心地よさは

グッと変わってくるのでお勧めですよ!

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。