新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 国立競技場に見る家づくりの予算の考え方

国立競技場に見る家づくりの予算の考え方

新潟住まいのお金相談室のマイホーム予算診断サービス。

 

あなたの無理のない住宅購入金額は、1,300万円です。

しかし、建築会社に希望の家の見積もりをとったら2,600万円。

 

あっけにとられる夫婦。

 

最初の予算は自分たちにとっては大金だが、

希望の家を建てるには少なすぎるとなんとなく

分かっていたがまさか“倍”だなんて・・・

 

自分たちで要望しておきながら仕方ないとガッカリする反面、

なんで工務店ははじめに言ってくれなかったの?

時間の無駄じゃん。

 

とガッカリ感と、どこにぶつけたらいいのか分からない怒りが交差する。

 

怒りをぶつけられた方も言われたプランを描いて見積もりを

作っただけなのに・・・

 

なんとも空白な時間を過ごしてしまいました。

 

あ、これ今話題になっている

”国立競技場“の話ですよ。

 

希望と予算はまず一致しない

 

結局最初のプランは何だったの?

という形になりましたが、

このような流れ・・・

 

あなたの家づくりでもあることです!

 

これは私の実体験なので間違いないことなのですが、

 

家の予算が、

 

1,500万円でも

2,000万円でも

2,500万円でも

3,000万円でも

5,000万円でも

 

すべての方が最初に見積もりを取った時に

予算オーバーしていました。

 

なんとも不思議。

 

収入が増えると支出が増え、

世帯年収が1,000万円を超えていても

生活が苦しいという人がいるように

(本当にいらっしゃいます)

 

予算が多くなると比例して家の要望も多くなり

多い方だと当初予算より1,000万円超過するなんて

いうのもまあまああります。

 

あくまでも希望を通すという意味で、

家計の体力のある方は

1,000万円を多く出して建てる方もいますが、

現実的には難しいものです。

 

家づくりは予算とのすり合わせ

 

建築会社によって家づくりの進め方は

2パターンあります。

 

ひとつめは、

初めは低めの金額で契約してどんどん積み上げていく方法。

 

2,000万円で契約した家が最終的に

あなたのやりたいことを追加した結果

2,200万円になりました。

 

こんな具合です。

 

もうひとつは、

あなたの予算は2,000万円だと知ったうえで、

あなたの希望通り全部やると2,500万円です。

 

「どうしますか?そのままやりますか?」

 

予算を追加してでも出来る場合は、

それがいいでしょうし、無理な場合は

コストダウンの方法を探していくことになります。

 

「金額を下げる手段としては○○がありますよ」と

ディスカッションをして最終的に2,200万円で着地。

 

結局最終的にどっちも2,200万円なのですが、

あなたはどちらのやり方が良いですか?

 

私は初めから予算ばっかり気にして萎縮して

希望が満たされない家を作ってもしょうがないので、

 

はじめに自分たちの現実を見てから取捨選択していく

後者のやり方の方が好きです。

 

実際はじめに契約した金額からどんどん上がっていく

前者のやり方だとトラブルが多いため、

 

最近は後者のやり方で打ち合わせを進める

工務店が増えてきました。

 

消費税アップよりも痛い問題

 

さてさて、国立競技場の話に戻すと

 

当初の1,300億円より予算が上がった一つの要因として

 

”建築費の高騰“

 

というのがサラッと書いてありました。

 

これだけで数百億円です。

 

当たり前ですがこれもあなたに関係してきています。

 

去年2,000万円で作れた住宅が、

建築材料の高騰で2,100万円くらいかかっています。

 

痛いですね。

まだまだ材料費の高騰はしていきそうなので、

消費税アップよりもこちらの方も

家計に与える影響はありそうです。

 

予算ギャップを避けよう

 

あなたの予算が2,000万円だとして、

 

最低予算が2,500万円からというような工務店に

建築プランを依頼したとしても、

 

残念ながら家が建つことはありません。

 

なので候補の工務店をある程度決めたら、

希望の家がどれくらい金額になりそうなのかを

事前に聞いておいた方が確実です。

 

今回の国立競技場問題の一番の被害者は、

設計の裏方さんや見積もりを必死に作っただろう

工務店(ゼネコン)の方々。

 

期限までに途方のくれる量の見積もりを依頼されて

身を削って何とか作り上げた見積もりを、

 

「予算が合わないからやっぱりやーめた」なんて

お客さんに言われたら発狂しちゃいますよねきっと。

 

工務店も一緒です。

 

詳細の設計や見積もりを作るのって、

すごく大変なんです。

 

なので、

 

“予算通りにできるか”

“できたとしてもこれくらいは超えると思う”

 

などは正直に教えてくれます。

 

誰だって無駄な仕事はしたくないものです。

 

あなたの家もプランが凄すぎて実際に建つのは無理という

絵にかいた餅(アンビルト)とならないように、

 

工務店選定は急がず納得いくまで

進めてくださいね。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。