新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 【今も実質0%】消費税が0%になったら家は買いなのか?

【今も実質0%】消費税が0%になったら家は買いなのか?

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

 

コロナウィルスによる株価の暴落。

3月9日~13日は散々な一週間でした。

 

東京オリンピック延期の話も

出始めており数か月前には

 

考えられないような事態が

起きています。

 

住宅業界も建材の供給不足による

工事遅延が蔓延化してきており、

先行きが見えなくなってきました。

 

さてこんな折、

気になるニュースが出始めました。

 

それは一時的な消費税減税の議論が

始まっているということです。

 

元々消費税を10%に増税する際に、

 

「リーマンショック級の経済危機」

 

が発生した場合は増税を見送る可能性が

あると言っていただけに、

 

ない話ではありません。

 

大胆な意見ではなんと一時期的に、

消費税を0%にしたらどうか!?

 

というものもあるようです。

 

東京オリンピックが本当に

延期中止になろうものなら、

 

これくらい大胆な経済政策は、

ないとは言い切れません。

 

 

家を買うのは様子見したほうがいいのか?

 

PPW_ienookimono_TP_V

 

 

 

 

 

 

消費税がもし一時的にも0%になれば、

その衝撃は計り知れません。

 

仮に2,000万の家だとしたら、

200万円の消費税を支払わずに

済むのです。

 

大きいですよね。

 

本当に消費税が0%になったとしたら、

家や車を買い控えていた人たちが

殺到するので経済効果はあると思います。

 

私ももしそうなったら、

車を買いたいです。

 

しかし、

 

住宅の場合は万が一消費税が

0%になったとしてもあまり

 

お得にならないだろうと私は

考えています。

 

なぜならその場合は、

 

”消費税0%該当者は住宅ローン減税は

受けられない”

 

となる可能性が高いと考えるからです。

 

ざっくりいうと、

 

年収500万円くらいで

土地1,000万円、建物2,000万円

住宅ローン3,000万円で考えていた人は、

 

消費税0%で減税なしよりも、

消費税10%で減税ありの方が得

だからです。

 

支払い消費税よりも戻ってくる

税金の方が多くの事例で多いからです。

 

土地を買う人は、

土地に消費税が元々課税されないのに、

 

住宅ローン減税は土地部分も対象となる点も

ローン減税が大きく有利な部分です。

 

 

つまり現状の減税メリットも衝撃級

 

 cat126IMGL6366_TP_V

 

 

 

 

 

 

このことを言い換えると、

 

現状(消費税10%)の住宅購入も

事実上消費税0%と同等くらいの

インパクトを既に持っていることが

分かります。

 

住宅ローン減税の仕組みを理解

している人が少なく、

 

あまり知られていませんが、

消費税0%相当クラスの政策が

現在進行中ということです。

 

そして万が一消費税0%になれば

そのインパクトは計り知れなく、

 

住宅購入希望者が殺到すると思いますが、

実は現在のローン減税があるという前提だと

 

①消費税10%で減税あり

②消費税0%で減税なし

 

では①の方が勝るケースが多いという

事実は押さえておいて損はないでしょう。

 

 

実際今後はどうなりそうか?

 

 gftdrsedrftgy_TP_V

 

 

 

 

 

 

今日の記事は個人的な予想が主体なので

あまり役に立たないかと思いますが

(読み物としてお楽しみください)

 

実際は観光業などに特化する形で

消費税0%が実施されるか、

 

それ相当な補助金、給付金が

あるのではないかと見ています。

 

さすがに住宅・車まで対象にすると

おかしなことになってしまいそうで

 

ダメージを深刻に受けた業界の

支援が現実的ではないかと

個人的には思っています。

 

ただ私が言いたいのは、

 

目の前の政策や税率で一喜一憂せずに

そもそも自分の家計がローンを

許容できるかどうかと、

 

コロナショックを受けて、

あなたの勤務している会社が

どれくらいダメージを受けるかを

 

見極めてから行動をしたほうが

良いように思います。

 

家を買ってから、

 

業績不振での賞与カット

最悪会社の倒産というのは、

 

約10年前のリーマンショックでは

日常的に起きていた光景です。

 

目先の損得に決して流されずに、

中長期目線で

 

家計をしっかり防衛できる 

無理のない額で家を建てることが、

いつの時代も王道な考え方です。

 

PS

家づくりを、

 

☑王道のステップで

☑周りに流されることなく、

☑失敗なく

 

進めていきたいという方はぜひ

メール講座をご受講ください。

 

新潟住まいのお金相談室 無料メール講座

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。