新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 【急低下】フラット35金利ダウンの年明け

【急低下】フラット35金利ダウンの年明け


OPP_0001rr00

 

一時期世間を賑わせていた

マイナス金利という言葉。

 

ちょっと懐かしいですよね。

 

2018年は”長期金利”という指標が

マイナス金利を解消し

プラス圏内を推移して、

 

夏から秋くらいにかけてやや

上昇傾向にあったのですが、

 

去年最後の週に再度マイナス金利に

突入をしてしまいました。

 

2019-01-06 (1)

 

経済のことを考えればあまり

好ましいことではないのですが、

 

もしあなたがこれから家を

建てようと思っているのであれば

どちらかというと朗報になります。

 

なぜなら住宅ローン金利も連動して

下がってくれるからです。

 

 

フラット35金利が急低下

 

 

”長期金利”と連動関係になるのは、

変動金利ではなく固定金利です。

 

そのため完全固定金利の代名詞である

住宅金融支援機構のフラット35は、

2019年1月に金利1.33%を付けました。

(※最も多く取り扱いのある金利)

 

2018年12月は1.41%であったので、

0.08%も一気に下げた格好になります。

 

0.08%といってもピンと来ませんが、

3,000万円を35年返済した時に、

 

支払う利息の差は約50万円となり

地味に大きな違いとなります。

 

フラット35の金利が決まるタイミングは

住宅ローンを申し込んだ時ではなく

 

家が完成した時の金利適用になるため

運によって決まるところもあります。

 

今月家が完成する予定の方は、

ただただラッキーという感じですね。

 

うちの相談者の方では、

2月完成予定のフラット35申し込みの

方が数名いるので、

 

このまま低金利の恩恵を受けれるではと

今から期待をしています^^

 

 

下がるか10年固定金利?

 

 

先ほどもちらっと書きましたが、

夏から秋に緩やかな金利上昇時に、

10年固定金利も0.05%上がっています。

 

例えば新潟で圧倒的なシェアを誇る

第四北越フィナンシャルグループでは、

 

10年固定金利は現在のところ

最低0.90%なのですが、

 

去年の夏以前は0.85%であったため

再びこの金利が戻ってくる可能性が

あります。

 

しかも第四北越フィナンシャルグループの

住宅ローンはあなたの健康状態が

現在良好ということであれば、

 

ガンでローンが0円という保険も

金利に含まれるため、

 

かなり割安で大きな保険を買うことが

できます。

 

金利が下がって来ればより割安と

なるため選択肢が増えることは

大変望ましいことです。

 

 

金利適用のタイミングはいつ?

 

フラット35は家が出来た時の

金利適用となるため、

 

あなたに適用される金利は

自分ではコントロールできない

ところがありますが、

 

地方銀行などの場合は、

 

☑住宅ローンを申し込んだ時

☑住宅ローンをスタートした時

 

いずれか低い方の金利が適用となります。

とても良心的なのです。

 

そのため、

 

金利が低下したタイミングで、

申し込みをしておけば、

 

その権利を取っておくことも

可能となるわけです。

 

住宅を着工する直前まで、

10年固定金利と完全固定金利を

併願で出しておいて、

 

その時点での金利を見極めて

着工直前に最終決定するという

方法も不可能ではありません。

 

地味ですが金利が動いているときは

タイミングで数十万円程度の

差が開く可能性があります。

 

今後の状況も注意深くウオッチ

していきますね。

 

===================

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫か?

いくらまでならちゃんと返せるのか?

↓↓

第三者立場から診断します。

https://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

https://niigata-money.com/mail

===================

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。