新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 売却前提か、永住前提かで大きく変わる住宅購入の考え方

売却前提か、永住前提かで大きく変わる住宅購入の考え方

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

 

アパートが手狭になってきたし、

子どもがドンドン音を立てて

回りに気を使うのも疲れてきた。

 

家賃を払うのももったいないし、

子どもが小学校に上がる前に

 

新居に入居完了できるように

家づくりを真剣に考えようか…

 

こんなパターンのご相談が

最近増えています。

 

住宅ローンを長期返済するにあたり

子どもが小さいうちが

 

年齢的にもマイホームを考える

適齢期と言えますよね。

 

ここ最近傾向として目立つのは、

 

立地重視であり家に対しては

そこまで贅沢はしなくてもOK。

 

今後のライフプランがどうなるか

まだ分からないから、

 

あとで比較的自由になれる不動産を

購入したい!

 

というニーズです。

 

今日はこのような時には、

どのような住宅購入がベスト

なのかを考えてみましょう。

 

 

 

ライフプランを圧迫しない住宅購入とは?

 

architecture-1857175_1280

 

 

 

 

 

 

買った時の金額と売った時の金額。

 

端的に言うと、

 

この価格差ができるだけ小さいものを

選択すればあなたの人生で、

自由度が増えるわけです。

 

なぜなら将来的に家を売ることに

なってもあまり損失が出ずに、

 

うまくやればその期間家賃を

支払っていた時よりも得となります。

 

例えば10年経過後に、

一戸建てに住んでいながら、

家賃を支払っていた状態と

あまり変わらなかった、

 

もしくは家賃を支払った時よりも

得だったとなれば、

 

一戸建てを購入するメリットも

確かにありますよね。

 

10年後に転勤することになったり、

 

あなたが長男・長女でリタイヤ後に

将来的に実家に戻る予定があったり

 

親の介護で実家か実家の近くに

住むことになったり、

 

どうしてもご近所とうまくいかなかったり

したときに、

 

家を気軽に手放せる状態であれば

(損失があまり出ない状態)

 

人生の自由度は大きく変わりますよね。

 

 

どういう家がそうなるのか?

 

dices-over-newspaper-2656028_1280

 

 

 

 

 

 

 

ストレートに言うと、

 

・公共交通機関のアクセスが良好

※駅やバス等

・病院、クリニックが近い

・スーパー、コンビニが近い

・小学校が近い

・道路が広い(なおかつ市道)

 

 

という条件のいい土地に、

家を建てることです。

 

かつ、家にあまりお金をかけすぎない。

これがポイントになります。

 

中心部の好立地は、

価格が下がるどころか近年は

上昇傾向にあり、

土地への投資は後に“売る前提”で

あれば最も有効な策となります。

 

残念ながら建物は年々減価しますし

こだわりの注文住宅は、

 

万人受けはしませんので、

あまり価格には反映されません。

 

たまたまあなたの嗜好にマッチした

買い手を見つけられれば大きく

減価しない可能性もありますが、

 

その可能性は大きくなく

希望値で売るのにも時間が

かかってしまうか、

 

見つけられないという可能性が

あります。

 

つまり極論を言うと

好立地の建売住宅ですと、

 

・土地の価格は安定している

・建物の初めの価格が安い

 

ということになるので、

売却前提でとりあえず一戸建てで

あれば合理的な選択肢となります。

 

 

 

ただし、住み心地は別

 

construction-4279148_1280

 

 

 

 

 

 

 

割り切って後の資産価値重視で行けば

土地に投資する方向性で間違って

いないわけですが、

 

ここで悩ましいのが家の

住み心地となります。

 

例えば建売住宅で合理的な

選択肢を撮った場合には、

 

・自分たちの生活に間取りが

完全にフィットしない

 

・建物の性能は当然しっかり

作っている住宅に劣る

 

・物件によっては結露しやすかったりする

 

・日当たりまで考慮されて設計

されていないことが多く、

日当たりや通風がイマイチの場合も

 

など、

 

建物を合理的に建てて

コストダウンをしている分、

しわ寄せもあるわけです。

 

これらのマイナスポイントを、

できるだけクリアできる物件であれば

資産価値としては強くなりますので

 

表面上だけの情報だけでなく

実際に見てみるというのはとても

重要なこととなります。

 

 

 

これと真逆な住宅購入とは?

 

kitchen-2165756_1280

 

 

 

 

 

 

 

土地の値段をできるだけ安く買って

こだわりの注文住宅を建てる。

 

つまり全体価格が、

 

A:【土地 > 建物】なのか

B:【建物 > 土地】なのか。

 

ということです。

 

Bの場合で、建物の方が大きく価格が

付いている場合は、

 

総じて売却時に希望の通りいかなく

住宅ローン残高よりも

売却後の手取りが低く、

 

身動きがとれないケースが

多くなります。

 

ここが都会と新潟の大きな違いです。

 

この場合、後の自由さというのは

著しく低いため、

 

“自らが永住前提”

 

でないとライフプラン上、

きついことになります。

※後で希望値で売りにくいから。

 

家を買う時に、

 

あなたの生涯設計上、

 

①    あとで売る可能性があるのか?

②    全くなくて永住前提なのか?

 

特に①寄りである場合なのに

②寄りの住宅購入をしてしまうと、

 

ちょっと大変になりますので

お気を付けください。

 

PS

 

どの方向性でいくにしても、

自分の家計状態や住宅業界のことを

知っておけば失敗する可能性は減ります。

 

住宅を購入しても自由でありたいなら

メール講座で学んでみてください。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。