新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 再来?フラット35の金利引き下げ

再来?フラット35の金利引き下げ


OPP_0001rr00

 

今から5.6年くらい前・・・

 

とても流行っていた住宅ローンがあります。

 

明らかに有利だったため、

住宅会社も積極的にその商品を

進めていたのです。

 

私が住宅営業をしていた時も

半分以上の方が一時期その

住宅ローンを申し込んでいました。

 

それは何かというと、

 

”フラット35”という

完全固定の住宅ローンです。

 

住宅ローンの金利が最後まで

変わらないことに加えて、

 

最初の10年間の金利をさらになんと

 

”1%”

 

も引き下げをしていたからです。

 

今はフラット35の金利が下がったので

1%も引き下げをしてしまうと

ほぼ0%になってしまうことから

 

引き下げ幅は最初の10年間が0.25%

のみとなりました。

 

しかしここにきて・・・

 

 

来るか追加金利引き下げ

 

 

消費税が10%になったときに、

個人最大の消費である住宅購入が

冷え込まないように、

 

年末に向けていま優遇策を

どうするかを国が揉んでいます。

 

個人的な予想では、

結構のインパクトなものが

来るのではないか!?

 

と見ています。

 

その一つにあるのが、

 

”フラット35の金利引き下げ”

 

です。

 

というのも、

 

”消費税率引上げに伴う需要変動への対応”

(むずかしい言葉ですね)

 

という公的な文章の中に、

 

”住宅金融支援機能の金利優遇”

※フラット35のこと

 

を検討するという文章が

織り込まれているからです。

 

今は高性能住宅に限って

(といってもクリアするのは

そんなに難しくない)

 

最初の10年間の金利が0.25%

引き下げになるのですが、

 

さてこの幅が拡大するのかは

注目に値するところです。

 

 

少し前は金利引き下げ幅が0.6%だった

 

 

フラット35の金利は、

特別優遇で引き下げ幅が

 

1%だったものが、

0.6%まで縮まり今は

0.25%まで縮まりました。

 

となると考えられるのは、

 

0.25%の金利引き下げが

このまま延長されるというのが

最も無難なシナリオとなります。

 

0.25%の引き下げだと、

変動か固定か悩むところで、

 

表面的な安さから変動金利を

選ぶ人の方が多い現実は

今と全く変わらないかと思います。

 

しかしこの引き下げ幅が、

0.25%より大きくなって、

 

例えば引き下げ幅が

0.5%くらいになったら

 

固定のシェアが大きく盛り返す

ことが予想されます。

 

 

ゼロベースの人は年明けまで待とう

 

 

消費税増税後の緩和措置が

具体的に発表されるのは12月。

 

今既に計画を進めている人は

そのまま進めてしまった方が

良いですが、

 

まだゼロベースの段階にいる方は

色々の発表を見てから今後の

 

戦略を組み立てていった方が

良いでしょう。

 

5%→8%の時もそうでしたが

 

『世帯収入が高くて、住宅ローンをたくさん借りる人』

 

は総じて増税後が有利になる

可能性が高いです。

 

2,500万円の家を買うと掛かる

消費税増税分2%は50万円ですが、

 

この50万円を一撃で吹き飛ばす

大胆な発表が来る気がして

なりません。

 

今のうちからお得に住宅購入を

するために準備をしておきたい方は

 

まずは無理のない自分たちの借入額を

知っておくことをおすすめします。

 

消費税でお得どうこうではなく、

そもそもあなたにとって無理のない

 

範囲内で買うということを

忘れてはなりません。

 

===================

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫か?

いくらまでならちゃんと返せるのか?

↓↓

第三者立場から診断します。

https://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

https://niigata-money.com/mail

===================

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。