新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 【臨時】台風19号への備えについて

【臨時】台風19号への備えについて


OPP_0001rr00

こんにちは。

台風19号の新潟県への影響が心配されています。

工務店の社長さんからの台風についての備えについて

情報を頂きましたのでシェアいたします。

尚、私から(独立後)火災保険に加入頂いている方は、

基本風災害は付保しています。

状況にもよりますが金銭的な損害は、

補填できる可能性が高いので

まずそこはご安心ください。

いずれにしても被害確認は台風経過後にして

原則自宅待機しましょう。

以下はシェア情報です。

<事前の準備 >

・断水に備えて、浴槽やバケツなどに水を貯めておく。

・充電できるものには充電しておく。

・水、電池、食糧のストックをしておく。

ガスが止まることもあります。

カセットコンロ、カセットガスもストックがあると安心です。

・停電の際に慌てないように、懐中電灯など分かりやすい場所に出して置く。

・電気が通じていないと当然ながらTVやインターネットは使えません。

携帯も通じない可能性があります。

情報はラジオが頼りになることもあります。

ラジオを聞くことが出来るか確認をしておく。電池切れに注意。

・火災保険内容を確認。風災に対しての補償がされているか?

(上記の通り)

・建物の周りで不具合が無いか確認。

雨どいや外壁が外れそうになっていたら、工務店へ連絡。

応急処置を案内してもらえます。

・家の車のガソリンは、満タンにしておく。

・雨戸やシャッターがある場合は閉める。鍵もかける。

・外部の風で飛びそうなもの

(日除けタープ、よしず、すだれ、物干し竿

植木鉢、ガーデニング用品、ガーデンなど)

内部に取り込むか、下に下ろし、風で飛ばないようにする。

自転車が飛んでいってしまう場合もあります。

自転車にもロープをかけるなど対策する。

・窓のカギをかける。突風で窓が開いてしまう可能性もあります。

一か所でも窓がが開いてしまうと、

建物内に急激な圧力差が生じて、

他のガラスが吹き飛ぶ可能性もあります。

・避難勧告が出たら、暴風に入る前に迷わず避難。

暴風に入ってしまっていたら、家の中で安全と

思われる場所で通過を待つ。

土砂災害や浸水の恐れのある場合は2階、

暴風の危険のある場合は1階中央または風下側。

<台風通過中>

・もし被害が出ても、暴風時間には外には出ない。

大きなトタン屋根が飛んでくることもあります。

命が大事です。

・暴風時間内に窓や扉を絶対に開けない。

様子を見ようと窓や扉を開けてしまうと、圧力差で窓や扉が吹き飛びます。

<台風通過後>

・もし被害が確認出来たら、写真を撮る。

おおよその時刻をメモしておく。

(保険請求時に必要)

・工務店へ連絡する。

緊急性の高い物件から順に対応となる。

・火災保険会社に被害状況を連絡。

なかなか連絡がつかない可能性が高いです。

被害の状況写真が残っていれば、大丈夫なので慌てない。

・被害状況を極力多く写真を撮る。

全景、中景、近景などいろいろ撮っておく。

周辺(ご近所)の様子も撮っておく。

室内に被害がある場合は、家財保険加入者は

補償されますので、写真を撮っておく。

弊社も本日10月12日午後から

10月13日明日一杯念のため

臨時休業させていただきます。

私から火災保険に加入されていた方で

被害に遭われた方は落ち着いてからで

大丈夫ですのでメッセージをください。

※上記の通り被害の記録だけ台風通過後に

なるべく詳細に残しておくことが

円滑な保険金請求に繋がります。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。