新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンを返すために働き続けるのは幸せか?

住宅ローンを返すために働き続けるのは幸せか?

OPP_0001rr00

 

「若い時から保険のこととか、

お金のことをしっかり考えていたら

 

今頃1,000~2,000万円くらい

簡単に貯まっていたんだろうな。」

 

この言葉は最近、私の父から

言われた言葉です。

 

父は、形式上は定年をして、

現役時より給与が減った状態で、

働き続けています。

 

一方で母も、

老後のためと60歳を過ぎても

パートを続けています。

 

父は新潟の会社のサラリーマンで、

母もずっとパート勤務でしたので、

いわゆる新潟の平均的な家庭です。

 

細かい家計状況は分かりませんが、

 

「住宅ローンは退職金で何とか

完済をしたけれど、

 

老後の蓄えが少ないので、

可能な限り働こうと思っている。」

 

何となく話を聞く限りこんな

感じだと思います。

 

実際60歳を超えてくると、

自分の思った以上の体が言うことを

聞かなくなってきているようで

 

65歳まで働き続けるという

当たり前のようなストーリーは、

 

誰もが絶対にできることでは

ないということを実感しました。

 

 

60~65歳の労働について

 

 

 

父の細かい家計は知らないので、

感覚でしかないのですが、

 

65歳まで働くことができれば、

その貯蓄が老後資金になり、

 

そこまで贅沢はできなくても、

普通には暮らしていける・・・

 

という結果になるんだと思います。

 

おそらくこれは、

 

私は両親が20代半ばの時の

子どもなので、

 

教育費の支出が割と早期に、

終わったことと、

 

住宅ローンをそんなに多く

組んでいなかったことが、

 

最大の要因だと思っています。

 

私の実家は郊外にあり、

両親の実家から離れており、

 

とにかく価格重視で購入を

したそうです。

 

この2つがあり、

60歳~65歳までの労働は、

必須ではないがしたほうがいい。

 

家計分析をするときっとこのような

状態になっているのだと思います。

 

感覚的なものが“たまたま”

合っていただけとも取れます。

 

 

65歳まで労働しないと破たん

 

 

私は仕事柄これまで何百もの

家計を見てきました。

 

この時に半分以上の方が、

 

住宅ローンを組んだ場合、

夫の65歳までの勤務は必須。

 

このような現実になっています。

 

今の時代は65歳まで働くのが

当たり前のような空気ですが、

 

これらの大前提は実際のところ

私の両親を見ても、

同年代の相談者の方を見ても、

 

当たり前にできることでは

ないということを最近感じます。

 

健康であることが大前提ですが、

自分にはコントロールできない

 

体調面に支障がでたときに、

現実的に働き続けることはできません。

 

つまり健康面が大きく崩れて

しまった時には、

 

一気に家計崩壊の引き金に

なってしまうということです。

 

 

保険は一時的なものでしかない

 

 

保険に入っているといっても、

保険で出る金額は、

 

あくまでも一時的なものであり、

住宅ローンはたちまち払えなく

なってしまいます。

 

最近は病気になるとローンが

減額されたりなくなるという

住宅ローンも増えてきましたが、

 

完全にゼロとなる要因は、

思ったより条件がきつく、

早々簡単にうまくいくものでは

ありません。

 

なので一言で言うと、

保険は医療費の実費くらいは

出ますが、

 

その後の生活を支えるものまでは

あまりあてにならないということです。

 

ここまで保険で担保しようとすると、

月々の保険料が数万円になってしまい

 

そもそも老後まで辿り着くことが

できません。

 

 

リスクを見ればきりがないが・・・

 

 

あまり悲観的なことばかり考えても

仕方がありませんが、

 

「じゃあ昆さん、

安全を見て夫婦ともに60歳までの

 

勤務のシミュレーションで作って

みてください。」

 

となったときに、

 

半分以上の方が希望する、

住宅は無理ですという結果に

なってしまうように思います。

 

これらを考えたときに、

あなたの人生において

 

最も大切なことは、

健康管理に尽きるわけです。

 

こう考えたときに、

 

ストレスが多い仕事や、

体力的にきついと感じる仕事を

あなたが行っているようであれば

 

65歳までの勤務が大前提で

住宅ローンを組むことは、

 

とても危険な行為なのかも

しれません。

 

住宅ローンを組む前に、

仕事のことや借入額が過多に

なっていないかどうかを

 

一度だけでいいのでぜひ真剣に

考えてみてください。

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。