■■ここに該当のコードを入れます■■

所有する不安、賃貸の自由

顔写真

 

住宅営業っぽくなるので、

書くのを少しためらうことがあります。

 

しかし事実なので、

あなたにも知ってほしいのです。

 

それは、所有しないで

賃貸であったほうが得というのは

必ずしも正しくない話。

 

住宅ローンを組んで返していけない

くらいなら

 

このまま賃貸でいいやというのが、

一般的な考え方ですが、

 

実はこれ、答えになっているようで

答えになっていません。

 

今から重要な真実をお伝えします。

 

赤字になる家計は、

 

『所有しても赤字になるし

賃貸のままでも赤字になります。』

 

もう一度言いますね。

 

『賃貸のままでも、

そもそも家計が管理されていなければ

いずれ赤字になる』のです。

 

家を買わないからといって、

家計が大丈夫というのは、

何の根拠もないのです。

 

 

賃貸派の自由

 

 

家族で住めてみんな満足できる賃貸は

それなりに費用がかさみます。

 

家族が増えれば面積に比例して、

家賃も上がっていきます。

 

しかし賃貸派の最大のメリットは、

今の家賃が払えなくなったら、

安いところへ引っ越せばいい。

 

家賃が払えなくなったら、

実家に戻ればいい。

 

という“我慢”を出来るのであれば

緊急処置が打てるという点です。

 

しかし実家を継いだ場合は、

いずれ“所有”に切りかわり、

 

築年数の契約した修繕コストの高い家を

 

“所有”し、

 

固定資産税や火災保険を支払うこと

になります。

 

老後の負担を見たときに、

人生で家に対する総合支出は、

結局高く付いているかもしれません。

 

もう一歩踏み込んで人生の長い

スパンで検討してみての

判断も必要でしょう。

 

 

所有派のプレッシャー

 

 

一方で家を買いローンを組んだ場合は、

ローンを返していかなければなりません。

 

何ともいえない固定支出の重圧ですね。

 

ここで心配になるのが、

 

・今の仕事をずっとやっていけるか?

・職場はつぶれないのか

・健康状態は大丈夫なのか?

 

こういった不安ではないでしょうか。

 

不安を抱えたままローンを抱えるのは、

確かに心配ですが、

 

これらの不安は所有でも賃貸でも、

消えゆくことはありません。

 

結局のところ行き着くのは、

”働いて収入を得る”しかないという

点は変わらないのです。

 

この不安を解消するポイントは。

 

・スキルアップし転職ができる人間になる

・職場から求められる人間になる

・健康に気を付けて運動をする

 

これしかありません。

 

人生には住宅コストはつきものですから、

 

“身の丈にあった金額”

 

になっていれば所有しても、

過剰に心配することはないのです。

 

 

PS

 

心配や不安に思うのは、

とてもいいことです。

 

それだけあなたが一生で一回の

大きな買い物を真剣に考えている証拠。

 

これを機会に人生をじっくり考ると、

仕事を対する“覚悟”ができるのかも

しれません。

 

その結果、人生は好循環するはずです。

 

多くの恩恵を家庭・家計が

受け取ることができるでしょう。

 

お金の心配は努力すれば、

消し去ることができるのです。

昆 知宏
新潟住まいのお金相談室代表。新潟の住宅会社の営業マンとして働いた後、売り手の立場ではなく買い手の立場に立って住宅購入の相談ができる場所を作る為に独立した。

保険や住宅を売ることを目的にしない住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、100%顧客サイドで顧客の理想とする家を安心・納得して買えるようにアドバイスを行う。そのスタイルが支持され、新潟県全域から年間100件以上の相談依頼を受けている。

関連記事