■■ここに該当のコードを入れます■■

悲しきウソのライフプラン

「無料なのでサクッとしてみませんか?クイック診断できますよ。」
「無料なんですか?じゃあ、お願いします。」
ということで頭皮をチェック(笑)。ついでのうちの子もチェック。

IMG_5011

親子ともに異常なし。
ああ、よかった(笑)これ、先日産業センターで行われた育児フェアの出来事です。

IMG_5013

ものすごい人。
妻はママ友と遭遇しまくり、私も小学校の同級生と会ったり新潟市のパパママ参加率半端ないなと思いました。
(※ちなみにこれはコロナ前の出来事です)

サンプルをもらいまくってイベントから退却・・・。なかなか面白いイベントでした。

クイック診断の危険性

さて、こういう無料診断はあくまでも超簡易的なもの。
無料診断はとりあえず接点を持ち、個人情報をゲットしセールスするためのツール
そんなことは分かっています。

だって無料ですから。いつまでもそれを繰り返していては商売になりません。
もちろん興味本位でする分には問題ないのですが個人的に最近気になっていることがあります。

それは家計のクイック診断。
よく住宅のイベントでしているあれです。

「無料でライフプラン作成します。」的なイベント。

あなたも気になったことがありませんか?
私も独立当初、業務提携を打診されまして住宅会社から「クイック診断をしてください」と言われました。

しかし、断りました。

なぜなら、クイック診断なんてそんな無責任なことはできないからです。
基本的にハッピーな雰囲気に包まれる会場内で、もしガチで診断したら「すぐには家を建てないほうがいいですね」となる可能性もあるけどそれでもいいですか?って主催者に正直に言いました。。。

・・・。

ダメに決まってますよね。
二度とお声がかからなくなりました(笑)

大切なことは決まって面倒

新潟住まいのお金相談室でライフプラン表を作成するときは、かなり細かく情報の聞き取りを行っています。
収入とか支出のデータを用意してもらってとか、価値観等もお聞きしていきます。

収入も給与明細を見ながら手当部分を分析したり、賞与のふり幅も分析したりします。
今後の転職可能性もお聞きします。載っている車の車種や、今後の乗換サイクル、車好き度合いなどもお聞きします。

子どもが生まれたら仕事をどうしたいのかもお聞きします。
家庭の変化によって、今の収入が永久に続く保証なんてありません。

支出だってそうです。
子どもが生まれたら支出は増えます。

聞き取ったもの以外にも、予想される余分な支出を経験から分析します。
だってそうでないと、シミュレーションを作っても全く持って意味がないからです。

正直に言うとこういうシミュレーションは、聞き取った情報を適当に平均値などを入力してもそれっぽく誰でも簡単に作れます。
生活費の入力が「おおめ」「普通」「倹約」とかわずか3択のようなやり方で作れるものもあります。こんなの意味がありません。

そんな感じでクイックで作ったライフプランの精度は甘くあなたの未来予想図には全くならないのです。

会場でいきなり会って十分な情報でライフプランを作っても全く意味がないし、むしろその程度のものを信用して家を建てたらとんでもない未来が訪れてしまうことになりますよね。

あなたが一番欲しい情報は?

私が頭皮チェックした時に一番欲しかった情報は、この先も頭皮が安全で髪が減らないかどうかです。
男性ならきっとみんな共感できますよね。もしその危険性のシグナルがあるなら、事前に対策を打ちたいと思っています。(本気で)
その危険性が高いならいっそ、ボウズでかっこよく見えるように研究をはじめます。(本気で)

あなたが誰かにライフプラン作成を頼む時はどうですか?
きっと家を建ててからも、返済に問題がないのかを知りたいのだと思います。
単刀直入に住宅ローン破たんしないのか、そのリスクはどれくらいありそうなのかを知りたいということだと思います。

それを知るためには、それなりに用意いただく情報も必要になります。
分析にかかる時間だってかかります。

ヒアリングシートを使ってパパッと聞いてその場で診断することには無理があります。
家を建ててからもお金に困らない生活を送るために、クイック診断は実は真逆な方向に向かってしまうことがあります。

ライフプランを作るには特別な資格は必要ありません。
ファイナンシャルプランナーの資格がなくても作れます。
資格があったとしても正確なプランが作れるとも限りません。
机上の空論や一般論ではなく、専門性と実務経験から導きだす正確な情報が大事と私は考えます。

少なくても何かを売る目的が明確はクイック診断は避けるべきと言えます。
大切なことを調べる前に、その信ぴょう性があるのかどうか?じっくりと考えてみて下さい。

PS

最悪なのは住宅を購入しても大丈夫なのように数字を上手くコントロールされたライフプラン表です。
つまり”うそ”ってことです。もちろんすべてが、そういうわけではありませんがそういうものが存在します。

こういう情報を、あなたが手にしてしまう可能性があることも事実なのです。
私はそういう現状に疑問を感じ、独立したという経緯があります。
人生を左右しかねないライフプラン作成を営業ツールのようにあまりにも軽く見ていることに、頭にきたのです。


みんなが大好きなクイックでも無料でもありませんが、事実にしっかり向き合って無理のない借入金額を把握されたいというあなたの希望に私はお応えします。もしあなたが本気で家計に向き合いたいと思ったらマイホーム診断サービスをご活用ください。

昆 知宏
新潟住まいのお金相談室代表。新潟の住宅会社の営業マンとして働いた後、売り手の立場ではなく買い手の立場に立って住宅購入の相談ができる場所を作る為に独立した。

保険や住宅を売ることを目的にしない住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、100%顧客サイドで顧客の理想とする家を安心・納得して買えるようにアドバイスを行う。そのスタイルが支持され、新潟県全域から年間100件以上の相談依頼を受けている。

関連記事