■■ここに該当のコードを入れます■■

家づくりのお金を決める前に実行すべき家計の見直し術

いよいよ始まった通信費革命。

DoCoMoのahamo(アハモ)。

auのpovo(ポヴォ)。

SoftbankのLINEMO(ラインモ)。

楽天モバイル。

大手会社の通信費大幅値下げが始めりましたね。

料金は4社ともほとんど一緒。

アハモは月2,970円。

ポヴォとラインモは月2,728円~(通話5分かけ放題+550円)。

楽天モバイルは月0円~3,278円。

※2021年3月25日時点

アハモは1回5分以内の音声通話定額を

含ませると三大キャリアの中では最安。

ポヴォとラインモに同様オプションを

つけると3,278円。

楽天の最大料金と一致します。

電話を使わないでLINE通話などの

ネット回線を使うのであれば

アハモより他社が安くなるみたいですね。

といっても微差なのでどれでもいい

ようには思います。

私は長らくauユーザーだったので、

手続きが一番ラクという理由で

結局ポヴォの申請を行いました。

テザリング対応していて

1日200円追加すると無制限で

通信できることも魅力でした。

外でネット回線につなぐ機会は

そんなにないのですが、

気分転換に外で仕事をするときは

重宝しそうですね。

それでもう今はもう手放しましたが

ポケットWi-Fiもいらなくなりそう。

これをうまく使うことで

家で仕事をしないような方は

いわゆる家Wi-Fiの固定費も

削減できるような気がします。

家Wi-Fiは月5,000円くらいしますしね。

今年の家計の見直しのトレンドは

間違いなく総合的な通信費となりそうです。

キャッチコピーは、月3,000円で100万円!

coins-1523383_1280

たかが、3,000円。

されど、3,000円。

毎月の3,000円ってそれほど

インパクトがないのですが、

住宅ローンにすると100万円相当

なんですよね。

どういうことかというと、

住宅ローンを1%程度の金利で

35年返済した場合の月々の返済。

これが3,000円で100万円相当になります。

つまり借入額を100万円増やすと、月々3,000円上がります。

借入額を100万円下げると、月々3,000円下がります。

家づくりを本格的に進めていくと

分かるのですが、

100万円でできること・できないことって

結構多いのです。

キッチンやお風呂、洗面のオプション。

例えば家事ラクセットの典型である

・外国製の洗浄力の強い食洗器

・最近人気のガス乾燥機「乾太くん」

・全自動お掃除ロボット

合わせて本体設置費用で100万円で

おつりがくるレベル。

カーポートと物置、フェンス。

こんなのも100万円くらいかな。

なくても生活はできるけれど、

あったら生活の質が大きく変わる。

こういうのってちょうど100万円くらいなんですよね。

家づくりって夢が広がるのですが、

理想と現実のギャップに途中から

苦しめられたりするのです。

要望を諦める前に家計改善しませんか?

analytics-3265840_1280

さっきの話に戻ります。

家の予算が100万円アップがどうしても厳しい。

苦渋の決断で家の仕様やオプションを

諦める前にしてほしいことがあります。

それは家計の見直し。

例えば通信費を3,000円削減すれば

住宅ローンを100万円多く借りても

全体で見れば今までの家計と一緒。

ただ面倒くさくて携帯の料金プランを

放置していて無駄にお金を払うよりも

最初に「エイッと」手続きしてしまって

その分を生活にゆとりをもたせたほうが

どう考えてもいいですよね。

家づくり前であればそれを家事楽セットに

化けされることもできます。

通信費だけではありません。

その他にも家計であまり使っていない

サブスク払っていませんか?

クレカの年会費。

クラウドの維持費。

アマプラ。

アプリの使用料。

油断するとあっというまに

サブスク沼にはまってしまいますよね。

こういうのを整理するだけで

家に使える予算というか、

今までと同じ支出なのに

より重要のものへ回せる予算が

100万円単位で変わってくるよということです。

「いい話聞いたなー」で終わらないのが大事

books-1245690_1280

しかしながら80%以上の方は

そうしようと思っていても

実際に実行まで至らないみたいです。

それは面倒だからですね。

考える事や手続きが面倒。

分かります、分かります。

今までだってキャリアが安いプランを

出さなくても格安SIMが山ほど

ありましたからね。

それを知っていても良く分からないし

面倒という理由で私もやりませんでした。

ひどいものだとサブスクの

ログインパスワードさら怪しく

なってるものもあります。

無料期間につられてなんとなく

継続しているサブスクって油断すると

増えてしまうものです。

しかしいざ心してやってみれば

最初に多少時間を使うだけであっという間に

継続課金は下げることができます。

今後支払っていく累計を考えれば

作業量に対して抜群のコスパですよね。

そういう意味でもとりあえず

もしあなたがキャリア携帯を使っていて

旧料金プランのままであれば

この機会は絶対に行動しましょう。

特に家づくり前であればその分の費用を家も回すも良し。

回さないで家計をラクにしても良い。

インパクトは、ばかにできませんよ。

PS

私は家を建てる前に家計の現状を

把握することをおすすめしています。

というかわざわざ時間をかけて

家計の現状を把握する機会って、

家づくりの時を逃すと

生涯でもうそういうことって

考えないと思うのです。

やるとすれば子どもの教育費が

かかったときに考えると思うのですが

その時ってもう手の打ちようが

ないんですよね。

事前に分かっていれば長い時間を

かけてお金を貯めることができますが

必要なときにお金がなくて

それでもお金を用意しなければ

ならないとなると、

”借りる”しか選択肢はありません。

住宅ローンにプラスしてローンが

ダブル、トリプルってなると

まあメンタルは楽なものではありません。

あなたが今だったら、

人生で一番大きなローンを組む前だったら

あなたの未来はどうとでもできます。

あなたがコントロールできます。

だから私は家を建てる前に、

お金のことをしっかり現実を

把握することをオススメしています。

それを踏まえて無理のない家の予算や

家計削減のポイントなどを知りたい!

とあなたが思ったのであればぜひ

新潟住まいのお金相談室にいらしてくださいね。

昆 知宏
新潟住まいのお金相談室代表。新潟の住宅会社の営業マンとして働いた後、売り手の立場ではなく買い手の立場に立って住宅購入の相談ができる場所を作る為に独立した。

保険や住宅を売ることを目的にしない住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、100%顧客サイドで顧客の理想とする家を安心・納得して買えるようにアドバイスを行う。そのスタイルが支持され、新潟県全域から年間100件以上の相談依頼を受けている。

関連記事