新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 家づくりの希望予算3,000万円が中々うまくいかない理由

家づくりの希望予算3,000万円が中々うまくいかない理由


OPP_0001rr00

 

5年前に家づくりを考えていた人も

今これから家づくりを考えている人も

 

予算目安としている一つの

ベンチマークがあります。

 

それは、

 

【土地建物総額で、3,000万円】

 

という予算設定です。

 

3,000万円の予算というときに、

あなたがイメージするのは

 

土地が1,000、建物が2,000万円。

こんな感じではないでしょうか?

 

...少し前の話をします。

 

私が家を建てた時は、まだ消費税が5%でした。

 

家を建てる時に3社にプランと見積もりを

お願いしたのですが、

 

そのうち2社は希望通り2,000万円を

切って提案をしてくれました。

 

いわゆるローコスト系でもなく、

規格系でもなく要望がしっかり入った

 

注文住宅だったのに2,000万円を

切って提案することができていた。

 

いい時代でした。

 

そう、これはもう過去の話になって

きています。

 

 

2019年の土地建物3,000万円の実際

 

 

ある程度の性能も担保して、

間取りも自由に決めていきたい

いわゆる注文住宅をしっかり作りたい。

 

こんな要望をあなたがお持ちだとすると

家族4人暮らしサイズに家を想定すると

 

最近は建物2,300万円税込みくらいが

実際の平均値となっていました。

 

しかし消費税増税による価格アップ、

消費税増税のチャンスを生かしての

(材料供給の企業側にとっては)

 

定価の値上げなどがあり

いわゆる満足度が高い注文住宅の

価格最低ラインがじわりじわりと

上がってきています。

 

感覚値としては、これが2,400万円

ベースあたりに上昇している。

 

こんな感じです。

 

そうなると総額3,000万円の予算で

見た場合は、

 

単純計算で土地の費用が600万円。

 

郊外ならいけますが、

新潟市でいうと中央区は当然圏外、

東区、西区、江南区も圏外。

 

こんな感じでイメージしていた予算との

ギャップを生んでいるというのが、

現在の新潟の家づくりの現状です。

 

 

何を妥協するか?

 

 

予算を絶対重視する場合は、

当然ながら土地か建物を妥協する。

 

この選択肢になります。

 

建物を妥協してもいいというのであれば

建売住宅を購入すれば圧倒的に

住宅購入コストは下がります。

 

またローコスト住宅であれば

2,000万以下も建築が可能なので、

 

土地が1,000万円程度に収まれば、

土地建物3,000万円も現実的です。

 

データだけで言えば

新潟で新築を建てる人の圧倒的多くが

この選択肢を取られています。

 

しかし、

私なんかもそうだったのですが

 

「せっかく家を建てるならある程度は

こだわりたいよね。」

 

となれば、土地建物3,000万円は

今は現実的に厳しくて、

 

500万円ほど予算超過して

くるのが実際です。

 

 

無理のない購入金額を把握する

 

 

この時に私がお伝えしたいのは、

土地建物3,000万円のなんとなくの

予算設定ではなくて、

 

実際に無理のないところはどうなのか?

は知っておいた方がいいということです。

 

家庭によってケースバイケースなのは

もちろんなのですが、

 

例えば世帯年収が700万円ほどあれば、

3,500万円であっても無理ではない

というケースはよくあります。

 

家を少しでも安く買うのもいいですが、

妥協しすぎてしまうと後になって

後悔してしまうことになります。

 

その時にやり直しがききません。

 

3,000万円でも3,500万円でも、

人生をかけた大きなローンであること

には変わりはなく、

 

答えを言ってしまうと、

返済計画や今後の収支計画に問題があれば

 

3,000万円でも3,500万円でも

返済できない時は返済できません。

 

借金500万円の違いがライフプラン上の

大きな違いになるという感じではなく、

 

そもそも数千万の借金をすること

自体が危ないという結果になる方が

実際の診断結果としては多いのです。

 

これは大事です。

 

家が欲しいと思ったなら、

無理のない範囲を把握して

 

大丈夫であれば長く快適に住めるものを

買った方がきっと満足は高い。

 

返済が厳しいかもと思って、

少しでも安く家を買っても、

 

大きな借金であることには

変わらないので数百万円安くしても

 

そもそも返済がきついのは

変わらなかったりする。

 

(何度も言いますが、ここが大事!)

 

根拠のあるあなただけのベンチマークを

しっかりと持ちましょう。

 

===================

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫か?

マイホーム予算診断はこちら。

↓↓

https://niigata-money.com/

※実際にマイホーム予算診断サービスを

してみた方の感想・評価はこちら

↓↓

https://niigata-money.com/voice/

===================

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。