新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > ネット銀行の住宅ローンより安い!?第四銀行の15年、20年固定金利ローン

ネット銀行の住宅ローンより安い!?第四銀行の15年、20年固定金利ローン

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

 

「金利どうする!?

変動がいい?固定がいい?

ん~悩む、どうしよう。。。」

 

家づくりの話が進んでくると

必ずと言っていいほど悩むこと。

 

それは住宅ローン金利決定問題。

 

それぞれメリット・デメリットがあり

金利選択はとても悩みますよね。

 

変動金利は初めは安いからいいけど

その後の変動が予測不能なため、

 

人生最大の借金をコントロール

できないリスクを持つ反面、

 

金利が上がらなかった場合の

支払う利息を極限まで抑える

メリットがあります。

 

一方で、

 

固定金利は変動金利と比較すれば、

3,000万円の借金をすれば、

 

月々の返済額は1万円近く

上がってしまい変動と比較しての

当面の損は確定するものの

 

ローンを組んだ後に金利が絶対に

変わらないという安心感があります。

 

これは大きいですよね。

 

ローンを組んで数年後に金利が上昇

したとすれば固定にして

良かったとなるわけです。

 

 

折衷案になってそうでなってない10年固定

 

mny0137-001

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでよくありがちなのが

どちらにも決められないから

 

間をとって「10年固定金利にしよう!」

という選択肢です。

 

10年固定金利は、

借金の金額が多い初めの10年の

金利変動を確実に防ぎながら、

 

10年経過後または金利上昇しそうな

タイミングを計って借り換えなどを

視野にアグレッシブに動いていく、

 

ある程度上級者向けの住宅ローン

とも言えます。

 

20年返済くらいで考えていれば、

半分を固定できるので悪くないですが

 

35年返済で考えた場合は

金利が上がりそうなタイミングを

事前で捉えることは難しく、

 

狙った通りにいく可能性はほぼ

ありません。

 

このような場合結果的に、

悪手になってしまう可能性が

高いと言えるでしょう。

 

10年固定がベストになる家庭は

限られるということです。

 

 

第四銀行の15年固定、20年固定がリニューアル

 

time-for-a-change-2015164_1280

 

 

 

 

 

 

 

10年固定金利は35年返済の場合は、

全体期間の1/3も固定できていないため

 

折衷案として機能してないことが

分かります。

 

変動か固定か!?

10年固定は中途半端。

 

じゃあどうすれば!?

 

という問いに対して、

第四銀行さんが期間限定で面白い

商品を出しました。

 

それは、

 

・15年固定

・20年固定

 

です。

 

今までも商品としては

存在していたのですが

 

20年固定が、フラット35の

35年固定よりも高い状態で、

 

メリットがなかったのですが、

大きく金利を引き下げてくれました。

 

2020年5月現在の最下限金利ですと、

 

・15年固定1.00%

・20年固定1.20%

 

フラット35は5月の金利が1.30%

(当初10年は物件によって1.05%)

 

ですから十分に検討できる

ラインになってきています。

 

しかも金利が安いネット銀行の

15年、20年固定よりも

 

第四銀行のほうが安い状態に

なっているのです。

 

フラット35では借りられない

家具家電費用なども第四銀行の

住宅ローンでは借りられるため、

 

自己資金が多く出せないけど

固定金利志向の方には

新しい選択肢が出来たように思います。

 

 

15年、20年固定が合う家計とは?

 

puzzle-1261138_1280 

 

 

 

 

 

 

これらの中期間の固定が合う家計は、

子どもの独立が何年後になるのか!?

 

というのがライフプラン上は

大きく影響してきます。

 

例えば私は一番下の子が2歳なので

10年固定にしたとき、

 

金利が変わる10年後は

まだ子どもは小6くらいですが

 

20年固定だと大学を卒業している

だろうと思われる年齢になります。

 

教育費はある程度終了しているので、

その先は固定でなくなっても、

 

返済に回せる余裕がありそうだったり

ローンを20年も返していれば

残りの元本も少なくなったりするため、

 

金利の影響も受けづらくなっているため

選択肢としては”ナシ”ではないでしょう。

 

しかも第四銀行の住宅ローンには、

50歳以下で健康状態に問題なければ

ガン保険が付くというメリットもあります。

 

あなたがもし固定金利思考であれば、

中期固定とフラット35などの完全固定を

 

諸費用も入れどちらがトクになりそうかを

考える価値があるはずです。

 95501222_3759748387428428_8211263599142764544_n

 

 

地元の銀行からこういった良い商品が

出てくるのは大歓迎ですよね。

 

新潟のリーディングバンクに

これからも期待しましょう。

 

 

PS

 

ただ、いずれにしても言えるのは、

個々の家庭の未来のお金の動きを

詳細に予測しない限りは

 

15年固定がいいのか?

20年固定がいいのか?

完全固定がいいのか?

 

は正確には分かりません。

 

住宅ローンを組む際に、

リスクを抑えつつ何がベストなのかを

じっくりと考えてみたい方は、

 

新潟住まいのお金相談室の

マイホーム予算診断サービス

ご活用いただければと思います。

 

資金計画から考えれば、

家づくりの失敗のほとんどを

防ぐことができます!

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。