新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンは年収の何倍、月給の何割までの支払いが妥当なのか?

住宅ローンは年収の何倍、月給の何割までの支払いが妥当なのか?


OPP_0001rr00

 

Aさんの世帯年収は800万円。

 

住宅ローンの教科書を読むと、

年収の25%までは無理がない

と書いてあります。

 

これを額面上受け取るとこの時Aさんは

なんと住宅ローンを5,600万円も

組んでもOKとなります。

 

5,600万円という予算を見ることができれば

新潟では妥協なく好きな土地に好きな建物を

きっと手にすることができるでしょう。

 

もう自由自在です。

 

しかしこのような方はあまりいません。

 

どうしてでしょうか?

 

それはいくら何でも借りすぎと

みんなが思うからですよね。

 

35年返済にしたって、

月々の返済額は約16万円にもなります。

 

これは相当な重荷です。

 

だからほとんどの方はこんなに

多くの借金をしません。

 

一方で世帯年収に関わらず、

住宅ローンを3,000万円ほど

組む方はたくさんいます。

 

土地と建物の値段がどうしても

それくらいいってしまうからです。

 

 

新潟の住宅価格相場

 

 

エリアや建物の仕様によって

前後するものの、

 

土地を買って家を建てる場合は

ある程度中心部に土地を買う場合は、

 

3,000~4,000万円のゾーンに

多くの方が入ってきます。

 

つまりあなたが家を手に入れたいと

思った時には頭金がなければ

 

ある程度希望を叶えようとすれば、

年収に関わらず3,000万円以上の

借金をする必要があるのです。

 

ここで考えてみてください。

 

世帯年収800万円で5,600万円借りるのと

世帯年収400万円で2,800万円借りるのは

ほぼ同等のリスクがあります。

 

800万円の年収で5,600万円借りる人は

ほぼいませんが、

 

400万円の年収で2,800万円借りる人は

実際かなり多いのです。

 

銀行もお金を貸してくれるので

なんとなく進めてしまうのですが、

ここには思った以上のリスクがあるのです。

 

 

無理のない借入額の考え方

 

 

冒頭にも書きましたが書店などの

ローン関連本によく書いてあるのは、

 

”年収に対して25%まで”が

理想という話があります。

 

例えば、

 

年収800万円であれば、

その25%は200万円となり、

それを12で割り返すと、

 

月々の返済額は166,000円までは

OKという感じになります。

 

この時の借入額は約5,600万円相当です。

 

同じように年収400万円であれば

その25%は100万円となり、

それを12で割り返すと

 

月々の返済額は83,000円までは

OKという感じになります。

 

この時の借入額は、

2,800万円ですからたしかに

 

新潟で土地建物を手に入れられる

いい線を突いています。

 

しかしあなたもご存知かと思いますが、

 

住宅ローンは、

 

”返せる額”ではなく、

”借りれる額”ベースで話が進みます。

 

結果、借入額が過多になる傾向にあります。

 

 

もっと大事な無理のない考え方

 

 

先ほどの計算式は、

あくまでもあなたの年齢が30歳くらい

ということが大前提です。

 

65歳まで働くとして、

あと35年間あるからです。

 

しかしあなたの年齢が35歳、38歳、

41歳と増えていくだけ、

 

無理のない借入額はどんどん

下がっていきます。

 

特に30代中盤でローンを組む場合は、

増えてきた年収に合わせたローンを

組んでしまう傾向があります。

 

給与のピークは55歳で頭打ちとなり、

60歳以降は大きく給与が下がるのが

一般的です。

 

つまり35年ローンの半分以上が、

今よりも年収が低いかもしれない

可能性があるというわけです。

 

今の年収をベースに年収の何倍まではOK、

月給の何割までが妥当かという考え方は

かなり危険ということを覚えておいてください。

 

無理のない住宅ローン返済額を

しっかりと把握したいのであれば

 

大事なのは

 

・あなたのこれからの予想年収

・60歳までの残年数。

・65歳までの残年数。

・退職金予想額

 

となります。

 

一番やっていはいけないのは、

30代・40代の高くなってきた給与をベースに

35年ローンを計算してしまうことです。

 

いいのは最初だけで途端に返済が

苦しくなってしまいます。

 

人は短期的な視点しか見れません。

しかし住宅ローンは人生の半分くらいの

長期でのお付き合いです。

 

家を買ってからお金のことで

苦しみたくないのであれば

 

 

冷静になって慎重すぎるくらいの

資金計画で住宅を購入することが

何よりも大事なのです。

 

===================

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫か?

客観的な数字を知りたい方はこちら。

↓↓

https://niigata-money.com/

 

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座

https://niigata-money.com/mail

===================

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。