新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 住宅ローンのおすすめってありますか?の答え

住宅ローンのおすすめってありますか?の答え

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

「住宅ローンって何がいいんですか!?」

 

これは私が最もよくいただく質問です。

しかし、いつも答えに困ります。

 

なぜかというと”事前情報”なしでは

一言でいうと分からないからです。

 

ただ金利が低いもので良ければ

インターネットの検索で十分。

 

しかし多くの方が結局のところ

ネットで検索した最も安い低金利の

住宅ローンを借りていません。

 

今日現在でネットで調べると、

ジャパンネット銀行の変動金利が

日本最安値のようですが、

 

私は今までこの銀行で借りている人を

一人も知りません。

 

つまり金利が安いだけで住宅ローンを

実際に申し込んでいる人はあまり多くない。

 

こういうことを意味します。

 

ではどんな”情報”が分かればベストな

住宅ローンを導けるのか?

 

今日はこのテーマを考えていきます。

 

 

ベストな住宅ローンを導くための情報とは?

 

customer-experience-3024488_1280

 

 

 

 

 

 

 

私がプロとしてアドバイスを

させていただく際に、

 

ベストな住宅ローンを導くには

以下の情報が必要になります。

 

・年齢

・現在の預貯金

・預貯金のうち頭金に入れる額

・年収(世帯年収)

・現在の健康状態

・購入する物件情報

・土地を購入する場合はそのタイミング

・子どもの教育費をいくらで見込むか

・そして、将来のお金の動きの予測

 

ざっと挙げただけでもかなりの

項目となります。

 

なので初めてあって名刺交換する

ような感じの場面で、

 

「住宅ローンってどこがいいんですか?」

 

と聞かれることが多いのですが、

 

いきなり

 

年齢は?

年収は?

貯金は?

 

なんて根掘り葉掘り質問したら

絶対にひかれてしまいますね、

 

だから何とも言えない感じになります。

 

 

わざわざファイナンシャルプランナーに相談する意味

 

 question-mark-1495858_1280

 

 

 

 

 

一方で私が先ほどの情報をいろいろと

じっくりお聞きしてもよければ

 

将来のお金の動きを明確に予測

することができます。

 

これを業界用語で

 

「ライフプランを作る」

 

と言います。

 

ライフプランを作れば、

 

今後のお金の推移を予測することが

できますので、

 

住宅ローン返済に余力が十分にあれば

変動金利で積極的に利息削減を

狙いに行ってもいいですし、

 

変動金利内であなたにとって

有利なものを考察していけば

いいという話になります。

 

一方で、

 

住宅ローン返済余力があまりなければ

金利上昇と同時に家計は壊滅的な

 

ダメージに受けることになりますので

変動金利は人生をかけた博打と化します。

 

つまりこの場合は固定金利がベターで

固定金利内で比較していくという

発想を持つことができます。

 

 

変動と変動を比較、固定と固定をしっかり比較

 scale-2635397_1280

 

 

 

 

 

先日セミナーを開催した時に

終わった後の質疑の場面で、

 

固定金利の中でもいろいろと

比較ができるのですよという

話をしたのですが、

 

その方はあまり知らないようでした。

 

具体的に言うと、

 

フラット35という固定金利の

住宅ローンでも、

 

借入先の金融機関は多くあり

 

・金利も違う

・諸費用も違う

・保険も違う

 

ということです。

 

変動か固定かを悩んで、

固定のフラット35にした!

 

となってもそこから先に、

どこでフラット35を借りるか?

 

というもう一つの悩みがあります。

 

これはもちろん変動金利も一緒です。

 

もしあなたがベストな住宅ローンを

導きたいのであれば、

 

まずはライフプランを作るという

作業が大事になるということを

なんとなくイメージいただけたでしょうか?

 

これはクリニックで精密検査をしてみて、

その結果から最適な処理をするという

ことと似ているような気がします。

 

十分な検査なしにいきなり

「いい治療法を教えて。いい薬を出して。」

と言われても怖くて無理ですよね。

 

ベストな住宅ローンについても

同じようなことが言えるわけです。

 

ポイント! - コピー

 

PS

 

住宅購入は初めてのことばかりで、

 

何を勉強したら良いのかも分かりづらいです。

 

少しでも買う前にリテラシーを高めたいと

もしあなたが思っていたら

ぜひ無料メール講座をご受講ください。

 

新潟住まいのお金相談室 無料メール講座

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。