新潟住まいのお金相談室  > お役立ち情報  > 公務員の65歳定年延長は、世の中を変えるのか?

公務員の65歳定年延長は、世の中を変えるのか?

80132062_2540875162695285_5762086832498016256_n

 

定年が65歳に延長される。

 

先日、国家公務員の方の定年が

60→65歳に延長されるという

ニュースがありました。

 

国が率先することで、

地方自治体や民間企業にも

定年延長を促すことが目的であり

 

今後のトレンドは間違いなく

65歳定年となっていきます。

 

うーん、、、

 

これをきいてあなたはどう思いますか?

 

今の仕事が好きな人にとっては朗報、

嫌な人にとってはそうではない

かもしれませんが、

 

私は仕事は好きですが60歳で

一度リセットしてみたいなあと

いう願望があります。

 

どんな仕事を選択するにしても、

私たちの世代は65歳まで働くことは

年金のこともあり既定路線かとは思います。

 

そうなると、

 

・仕事への向き合い方

・長くできる仕事とは何か?

・モチベーションを保てるのか?

・資産運用を若い時からしていた人、

していなかった人の選択肢の差が大きくなる

 

 

いろいろ考えてしまいますよね。

 

 

60歳以降の給与は原則大きく下がる

 

 

公務員の方は定年が65歳になった時に、

60歳以降の給与が70%程度になると

前々から新聞に載っていましたが 

 

60歳で定年であれ65歳であれ、

60歳以降の給与は原則大きく

減少することはまず想定しておく

ことです。

 

なぜなら、

 

60歳を過ぎて雇用されていても、

一般的には役職を外れることが多く

 

基本給ベースで改定されて大きく

給与水準が下がることが一般的

だからです。

 

あなたが出世していればするほど

その給与ギャップが発生しやすい

とも取れます。

 

60歳の時の給与そのままの70%ではなく

役職手当がなくなった状態の基本給からの

 

70%カットとなるようなケースが

実際は多いことが想定されます。

 

こうなると実際は半分くらいを覚悟

しておいた方が安全とも取れます。

 

会社としても売上・利益に限界が

ありますから、

 

60歳を過ぎた社員にそのまま昇給を

許容できるわけではありません。

 

つまり65歳定年延長で収入を楽観視

したまま支出するととんでもない目に合う

かもしれないということです。

 

特に30代後半、40代以降で

住宅を取得しようと思っている方は

 

35年ローンの35年後に65歳以降に

なっているパターンとなり、

 

老後の資金難に陥る可能性が

高くなるので注意が必要です。

 

 

住宅購入で無理しやすい年齢層

 data-3502291_960_720

 

 

 

 

 

 

私の経験上ですが、

特に40代の方が住宅を購入する際、

 

家計の許容レベルを大きく上回る

資金計画をお考えの方が目立ちます。

 

確かにお気持ちは分かります。

 

40代で仕事も最も脂がのった時期、

出世コースに乗った方は給与も

大きく上昇をしている時期です。

 

30代の時も大きく上がった給与に

経済的豊かさを実感します。

 

当然ながら家計に余裕があるため、

住宅を購入する際も資金的に余裕が

出ます。

 

しかしながら長期的なライフプランを

立ててみると、

 

以外にも老後に赤字転落するケースは

多いことに気が付きます。

 

これは先述のとおりで、

収入が多い時期はここからあと15年位。

 

収入はその後減少する可能性が濃厚ですが

住宅ローンは給与が高い時ベースのままで

 

長期ローンを組んでしまうことに

原因があります。

 

人は数年先の未来ならなんとなく

考えることができますが、

 

10年、20年となるとさっぱり

見えなくなるものです。

 

20年後に今の給与が半分になっても

ローンを返していけるのか??

 

ここだけ冷静に考えれば、

住宅購入で失敗する可能性は

グッと下がるのです。

 

 

 

死語になりつつある60歳リタイヤを目指すなら

 

 

 

世間は65歳定年ばかり言っているけど

やっぱり60歳でリタイヤしたいですよね。

 

それは仕事を完全に辞めると

いうことではなく、

 

好きな時に好きな仕事を

するかしないかを自分で選べる状態

と私は定義しています。

 

65歳、、下手すれば70歳まで

ローン返済のために強制的に

働くしかない環境となるのか、

 

60歳で仕事をするかしないかは

自分の気分で決めることができるのか。

 

あなたはどちらがいいですか?

 

もちろん後者ですよね。

 

そのためには住宅購入金額はシビア

検討をすることは必須になります。

 

もう少し具体的な策を言うと、

住宅購入をした後も、

 

今は話題のつみたてNISAやiDeCoを

満額で積み立てられるほどの余力を

残すことが大事です。

 

資産運用が上手くいくかはある種の

確率論でしかありませんが、

 

それは同時に60歳リタイヤを

手にする可能性を得たことにもなります。

 

人生の様々な選択肢を考えたいのであれば

そのベストタイミングは住宅を購入する前!

 

家を買った後も将来の積み立てを継続できるのか?

これを確認することが大事です。

 

 

\\セミナー開催のお知らせ//

詳しくは ↓↓↓

78854161_2843287959055795_1070603792044523520_n

 

お電話でのお問い合わせはこちら

025-250-1315

9:00~18:00(水曜定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。