■■ここに該当のコードを入れます■■

住宅ローン減税に給付金!お得な住宅購入の契約リミット【まとめ】

せっかく家を買うなら少しでもお得に買いたい!

これって誰もが思うことですよね。

今年は住宅購入者への国の支援策が

とっても多いのですが、

メリットを受けるためにはそれぞれ

条件があることをご存知でしょうか?

どれも無条件にというわけではないのです。

特に重要なのが”期限”。

・何月何日までに

・具体的に何をすればよいのか?

これらを押さえておかないと

受けれる恩恵も受けれなかったり、

タッチの差で損をしたりなんてことに

なったら本当に嫌ですよね。

今日は今年実行されている支援策について

恩恵を受けるために、

「いつまでに何をすればよいのか?」

に焦点を当ててまとめていきたいと思います。

最大の目玉、住宅ローン減税13年の期限

new-year-5863342_1280

制度の説明は長くなるで今日は省略します。

途中をすっ飛ばして結論として

何をどうすれば一番得かという話をすると

■注文住宅を建てる方

・2021年9月30日までに

・住宅会社を選択

・かつ工事請負契約を結ぶ

■中古住宅や建売住宅などを既に存在

している不動産等を買う方

・2021年11月30日までに

・購入する不動産を決定

・かつ売買契約を締結する

これが一番有利です。

まずはこれが一番大事になるので、

ぜひ頭に叩き込んでおいてください。

この期日以降は13年ローン減税が

今のところ約束されていません。

再び13年のローン減税が延長に

なるかもしれませんが元々の10年へと

戻る可能性もあります。

さらにローン残高の1%が減税と

現行ルールではなっていますが、

新ルールでは住宅ローンの金利が

減税MAXとなる話が出ており

例えば第四北越銀行の変動金利は

現在のところ0.725%なので、

1%よりもずいぶんと少なくなります。

いずれにしても”不利”となり

”改悪”になる可能性があるのです。

少なくても上記の期日までに契約すれば

非常に有利な現行ルールでいけますよ。

こういうわけなのです。

グリーン住宅ポイントの期限

spring-846051_1280

昨年暮れに鳴り物入りで発表になった新目玉。

家を買うとポイントをあげますキャンペーン。

それは、グリーン住宅ポイント制度。

新築最大40万円相当。

リフォーム最大30万円相当。

3世帯同居や子ども3人以上の世帯は

最大100万円相当のポイント配布。

一定の省エネ基準を満たす住宅となりますが

ほぼすべてのメーカーがこの基準を

満たしてくるのは当然なので、

ほぼほぼゲットできるものです。

グリーン住宅ポイントをゲットするには、

2021年10月31日までに

契約をすることが条件。

となります。

住宅ローン減税と微妙に違うので

これは要注意ですね。

注文住宅購入の場合のダブル取りは、

2021年9月30日。

建売住宅購入の場合のダブル取りは

2021年10月31日となるわけで

ここだけ注意をしておいたいところです。

すまい給付金の期限

winter-2894499_1280

同じく家を建てるだけでお金がもらえる

すまい給付金。

年収目安775万円の以下の方のみという

制限こそありますが多くの方が

支給対象として該当するはずです。

この期限は住宅ローン減税と一緒。

注文住宅は2021年9月30日まで契約。

既存住宅は2021年11月30日まで契約です。

かつ家の完成(引き渡たし)は2022年12月末。

これを満たすことが必要です。

つまり注文住宅の場合は

2021年9月30日まで契約をすることで

トリプル取りが達成できるというわけです。

2021年10月以降の契約者の扱いは

まだ未定となっており

結局そのまま制度が延長になるかも

しれませんが、

今のところ発表はないので9月30日が

とりあえず確実です。

こういうわけになります。

親からまとまってお金をもらう場合

money-1995440_1280

親から現金をまとめてもらい

そのお金を家に使う場合は、

2021年12月末までに契約をすると有利です。

この場合、

最大1,500万円までを非課税で

もらうことができます。

親から土地分を出してもらったり、

1,000万円以上の資金贈与の予定が

ある場合は間違いなく有利な制度で

来年以降は非課税枠が減額される方向が

今のところ濃厚です。

該当する人は計画的に動いていくことが

大事ですね。

PS

9月30日を知っている人は

当然ながらこのリミットを意識して

すでに動いておられます。

そのために、

現在土地が希少な状態が続いています。

需要と供給のバランスが崩れており

需要が勝っているために、

物件数が少なくなっており

売値も強気な状況が見られます。

まだ3月ですがリミットまでは

あと半年近くしかなく土地探しをすると

時間がありそうであんまりない

というのが現状です。

リミットまでに希望の土地に出会えるかは

”運”ということになりますが、

その前に大前提として

予算をしっかり把握して準備しておきたい

という方は、

お早めに”マイホーム予算診断サービス”

お申込みください。

弊社も多少混み合ってきており、

初回面談日までに多少お時間いただく場合もあり

ご希望であればお早めにご連絡いただけると助かります!

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

昆 知宏
新潟住まいのお金相談室代表。新潟の住宅会社の営業マンとして働いた後、売り手の立場ではなく買い手の立場に立って住宅購入の相談ができる場所を作る為に独立した。

保険や住宅を売ることを目的にしない住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、100%顧客サイドで顧客の理想とする家を安心・納得して買えるようにアドバイスを行う。そのスタイルが支持され、新潟県全域から年間100件以上の相談依頼を受けている。

関連記事